■連載一覧
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 経済 rss

    ウォルマート】OJT研修にVRヘッドセット利用!馬車思考ではお店の視察が無駄?

    ■ウォルマートは20日、スーパーセンターやネイバーフッドマーケットの従業員トレーニングにバーチャル・リアリティ(VR)ヘッドセットを利用することを発表した。100万人以上にもなる同社の従業員に仮想現実の没入感で実際の職務現場を疑似体験させ、実践的なトレーニングとして役立てる。

    0
    続き

    【Alexa】エコーに電子レンジなど新機種!アマゾンはアレクサで儲ける事より遍在化?

    ■ネット通販最大手のアマゾンが今月末のイベントでスマートスピーカーのアマゾン・エコーの新機種を発表するとの報道だ。CNBCによると、アマゾンは年末までに新たに8種類のエコーを発売する。

    0
    続き

    異次元金融緩和の副作用修正を

    鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

     金融緩和の強化か、出口政策への第一歩か、どちらを向いているのか分からない政策変更が7月31日に発表されてから1カ月余りがたった。いまだに市場の一部にはとまどいも見られるが、幾つかの事がはっきりしてきた。

    0
    続き

    【Amazon Go】シカゴに4号店オープン!アマゾンゴーに行ったという観光客になるな?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーが17日、またオープンした。今回はシアトル市内ではなくイリノイ州シカゴだ。アマゾンの本拠地以外での初のオープンとなったのはシカゴ・ダウンタウンでもビジネスエリアとして知られるループ(Loop)エリアで、オフィスビルの1階(113 S Franklin St, Chicago, IL 60606)にある。

    0
    続き

    日中の産業・経済力を比較し、中国の世界制覇の野望を分析した2誌

     今年は日中平和友好条約締結から40周年を迎える。この条約は1972年の日中共同声明を踏まえてのものだったが、締結までに6年の歳月を要している。一方、締結後40年で日中両国の様相は一変している。何よりも中国の経済力の躍進ぶりである。2010年に中国は国内総生産(GDP)で日本を抜き世界第2位にのし上がった。以後、驚異的なスピードで経済発展に邁進する。それに併行して、日中間では尖閣諸島の領有権をめぐって軋轢(あつれき)が生じ、米中間では深刻な貿易戦争が勃発するなど経済的に不穏な状況が生まれている。通常、平和条約締結後は締約国同士の関係は良好な関係が構築されると思われがちだが、日中関係においては現在、緊密な関係が続いているとは言い難い。その一つが国民感情である。米ピュー・リサーチセンターの調査(2015年)によれば、日本に好感を持つ中国人の割合は12%。他方、中国に好感を持つ日本人の割合は9%にすぎない。

    0
    続き

    【東京ディズニーリゾート】混雑緩和にアメリカの外食チェーンがやっているアレを導入?

    ■東京ディズニーリゾートの顧客満足度が最近、低下しているという調査結果が出ている。課題となっているのは「いつ行っても長時間待ちのアトラクション」に「食事時には長いレジ待ち行列ができるレストラン」「やっと買えたと思ったら今度はテーブルや座席がない」だ。混雑緩和はディズニーランドにとって大きな課題となっている。

    1
    続き

    【アマゾン】米プライム会員年40%増に商品検索の使用が54%にエコー等の普及率48%で?

     ■ネット通販最大手アマゾンについて気になるデータや予想が発表されている。金融大手シティグループの調査によると、アマゾンのプライム会員数は今後10年で倍増する。

    0
    続き

    【AMAZON GO】ニューヨーク市内に開店?低コストなレジなし店ジッピンで感じたこと?

    ■シアトル市内に2号店と3号店をオープンしたレジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴー(Amazon Go)がニューヨーク市内にもオープンすることが明らかになった。アマゾンは6日、アマゾンの求人サイト「アマゾン・ジョブ(AmazonJobs)」に「アマゾンゴー(Amazon Go)」と明記し、ニューヨーク市内でマネージャーやアシスタントマネージャーなどの募集を行っているのだ。

    0
    続き

    乳幼児玩具のピープル社 トイ・フェアきっかけに米国でのさらなる展開目指す

    小暮代表「米国でも親子の絆を深めるきっかけをおもちゃで」

    0
    続き

    【Amazon Go】エッ!何?3号店がオープン!店は馬車から自動車の時代への大転換期?

    ■シアトル市内に先週、2号店がオープンしたばかりのアマゾンゴー(Amazon Go)の新店がオープンした。今のところプレスリリースなどの正式な発表はないが「アマゾンゴー(Amazon Go)」のサイトには地図とともに3号店の情報が掲載されている。

    0
    続き

    ぐずる赤ちゃんがピタッと泣き止む、英語版「赤ちゃん新聞」米国で話題に

    触るとカシャカシャと音がする新聞の形をした玩具「ピープル・タイムス」(日本での名称「赤ちゃん新聞」)が米国でことし発売され、話題になっている。企画・発売は日本の乳幼児向け玩具メーカーピープル社。

    2
    続き

    【ベストバイ】既存店ベースの高い成長も株価が大幅下落!ECでCEが成熟している?

    ■家電量販店大手のベストバイは28日、第2四半期(5月~7月期)を発表し、増収増益に加え既存店ベースの好調を維持した。

    売上高は前年同期に比べて大型店17店舗とショッピングモールに展開するベストバイ・モバイル292店がそれぞれ減少したもの4.9%の増加となる93.8億ドルだった。純利益は2.44億ドルと同16.7%の増加となった。既存店ベースは6.2%の増加だった。前年同期は5.4%増だった。

    0
    続き

    【AMAZON PAY】米国より先んじたQRコード決済!売場を見る視察はやめにしませんか?

    ■アマゾンジャパンは29日、スマートフォン・アプリを使った実店舗での決済サービス「Amazon Pay」を開始したことを発表した。

    Amazon Payはアマゾンのアカウントに登録した配送先やクレジットカード情報を利用し、アマゾン以外のECサイトでも買い物ができるサービス。日本では2015年5月に提供を開始している。

    0
    続き

    米中の第2弾貿易制裁・報復に対話継続を訴えるしかない各紙社説

     読売「摩擦の泥沼化回避に力尽くせ」、朝日「拡大回避へ対話続けよ」、毎日「混乱広げる不毛な根比べ」、日経「貿易摩擦緩和へ米中対話の窓口閉ざすな」――

     米国が中国の知的財産権侵害を理由に、160億㌦相当の輸入品に25%の追加関税を課す第2弾の制裁措置に踏み切り、中国も同規模の報復措置を発動したことを受けての25日付社説の見出しである。

    0
    続き

    【Amazon Go】ついに2号店オープン!酒類がないのは地域柄というより人件費の削減?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴー(Amazon Go)の2号店が27日、シアトル市内にオープンした。新キャッシャーレス・コンビニエンスストアの場所は、マディソンストリートと5thアベニューに昨年オープンした36階建てのオフィスビル「マディソンセンター(Madison Centre)」の1階(920 5th Ave, Seattle, WA 98104)。今年1月に一般公開されたアマゾンゴー1号店(2131 7th Ave, Seattle, WA 98121)から南に徒歩で約20分(1.4キロメートル)の距離となっている。

    0
    続き

    【アマゾン】大学学生寮にエコー設置!愛菜ちゃんや福君が社会人になる頃の消費行動?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは今年5月、住宅建設会社最大手レナーのモデルハウスをアレクサ仕様の「アマゾン・エクスペリエンス・センター(Amazon Experience Center)」にしたことを明らかにした。スマートホーム化したアマゾン・エクスペリエンス・センターは既存のモデルハウスを改造し、アマゾンのスマートスピーカー「アマゾン・エコー」を使ってカーテンの開け閉めや、照明の点灯や消灯、テレビなどの家電の操作、日用品の注文などを体験できるモデルハウスだ。

    0
    続き

    温暖化で注目集める北極海

    日本対外文化協会理事 中澤 孝之

     近年、地球の温暖化による影響の一つとして北極海が注目されている。第1に、北極圏の海水の減少で、北極海航路(NSR)の重要性が格段に高まった。今や、「NSRを制するものは新たな世界貿易の路を制す」とも言われる。また第2に、北極海大陸棚の豊富な鉱物資源の開発にも各国の注目が集まり、第3には、米露両国にとってこの地域の軍事戦略的な重要性が増大しつつある。

    0
    続き

    金融政策正常化への好機

    鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

     7月31日の日本銀行政策決定会合で決まった政策は、「大山鳴動してねずみ一匹」の感があった。誘導する長期金利の変動幅拡大という「ねずみ」以外は、何も実質的な政策変更はなかったからだ。しかしこの「ねずみ」は、大きく成長する可能性を秘めているのかもしない。

    0
    続き

    【ウォルマート】国内店が10年ぶりの記録的伸び!オムニチャネル拡充が実習数に比例?

    ■ウォルマートが16日発表した第2四半期(5月~8月期)決算は、国内の既存店ベースが実に10年ぶりとなる高い伸びとなった。

    会員費等を含む総売上高は3.8%増となる1,280.3億ドル。純利益は前年同期の29.0億ドルの黒字から8.61億ドルの赤字となった。引き続きアマゾンなどEC企業との価格競争で粗利益が低下、ITへの投資、輸送コスト上昇等で利益を圧迫した。

    0
    続き

    日米新貿易協議、米国は摩擦を激化させるな

     日米の閣僚級による新たな貿易協議(FFR)の初会合が米ワシントンで行われた。

     米国は自由貿易協定(FTA)を念頭に2国間交渉開始を要求したが、日本は多国間の枠組みを重視する立場を改めて強調。両者の溝は埋まらなかった。

    赤字の削減を目指す

    0
    続き

    内需主導で2期ぶりのプラス成長にも楽観論を戒めた読売、日経社説

     内閣府が発表した4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、実質で前期比0・5%増、年率換算では1・9%増と、2四半期ぶりのプラス成長になった。個人消費と設備投資が牽引(けんいん)した内需主導の成長パターンである。

    0
    続き

    【マクドナルド】旗艦店がアップルストア!マックブックと似合いテーブルサービスも?

    ■外食チェーン最大手のマクドナルドが13日、テーブルサービス用カウンターの導入など総額60億ドル(約6,600億円)の投資となる店舗アップデートを発表した。2020年までにほとんどの店舗をモバイルオーダーに対応した店舗に改装する。

    0
    続き