ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

【ターゲット】AI音声注文!サザエさんの昭和な世界観に黒電話AIスピーカー登場?

ターゲット店舗

ターゲット店舗

 ■ターゲットは12日、グーグルのスマートスピーカー「グーグル・ホーム(Google Home)」で、音声注文による買い物サービスを提供することを発表した。すでにグーグルと提携し、同サービスを発表しているウォルマートやホームデポに追随する。

 人工知能(AI)を搭載したグーグルホームに音声で命令するだけで商品注文できるようにするため、ターゲットはグーグルのネット通販・宅配サービス「グーグル・エクスプレス(Google Express)」に日用品などを出品する。また同社は自社の通販サイトへの登録情報や店舗での購買履歴も、利用者が任意でグーグルに提供できるようにする。
 音声注文の使い方は利用者がグーグル・ホームに「グーグル、ターゲットでマーケット・パントリーのシリアルを再注文して下さい(OK Google, reorder the cereal from Target)」と話しかけると、AIが利用者の購買履歴からブランドや種類、サイズを特定し「お客様は先月、ターゲットでマーケット・パントリーの18オンス・コーンフレークス・ブレックファースト・シリアルをご購入しています。2ドル22ドルセント。購入されますか?(I know you bought Market Pantry’s Corn Flakes 18oz Breakfast Cereal, from Target last month. It’s 2 dollars 22 cents. Do you want that?)」と確認する。

 利用可能な地域は米国全土(アラスカ、ハワイを除く)。35ドル以上の注文は2日間で配送され、送料は無料となる。来年には注文金額から5%オフとなるターゲットのクレジットカード「レッドカード(RedCard)」のディスカウントにも対応するという。なお、注文品がターゲット以外のウォルマートや他のチェーンと被る場合は、頻繁に利用する店への注文となる。

こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。先日、後藤は「サザエさん」を30年ぶりぐらいに見ました。当ブログにサザエさんを事例にした話題を頻繁に出していたので現在はどうなっているのかを確認するために視聴したのです。
 最初に思ったのが、自分が見ているのは再放送かと疑ったことです。昔見たときと何も変わっていないのです。キャラクターの年齢はともかく、未だに磯野家は黒電話にブラウン管テレビです。キッチンには電子レンジはなかったような...少なくとも家の中の時代設定が1970年代のまま。どうやら番組制作側はサザエさんの世界観を崩したくないから、そのままにしているようなのです。
 が、1970年代の家電品はいつまで続けるつもりなのでしょうか?「古き良き時代」を演出しているのかもしれませんが、少なくともあの古い家電品では良き時代とは思えません。黒電話など知らない視聴者層が増えている時に、黒電話にまつわる「あるある」話に共感させようとしているのでしょうか?

強い違和感を感じながらも、サザエさんの視聴率が最近、低迷しているとのニュースに納得がいきました。テレビ離れもあるかもしれません。が、サザエさんは現代を描いているのに、今の視聴者は共感できなくなっているのでしょう。

 ところで後藤は子供のころ、母方の実家で「サザエさん」の第1巻だったか、初期のサザエさん本(題名は「よりぬきサザエさん」だったような)を見つけて読んだことがあります(多分、叔母が子供のころに買ってもらったものだと思います)。
 コミカルな内容よりも終戦直後に描かれた、その時代背景に強く興味を持ったものです。冬の寒い日、波平が丸い火鉢で暖をとっていた絵を記憶しています。火鉢や裸電球に「へぇー」とは思ったものの「不便な生活だったんだな~」とも感じました。今のサザエさんを見ても、視聴者は無意識のうちにそう感じているはずです。というか、違和感を通り越して、アップデートされない磯野家のライフスタイルに、かなりの気持ち悪さを感じているのではと推測しています。

今朝、後藤は4時過ぎに目が覚めました。まどろみながらアマゾン・エコーに「何時?」って聞いたらアレクサは「4時20分です」との音声。声でアラームを解除し、念のため仕掛けたアイフォンやアイパッド等のアラームは手動でキャンセル。歯磨きは電動歯ブラシ。日課のラジオ体操はキンドル・タブレットを使っています。
 仕事ではデスクトップのパソコンで、コンサルティング等の問い合わせメールをチェック。朝食後は、お掃除ロボットのルンバがリビングとキッチンを毎日掃除。夕方はアメリカと日本を結んだスカイプ・コンサルティング・セッション。話題はオムニチャネル最新事例など。夕食はアマゾン・トレジャー・トラックでピックアップしたハワイアン料理ポケのミールキット。近々、ウォルマートやターゲットで音声ショッピングを始めるためグーグルのAIスピーカーの購入...こういったライフスタイルですから、昭和の世界観のままとなっている磯野家は退屈にしか映りません。

 サザエさんを検索していたら「作品No.7520『こだわりの一枚』で波平がデジカメを使っていた」との記事を見つけました。「黒電話にデジカメ?」というツッコミの嵐となったようですが、いずれ「黒電話がAIスピーカー」との世界観になるかも。

17年8月24日 – 【ウォルマート】、グーグルAIスピーカーで毎日の買い物!三河屋サブちゃんの運命は?

17年9月29日 – 【アマゾン】、エコーの新機種発表!アレクサ仕様の磯野家ではスマートホーム化が進む?


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。