■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 経済 rss

    ホールフーズ】プライムでターキー激安!プライムナウとインスタカートの違いとは?

    ■アマゾンとホールフーズは13日、ターキー(七面鳥)など感謝祭のディナーに添えられる食材を中心に多くの商品を値下げすることを発表した。年会費119ドルのアマゾン・プライム会員にはさらに値引きして販売し、新規会員の獲得を目指す。

    0
    続き

    E-2ビザに関するよくある質問について 投資額はどのくらい?/自宅兼オフィスはOK?など

    E-2ビザとは何ですか?

    E-2ビザは、外国人の投資家に、米国内でビジネスを始めたり、あるいはビジネスを買収することを可能にするものです。投資家は(グリーン・カードをもっていない)日本国籍の人でなければいけません。その投資家が国籍をもつ国と米国との間に協定が存在している必要があり、日本は米国とその協定を結んでいる約80カ国のうちの一つです。

    どれだけの金額を投資する必要があるのですか?

    0
    続き

    【モバイルオーダー】ユニバーサルも!日本のマックにスタバにディズニーにUSJも?

    ■フロリダ州オーランドにあるユニバーサル・オーランド・リゾートは30日、園内にあるテーマパーク内レストランでモバイルオーダー&ペイを始めたことを発表した。モバイルオーダー&ペイは事前注文・事前決済。ユニバーサル・オーランド・リゾートの公式アプリから料理を注文し、アプリ内に登録したクレジットカードやデビットカードから支払う仕組みとなっている。

    0
    続き

    スバル検査不正、安全をないがしろにするな

     SUBARU(スバル)が昨年秋以降に発覚した一連の検査不正問題に関連し、新たに約10万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

     9月に検査不正についての報告書を国交省に提出したが、その後の10月まで不正が続いていたためだ。危機意識が欠如しているとしか言いようがない。

    昨年から4回のリコール

    2
    続き

    【モール空洞化】アマゾン効果でクリスマス前でも店舗閉鎖!売り場からアプリに移行?

    ■ホームセンター第2位のロウズは5日、アメリカ国内の20店とカナダの31店を閉鎖すると発表した。ロウズは国内1,740店を含む2,390店を展開しているが、今回の店舗スクラップでは不採算店舗を中心に閉鎖する。ロウズは3か月前、5年前に買収したオーチャード・サプライ・ハードウェア全99店とそのディストリビューションセンター1ヵ所をスクラップすると発表したばかり。

    0
    続き

    TPPの年内発効を評価するも米国に復帰を呼び掛けない産経・読売

     米国を除く環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」が、年内に発効することが確定した。米国が抜けたとはいえ、総人口約5億人、国内総生産(GDP)の合計は世界全体の約13%を占める一大経済圏の誕生である。

    0
    続き

    【アマゾン】25ドルの最低購入額なしで送料無料!プライム会員からクレームが増える?

    ■ネット通販最大手のアマゾンは5日、送料無料となる25ドルの最低購入額を年末商戦中に一時停止することを発表した。無料2日間シッピングの対象商品を拡大したウォルマートや2日間シッピングを送料無料にしたターゲットに対抗する。

    1
    続き

    豊洲新市場の困難な将来

    東京財団政策研究所上席研究員 小松 正之

     2001年の豊洲移転の正式決定から17年の歳月を経て、ようやく築地市場は10月11日、豊洲に移転した。

    0
    続き

    【ウォルマート】店アプリに実用的なARスキャナーを搭載!ウォルマート版コト消費?

    ■ウォルマート・アプリのストアモードにAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を応用した機能がアップデートされた。

    ウォルマート・アプリにあるストアモードとは、利用者が店内に入るとGPSによりアプリの画面が自動的に変わり、その店舗で提供している各種サービスから営業時間などの店舗情報、リアルタイム混雑状況、店内にある商品のプライスチェッカー機能が使えるモードのことだ。

    0
    続き

    TPP年内発効、参加国拡大で自由貿易推進を

     米国を除く環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」が12月30日に発効することが確定した。相互に高関税で応酬する貿易戦争に収束の兆しが見えない中、11カ国には参加国を拡大し、自由貿易を推進して保護主義に歯止めをかけることが求められる。

    6カ国の国内手続き完了

    1
    続き

    【スマートスピーカー】シェアはダントツのエコー!芦田愛菜ちゃんが初孫を語るとき?

    ■調査会社のストラテジー・アナリティクスは22日、アメリカ国内におけるスマートスピーカーのシェアを発表した。1,011人の成人を対象に今年7月~8月に行われた調査によると、63%と圧倒的なシェアとなったのはアマゾン・エコー。次いでグーグルの17%、アップルの4%となっている。

    0
    続き

    富士フイルムがNY写真展、約1万3600点応募作展示に1万人超が来場 「プリントする」ことで『思い』を大切な人々とつなげられる

    展示された写真の数は、圧巻の約1万3600点。1万人以上が来場し、飾られた作品一つ一つを眺めたり、設置された即時プリントサービスコーナーで、スマートフォンに収めた自分の写真をプリントする体験をした。

    ◇ ◇ ◇

    0
    続き

    【サムズクラブ】コストコにAMAZON GOを足してアプリで割ったサムズクラブ・ナウ!?

    ■ウォルマートは29日、テキサス州ダラス地区に店アプリを使った新コンセプトのサムズクラブをオープンすることを発表した。

    0
    続き

    【AMAZON GO】サンフランシスコ店オープン!5秒で買い物が終わらせるアマゾンゴー?

    ■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーが23日、カリフォルニア州にオープンした。

    アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、キャッシャーフリーとも呼ばれている。

    0
    続き

    【AMAZON GO】カリフォルニア1号店はサンフランシスコ!ビジネスマンがターゲット?

    ■6号店目がまもなく公開となる中、レジなしコンビニエンスストアの「アマゾンゴー(Amazon Go)」はサンフランシスコ市内にもオープンすることが確実となった。

    0
    続き

    【メイシーズ】小売史上で最大規模のVR導入事例!も部屋のデザインがめんどくさい?

    ■メイシーズは16日、不動産サービス向けのバーチャル・リアリティ(VR:仮想現実)/AR(拡張現実)コンテンツを開発しているマークセント(Marxent)と提携し、VR技術を活用した家具販売を展開することを発表した。圧倒的な没入感によるインタラクティブで体験で家具売上を伸ばし、部屋のインテリアと合わなかった等の返品を抑える。

    「小売史上で最大規模のVR導入」と謳った展開ではニューヨークにある旗艦店ヘラルドスクエア店やサンフランシスコ・ユニオンスクエア店など国内の70店舗でVRを活用した家具販売を展開する。2019年1月までには、新たに20店舗への導入を拡大する計画もある。

    0
    続き

    安倍首相の予定通りの消費税率引き上げ表明に総じて肯定的な各紙論調

     「来週の秋の大運動会は予定通り開催します」。

     日経の1面コラム「春秋」(16日付)はこんなお知らせが回ってきた気分だと言う。「中止の告知ならともかく、予定通りというのにあえてアナウンスに及ぶとは珍しい」からだ。

    1
    続き

    【シアーズ】老舗企業が破たん!サイコパスCEOでアマゾンが原因ではないという説?

    ■赤字経営に陥っていたシアーズは15日、連邦破産法11条の適用を申請し事実上倒産した。ネット通販の台頭やディスカウンターの影響を一部に挙げているものの、CEOの放漫経営により業績が悪化したとの見方が占めている。

    シアーズとKマートは今後、破産申請で裁判所の管理下に置かれ、店舗売却や負債の圧縮、レイオフ等に取り組みながら事業継続を模索する。

    0
    続き

    来秋の消費増税、全世代型社会保障へやむなし

     安倍晋三首相が2019年10月の消費税率10%への引き上げについて、予定通り実施すると表明した。先の自民党総裁選などで訴えた「全世代型社会保障」の実現に向けた財源を確保するためである。増税による経済への悪影響は懸念されるが、景気腰折れを防ぐ対策や軽減税率の導入を準備し、持続的な社会保障制度の構築に向けた道筋を付ける。増税は好ましくはないが、やむを得まい。

    これまでに2回延期

    1
    続き

    キャッシュレス化は時代の潮流であり「乗り遅れるな」と主張する2誌

     近年、キャッシュレス決済が注目を集めている。これまで商品やサービスへの決済といえば現金やクレジットカードが主だった。それが、スマートフォンや電子マネーなど新しい情報ツールによってキャッシュレス化が進んでいくという話である。

    0
    続き

    太陽光発電停止、混乱避けるための妥当な措置

     九州電力は太陽光発電事業者の一部に発電の一時停止を求める「出力制御」を2日連続で実施した。

     電力の安定供給を維持する上で妥当な措置だと言えよう。

    大停電に陥る事態想定

    0
    続き

    【モール】シアーズ倒産でリーマンショック時の空洞化がさらに!ECが原因ではない?

    ■老舗デパートメントストアのシアーズが連邦破産法11条の適用申請を検討していることが明らかになっている。15日に返済期限を迎える1.34億ドルの支払いが難しくなっているのだ。早ければ12日にも倒産をすると報じられている。一部には債権者からの圧力で企業清算の報道もでている。

    0
    続き

    豊洲市場開場、世界視野にブランド確立を

     新しい「日本の台所」となる東京都の豊洲市場が開場した。築地閉場時点で524だった水産卸業者は、移転を機に廃業などで492になるが、世界最大級の水産卸売市場であることは変わらない。築地ブランドを継承しつつ、新たな豊洲ブランドを作り上げてほしい。

    閉鎖型で衛生管理が向上

    3
    続き