■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 経済 rss

    TPP新協定、やはり米国の復帰が望ましい

     米国を除く環太平洋連携協定(TPP)加盟国11カ国の新協定「TPP11」の署名式が8日(日本時間9日)、チリのサンティアゴで開かれる。

     中国を牽制する狙いも

     TPPは関税・ルール両面で高いレベルの自由化を実現するものだ。米国を含む12カ国が2016年2月に署名した。

    4
    続き

    米政権の鉄鋼輸入制限に「短慮」「危険な決定」と強い批判の読売、日経

     読売「報復合戦を引き起こす短慮だ」、日経「米政権は貿易戦争の危険を冒すのか」、東京「安倍首相は自制促せ」――。

     米国のトランプ大統領が1日、鉄鋼メーカー幹部らとの会合で、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限、具体的には同国が輸入する鉄鋼に25%、アルミニウムには10%の関税を課す方針を明らかにしたことを受けて、3日付社説で論評した3紙の見出しである。

    2
    続き

    【音声ショッピング】食品スーパーに警告!AIショッピングが4年で4兆円の未来とは?

     ■「アレクサ、醤油を注文しておいて」「購入履歴から、キッコーマン特選丸大豆しょうゆ1リットル400円が見つかりました。再注文しますか?」「ハイ、お願い」「分かりました。再注文します」...アマゾン・エコーやグーグル・ホームなどのスマートスピーカーを使って、音声で買い物する人が急増する...そんな衝撃的な調査結果が明らかになった。

    9
    続き

    リニア談合事件から何を学ぶか

    産経新聞によるとゼネコン関係者から、何でこの程度のことで逮捕になるのか、という声が上がっているようである。

    これでは何の意見交換もできない、仕事にならない、という担当者の方々の悲鳴だと思うが、これからはあらゆる企業活動に司法のメスが入る、と思っておかれた方がよさそうである。

    コンプライアンスを求める声はこれから益々強くなっていくのだろうと思う。

    20
    続き

    リニア談合、決別宣言は形骸化したのか

     リニア中央新幹線工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は、大手ゼネコン4社が事前に協議して受注予定業者を決めていたとして、独禁法違反(不当な取引制限)容疑で、大成建設の元常務執行役員と鹿島の部長を逮捕した。

     大成と鹿島の幹部逮捕

    4
    続き

    のぞみ台車亀裂

     新幹線「のぞみ」の台車に亀裂が見つかった問題で、製造元の川崎重工業が台車枠の製造過程で底面を削り、鋼材の厚さが基準より薄くなっていたことが分かった。

     走行中に台車が破断していれば脱線した可能性もある。川重は品質管理のずさんさを猛省すべきだ。

     作業手順は現場任せ

    5
    続き

    【クローガー】LAのスーパーでスキャン、バッグ、ゴー!食品スーパーの革命的IT?

    ■全米最大手スーパーマーケットチェーンのクローガーは、ラルフスなど傘下のスーパーマーケットでセルフスキャニング端末「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」の導入を行っている。スキャン、バッグ、ゴー(SBG)は、店内にあるスキャニング端末で商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。スキャニング端末のバーコードを読み込ませることで、端末とレジを同期させ簡単に会計ができる。買い物をしながら商品をそのままエコバッグに詰め込み、商品の合計金額の確認も常に可能だ。スキャニング端末だけでなく、モバイル・アプリの「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」もスマートフォンにダウンロードして使用できるようになっている。ただ、ウォルマートのスキャン&ゴーと異なり、アプリ上での決済はできず、レジと同期して会計する仕組みとなっている。クローガーはSBGをジョージア州アトランタやインディアナ州インディアナポリス、テキサス州ダラスとヒューストン地区等に展開するクローガーに、傘下のスーパーマーケットではカンサスのディロンズ、ポートランドとオレゴンのフレッドマイアー、フェニックスのフライズ、デンバーのキング・スーパーズ、ユタやソルトレイクシティのスミス、シアトルのQFC、ロサンゼルスのラルフスにも拡大中だ。南カリフォルニアに200店舗近くを展開するラルフスでは2月21日、ロサンゼルス郊外のスタジオシティ地区にあるラルフス・フレッシュフェア(10901 Ventura Blvd Studio City, CA 91604)にSBGを導入した。また3月7日にはロサンゼルス国際空港から15分の距離にあるラルフス・レドンドビーチ店(1413 Hawthorne Blvd, Redondo Beach, CA 90278)にも導入されるという。なおラルフス・レドンドビーチ店はサウスベイ・ギャラリアSC近くにあり、徒歩圏内にスプラウツ・ファーマーズ・マーケットも展開している。  今日はラルフス・フレッシュフェア・スタジオシティ店で導入されたSBGを画像と共にレポートする。

    8
    続き

    日本WTO勝訴、輸入規制解除拡大につなげよ

     世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)は、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置について日本勝訴の判断を下した。韓国は東京電力福島第1原発事故後、青森、岩手、福島、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の8県産の水産物輸入を制限している。

     韓国以外にも多くの国・地域が農林水産物の輸入を規制している。WTO勝訴を機に、日本は禁輸解除への働き掛けを強めるべきだ。

     韓国の措置は「不当」

    4
    続き

    世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会…

     世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)が、韓国による日本産水産物の輸入禁止措置について日本勝訴の判断を下した。福島第1原発事故後、青森、岩手、福島、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の8県産の水産物輸入を規制していたことを不当とし是正を勧告したのだ。

     「まだ輸入規制をしていたの」と驚いた人もいただろう。しかし、東北地方産の農水産物の輸入を何らかの形で規制している国は、現在でも香港、米国、中国など27カ国もある。「風評」は世界共通らしい。

    2
    続き

    外国人労働者増加の責任と結果

    「人口侵略」という言葉で語られることが増えてきた外国人労働者の増加ですが・・・

    【都内の外国人労働者39万人、増加止まらず】

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27212730R20C18A2L83000/

    >2017年10月末時点での外国人労働者数は前年同期に比べて18.5%増えて39万4834人となった。

    9
    続き

    黒田日銀総裁再任で2期目5年間の課題・責任に言及した各紙社説

     読売「日銀緩和に問われる柔軟姿勢」、朝日「『次の5年」国会で語れ」、毎日「代えられない政府の事情」、産経「路線継続の成果問われる」、日経「再任後の黒田日銀総裁が背負う重い課題」、東京「問題を先送りするだけだ」――。

     4月8日に任期切れとなる日銀の黒田東彦総裁について、政府が再任の人事案を国会に提出したのを受けての各紙17日付社説の見出しである。

    2
    続き

    【HEB】アマゾンゴーに対抗でHEBゴー!芦田愛菜が母親になる頃の食品スーパー?

    ■テキサス州などに400店舗近くスーパーを展開するHEBはアプリを通じてレジに並ばず買い物の代金を決済するサービスを試験実施している。レジなしコンビニのアマゾンゴーや同種のサービスで先行する競合スーパーのクローガーやウォルマートに追随する。「HEBゴー(HEB Go)」と名付けられたセルフ・モバイル・チェックアウト・サービスは、ウォルマートの「スキャン&ゴー(Scan & Go)」と同様、スマートフォンにダウンロードした専用アプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。決済はアプリに登録しておいたクレジットカードやデビットカードで行う。アプリと店のレジと同期することでレジでの支払い(現金等)も可能となる。HEBゴーはサンアントニオ地区にあるサウス・フローレス・マーケット店(516 S FLORES STREET SAN ANTONIO, TX 78204-1217)とディ・ザバラ店(12777 IH 10 WEST SAN ANTONIO, TX 78230-1014)の2店のみのテスト展開となっている。今のところテスト展開の拡大の予定はないという。

    7
    続き

    10~12月GDP、一段と落ちた成長の勢い

     実質で前期比0・1%増(年率0・5%増)で、約28年ぶりとなる8四半期連続のプラス成長――2017年10~12月期の国内総生産(GDP)の速報値である。

     8期連続プラス成長は確かに誇れるが、成長の勢いはさらに弱まっている。最近の株価急落など金融市場の混乱もあり、今後が心配である。

     家計部門の低調さ目立つ

    3
    続き

    金融政策の先行きを読め

    鈴木政経フォーラム代表 経済学博士 鈴木 淑夫

    1
    続き

    日本にやって来た昨年の外国人旅行客は前年…

     日本にやって来た昨年の外国人旅行客は前年よりも約2割増しの約2869万人で、5年連続の過去最多の更新となった。この勢いが続けば、東京五輪の2020年までに訪日客4000万人という政府が掲げる目標の達成も視野に入ってくる。

     訪日客の増加は個人客を中心に加速していこうが、そのためにも旅行者の足が東京に集中するのではなく、地方に分散して向かうことが望ましい。地方の観光地も、その魅力の発信や英語をはじめとする外国語表示板の充実などに力を入れ、外国人が訪れやすい環境整備を進めている。

    3
    続き

    株価の乱高下で早くも試練の新FRB議長の手腕を問う日経社説

     史上最高値を繰り返していた米国株式市場は、このところ株価が大きく乱高下する荒れた展開になっている。

     発端は1月の米雇用統計で民間部門の平均時給が前年同月比2・9%上昇し、約8年半ぶりの高水準となったこと。賃金の上昇は物価を押し上げるため、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速させるのではとの観測から長期金利が上昇。これを嫌気して株が大きく下げたのである。

    1
    続き

    【アマゾンゴー】ユーチューバーが万引き成功!善意で成り立つ野菜の無人販売と同じ?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは22日、シアトル市内でほぼ無人となるコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」を一般向けにオープンした。50坪程度のアマゾンゴー(2131 7th Ave Seattle, Washington)は人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができるコンビニだ。扱う商品は卵やミルク、パンなどのステープルズ商品にサンドウィッチやサラダ、コーヒーなどの飲み物、さらにアマゾン独自のミールキットやワインなど。小売業界の破壊的イノベーションとなるアマゾンゴーは、スマートフォンにダウンロードした専用アプリのQRコードで入場できる仕組み。QRコードでチェックインすると、駅にある自動改札機のようにゲートが開き入店できるのだ。あとは購入したい商品を手に取り店を出ていくだけで、アマゾン・アカウントにある利用者のクレジットカードに自動的にチャージされる。また手に取った商品を商品棚に戻すと、天井にあるカメラやセンサーが認識して、チャージされないのだ。「商品を取って外に出るだけ(Just Walk Out:ジャスト・ウォーク・アウト)」でレジ人員を必要としないが、ワイン販売では法律により年齢確認が必要となるので全くの無人運営というわけにはない。

    6
    続き

    仮想通貨流出、対策後回しの責任は重い

     仮想通貨取引所大手のコインチェックで、外部からの不正アクセスによって仮想通貨「NEM」が流出した。

     流出額は580億円に上り、2014年のマウントゴックスの約470億円を上回る過去最大規模となる。

    推奨技術を導入せず

    0
    続き

    TPP復帰検討、トランプ氏は重要性認識を

     トランプ米大統領は、スイス東部の保養地ダボスで開かれた世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説した。

     米現職大統領のダボス会議出席は異例で、2000年のクリントン大統領(当時)以来18年ぶりとなった。

    昨年1月に「永久に離脱」

    7
    続き

    【返品大国】薬も返品できる!風邪が治るまで様々な風邪薬を無料で試すことができる?

    ■アメリカの返品事情は日本でも広く知られるようになった。アメリカではほとんどのチェーンストアやたいていのお店が、購入した商品について返品期間内であれば、理由を問わず、使用済みでも、消耗していても返品・返金に応じてくれる。「100%満足度保証」で商品に満足できなければ自由に返品でき、お客にはまったく損をさせない。一方、日本では「お客様の勝手な都合による返品」は全く応じない。未使用・未開封の場合に限り返金または交換に応じるといった店がほとんどだ。日本では購入後のリスクはお客が背負っている。アメリカではリスクはお客ではなくお店のほうが負っているのだ。アメリカの「無条件返品」は100年以上の歴史があり、返品コストは利益に盛り込んでいる。全米小売業協会(NRF)が昨年、発表したデータによると昨年の返品率は11%に達した。返品率が8%だった2015年の調査から3ポイントもアップしているのだ。また昨年の11月~12月のクリスマス商戦期中の返品率は13%にも上るとの試算が出されている。

    4
    続き

    18年春闘でそろって企業にデフレ脱却へ賃上げを求めた各紙社説

     17日付読売「デフレ脱却を固める賃上げに」、日経「賃上げでデフレ脱却への決意を示せ」、18日付朝日「試される経営者の見識」、東京「まずはデフレ脱却を」、22日付産経「賃上げも人材への投資だ」――。

     経団連が発表した今年の春闘での経営側の指針を受けての各紙社説の見出しである。保守系紙もリベラル系の新聞もそろって、経営側に「デフレ脱却への賃上げ」を訴えた。

    0
    続き

    【アマゾン】レジなしアマゾンゴーがついに一般公開!!!一足早く店内画像をアップ?

     ■ネット通販最大手のアマゾンは2016年12月、レジのないコンビニエンスストア「アマゾンゴー(Amazon Go)」を発表した。50坪程度のアマゾンゴー(2131 7th Ave Seattle, Washington)は人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができるコンビニ。

    0
    続き