■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 経済 rss

    経営者としての資質が問われるようになったら、ゴーン氏の復権はない

    あくまで報道されていることからしか判断できないのだが、ゴーン氏についてはマネーロンダリング疑惑まで取り沙汰されるようになっているので、日産の現経営陣による追及の手は当分止みそうにない。

    ある程度証拠が揃った段階で検察当局に対する告訴するということになりそうだから、ゴーン氏にまつわる疑惑は深まる一方だろうと思っておかれた方がよさそうだ。

    辣腕経営者のイメージがどんどん変容していっている。

    0
    続き

    【イケア】ネットで注文して店でピックアップに販促!消費者に業種業態の垣根はない?

    ■世界最大手の家具チェーンのイケアは現在、ネットで注文してお店でピックアップするボピスの「クリック&コレクト(Click & Collect)」サービスでキャンペーンを行っている。クリック&コレクト・サービスを利用して買い物すれば、次回の買い物で5ドル引きとなるギフトカードを進呈しているのだ。

    イケアでは数年前から始めたストアピックアップサービスは手数料が5ドル。

    0
    続き

    ゴーン被告の経営モラルの欠落は明白

    2019年1月11日

     日産の前会長、ゴーン被告が会社法違反(特別背任)などの罪で追起訴されました。報道されている情報が事実とすれば、会社の私物化としか言いようのない行為の数々は、法的には今後の捜査、裁判の行方を待つとしても、経営モラルの欠落は否定しがたいと思います。

    0
    続き

    IWC脱退と日本捕鯨の将来

    東京財団政策研究所上席研究員  小松 正之

    0
    続き

    【ウォルマート】自動運転車による新たな宅配テスト開始!「情報を持つ人が最強」説?

    ■ウォルマートは8日、スタートアップ企業「ユーデルブ(Udelv)」と提携し、自動運転車による配達サービスの実証実験を開始することを発表した。フォードやグーグルのウェイモと提携した自動運転車を使ったサービスとともに得られたデータから効率的な宅配サービスの提供に役立てる。

    0
    続き

    すしざんまいのマグロの初競り過去最高3億3360万円なり!

     またまたすしざんまいの木村社長がニュースになっています。マグロの初競りで3億3360万円で落札したとのことです。

     これに賛否両論で、無駄遣いだとか、もったいないとか言っている人もいますが、これほど大きな宣伝効果をもたらすものはないでしょう。マグロが278キロもあり、その値段がなんと3億3360万円!なんと剛毅なと私は思うのです。

    1
    続き

    19年の日本経済、難題に立ち向かう試練の年

     波乱の幕開けである。2019年の日本経済は、新年初の株式取引である大発会で一時、日経平均株価が前年末比700円超安となる展開でスタート。昨年末の荒れたムードを引き継いだ形で、今年はどんな展開になるのか。

     戦後最長の景気拡大を続ける日本経済だが、米中摩擦、世界経済の減速、10月の消費税増税などの懸念材料、難題にどう対処していくか、大きな試練の年になりそうである。

    大発会で株価が大幅下落

    0
    続き

    【モール】今年も続く空洞化!ショッピングセンターに「必要は発明の母」となる集客?

    ■全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、第4四半期(10月~12月期)のモール空室率は9.0%となった。

    9.0%の空室率は2011年第4四半期以来、約7年ぶりの高さを維持している。前期の9.1%から0.1ポイント下降したものの、前年同期の8.3%からは0.7ポイントの上昇となっている。

    0
    続き

    波乱予想させる新年経済、低成長の中で消費増税

     昨年末の株価の乱高下は、迎えた2019年の日本経済に波乱の展開を予想させる。終わりの見えない米中貿易戦争、中国経済をはじめとした世界経済の減速化、国内では成長力の乏しい状況の中、10月には消費税の10%への引き上げが実施の予定である。自動車や住宅など一部で減税などの増税対策や初導入の軽減税率も同時に実施されるが、それで十分か。頼りの春闘での賃上げも、厳しい環境条件の下でどこまで期待できるか。今年で7年目となる安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」は“ラッキー7”の年にできるか、いよいよ正念場である。 (床井明男)

    0
    続き

    スーパー、コンビニ、外食チェーンがこぞって正月休業に顧客は本当に好意的なのか?

     帰省ラッシュで大勢の人が新幹線を利用する年末に、その新幹線が故障して東京駅は大混雑。一部の新幹線ホームが入場規制されました。JR東日本によると東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線で最大2時間の遅れが出て約23万人に影響が出たといいます。日本海側は雪の予報もあり、交通機関の乱れは相当な痛手となったのではないでしょうか。

     そんな慌ただしい年末を駆け抜け、2018年も終えて新年を迎えました。仕事始めまでのお正月休みは家族や友人と過ごす方が多いと思いますが、ずっと家でのんびりしているという人は少ないのではないでしょうか。初日の出を見たり、初詣に行ったり、あるいは年始のセールや福袋などを求めてショッピングに出かけたり、外食をしに行ったりすることもあると思います。正月は店のシャッターが下りるどころか、開けているのが当然という風潮になりましたが、どうやら変化が訪れているようです。

    1
    続き

    【音声ショッピング】エコー利用の音声注文が増える7つの理由!次はボイスクーポン?

    ■アマゾンは26日、アマゾンのスマートスピーカーのエコーを使った買い物が昨年の3倍になったことを発表した。アレクサ経由の音声注文が急増しているのだ。アマゾンは注文件数など詳細を明かしていないものの、音声注文の著しい成長は、実店舗を展開する小売チェーンや毎日の買い物となる食品スーパーにとっては脅威となる。

    0
    続き

    平成最大の過ちは金融財政危機の放置

    2018年12月28日

     米国を震源地とする株価の急落で、日本では来年10月の消費税10%の先送り観測が早くも、流れています。先送りすれば、財政再建はさらに遠のきます。異次元緩和の出口も遠ざかります。安倍政権とって試練の年明けになるのでしょうか。

    0
    続き

    【アマゾン】今年も過去最高!アマゾン4スターではエコーも大人気で音声注文は3倍?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは26日、2018年のホリデーシーズンにおいて世界で過去最高を記録したことを発表した。アマゾンプライム会員への加入が増え、最短2時間で無料宅配されるプライムナウを利用したことで10億アイテムが年末商戦中に送料無料となったという。

    0
    続き

    中小・零細企業の多い東京・大田区で長年…

     中小・零細企業の多い東京・大田区で長年、メッキ工場を経営していた男性(85)に話を聞くと、約50年前はメッキや鋳鍛造などの加工関連の組合に加入していたのは2000社以上もあった。それが現在は100社ほど。稼働しているのは30~40社ではないかという。

     メッキ加工は最もポピュラーな工業技術の一つで、多くの製品に利用され、その技術は日進月歩。そのため親会社からの注文に対応し切れず、大田区でも転・廃業の割合が大きい分野の一つとなっている。

    1
    続き

    【セブンイレブン】米国はアプリ決済!なぜ「顔認証」や「省人型」では展開が難しい?

    ■コンビニエンスストア大手のセブンイレブンは、買い物客がレジに並ばなくても自分で商品をスキャンして支払いができるモバイルチェックアウトのテストを行っている。レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーに対抗し、キャッシャーレスのサムズクラブなどのアプリを使った決済方式に追随する。

    0
    続き

    熟慮しての判断か疑問―IWC脱退の意思

    東京財団上席研究員・元IWC日本代表代理 小松正之氏

     9月の国際捕鯨委員会(IWC)総会で日本の意見が通らなかったからといって、「IWCは宗教団体化している」などと感情的に批判し脱退していいのか、十分熟慮しての決定とは思えない。IWCで地道な対話をどれだけ行ってきたのか。

    5
    続き

    【クローガー】無人の自動運転車で宅配テスト開始!省力化ラストワンマイルより欠品?

    ■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーは18日、自動運転車の開発を行うスタートアップ企業「ニューロ(Nuro)」と提携して自動運転車による当日宅配サービスの実証テストを開始した。クローガーは自動運転技術を食品スーパーによるラストワンマイルに活かす。

    0
    続き

    不安材料に満ちた明年経済

    鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

     年末に当たり、本年の日本経済を振り返り、明年を展望してみよう。

     2018年中の日本経済は、年初から年末まで自然災害に攪乱(かくらん)されながらも、何とか国内民間需要を中心とする景気の回復基調を維持した年であったと言ってよいであろう。

    0
    続き

    【アプリ決済】地方のスーパーもスマホでキャッシュレスが進む!HEBゴーの実力は?

    ■テキサス州などに約400店舗のスーパーを展開するHEBはキャッシュレスのアプリ決済サービスを拡大している。レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーやスマホアプリ決済サービスで先行する競合スーパーのクローガーやウォルマートに追随する。

    1
    続き

    12月日銀短観、景気の先行きに懸念強まる

     12月の日銀短観(全国企業短期経済観測調査)は、深刻化する米中貿易摩擦への懸念を背景に、企業経営者が景気の先行きに慎重な見方を強めていることを示した。

     英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる混乱など、日本経済を取り巻く懸念要因は山積する。景気拡大は戦後2番目の長さに達したが、来年には後退局面に入る恐れが強くなってきた。

    米中対立の長期化必至

    1
    続き

    ユナイテッド航空、エコノミークラスのワンランク上のユナイテッド・プレミアムプラスを開始

    ユナイテッド航空がエコノミークラスのワンランク上を目指した「ユナイテッド・プレミアムプラス(United® Premium Plus)」の販売を12月3日から開始した。2019年3月31日発便から一部の国際線で購入が可能となり、その対象路線は19年5月までに21路線で提供される予定。日本発着路線では、当初、成田─ニューアーク・ニューヨーク路線および成田─サンフランシスコ路線が対象となる。

    ユナイテッド・プレミアムプラスでは、搭乗機の離陸前から、無料での手荷物の預け入れ、プレミアアクセス・カウンターでのチェックイン、優先搭乗といった各種優遇を受けられる。機内では、エコノミークラスの座席よりも足元、肘回りのスペース、リクライニングの角度が大きくなっている快適シートでくつろげる。また、特製の機内食、ミッドフライトスナック、到着前の食事が提供されるほか、ノンアルコール飲料、ビール、ワインに加えて、その他のアルコール飲料も無料で楽しめる。さらには、米高級デパートの「サックス・フィフス・アベニュー」のブランケットと最高級の枕に加え、ノイズキャンセリングヘッドフォンも用意され、座席に備えられた大型スクリーンで多彩な機内エンターテインメントプログラムを快適に楽しむことができる。各シートにはそれぞれ電源とUSBコンセントが設置されるほか、頭上には専用の手荷物入れスペースもある。また、飛行中も常にデバイスを手元に置けるパーソナルスペースも装備。

    1
    続き

    【AMAZON GO】和室6畳4部屋分の超小型店!JR駅のKIOSKにオフィスグリコも消える?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーは12日、シアトル市内に超小型の8店舗目をオープンした。3,000店展開や空港ターミナル内への出店が現実を帯びてきた。

    アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品などを買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、キャッシャーフリーとも呼ばれている。

    0
    続き

    【リドル】ニューヨーク市に1号店!競争激化でマンハッタン近くで卵1個2円になる?

    ■ローカルチェーンのベストマーケットを買収したドイツのディスカウント・スーパーマーケット・チェーンのリドルが12日、ニューヨーク1号店をオープンする。場所はニューヨーク市スタテンアイランドにあるスタテンアイランド・モール(Staten Island Mall)。

    0
    続き