«
»

安ければよいのか

 日本では、「安かろう、悪かろう」では、平時にはなんとかなったとしても、非常時に役に立たないのです。
 常に日本は、国をあげて、「高くても、良いモノを」という姿勢を貫かなければ、あっという間に、建物は水に流され、道路は冠水し、地震で家屋や公共建築物が倒壊します。
 日本国内におけるインフラは、常に、価格で競争するのではなく、品質で競争するという社会の仕組みが不可欠なのです。
 ✗・・・価格競争
 ○・・・品質競争です。

崩落したパラオKBブリッジ

崩落したパラオKBブリッジ

 公共工事について、「箱物行政はいけない」とか、「業者との癒着」とか、「安く入札して税金の無駄遣いをするな」とかいう論説が、この数十年の我が国の主流の意見となっています。
しかし本当にそうでしょうか。

 だいぶ以前のことになりますが、パラオで空港から首都を繋ぐ橋が、国際入札によって建設されました。
 日本はだいぶ頑張ったのですが、結局韓国企業がその橋梁工事を落札しました。
 ところができあがった橋は、完工当時からグラグラと揺れ、通行するクルマで通行中も何故か恐ろしい。
 そして完成工事のわずか半年後、橋は真っ二つに折れて崩壊しました。

 韓国の落札価格は日本と比べて大変に安いものでした。
 だから韓国企業が工事を落札したのですが、そもそもの設計から重量計算もデタラメなら、工事自体も手抜きのオンパレードでした。
 ただでさえ構造設計に無理があるところへもってきて、安い受注価格のために、機材等は仕様に問題のある安物ばかり、加えて工事費用の中抜きのために、必要な部品がちゃんと使われない。
 これではそもそもできあがった橋梁が落下しないほうが、おかしかったのです。
 結局、落ちた橋梁は日本のODAで撤去され、日本企業があらためて工事を行いました。
 今架かっている橋は、ですから、とても完成度の高い、何の不安も心配もない橋です。

 同様の話は、ほかにもたくさんあります。
 ただ笑えないのは、戦後の日本の、特に民間工事において、同様のケースが多々あったことです。
 マンション建築等において、値引きによる安さばかりが求められる民間工事では、やはり工事の手抜きがありました。
 ある戦後に急成長したマンション業者のマンションでは、外壁にレンガ調のパネルが貼ってあったのですが、それが地震で崩落しました。
 すると中から見えたのは、コンクリートの打ちっぱなしと思いきや、発泡スチロールでした。
 コンクリート費用を浮かすために、見えないところに思い切り手抜き工事がされていたわけです。

 あるいは公共工事でも、地震がやってきたときに、特定の高速道路の橋脚だけが崩落したことがありました。
 それは○日系の業者が担当したところであったことは、地元では有名な話です。


「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。