«
»

【米出生数】4万人減となる394万人!TAKAHIROと武井咲のベビーレジストリーを見たい?

ベビーザラスのベビーレジストリーのカウンター。

ベビーザラスのベビーレジストリーのカウンター。

 ■アメリカ疾病予防管理センターは6月30日、2016年の国内の出生数(速報値)が約394万人であったことを発表した。

 アメリカの出生数は2年連続で減少しており、397.8万人の前年から3.7万人以上も減少した。出生数のピークとなった2007年の432万人からは9%近くの減少となっている。長らく低下傾向にあった出生率も過去最低を記録している。女性1,000人(15歳~44歳)あたりにおける出生数は62.0人となり、前年を1%下回って史上最低となった。

 30歳以下の若い年齢層での出生率は低下傾向となっており、20歳~24歳(1,000人当たり73.7人)では前年から4%の減少、25歳~29歳(101.9人)も2%の減少となった。特に19歳までのティーンの出生率は9%と顕著な減少を示している。一方で30代となる30歳~34歳の出生率は2015年から1%の増加となり102.6人、35歳~39歳も2%の増加となる52.6人で、1962年以来最も高い伸びを示している。

 40歳~44歳の出生率(11.4人)も前年から4%の増加と高い。独身女性の出生率は減少傾向を示しており、独身女性1,000人当たりにおける出生数は昨年、42.1人となり前年の43.5人から低下している。これにより独身女性の出生率は8年連続で低下した。興味深いことに独身女性の出生率は人種別で違いが際立っている。結婚していない両親のベビーは白人が28.4%に対して、ヒスパニック系(中南米系)が52.5%、黒人が7割近く(69.7%)となっている。

出生数の推移

出生数の推移。住宅バブルで2003年から出生数は409万人→412万人→414万人→427万人となり、2007年には432万人にも上った。1957年に記録した430万人を上回るベビーブームとなった。バブル崩壊後は、2008年の425万人→413万人→400万人→396万人→395万人→393万人と6年連続で減少した。2014年の出生数は399万人と前年からプラスに転じたものの再び減少傾向となっている。

こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。EXILEのボーカルのTAKAHIROさんと女優の武井咲さんが結婚を発表しました。武井咲さんは妊娠3ヶ月だそうでおめでた婚、授かり婚です。

 俗っぽいスラング的な言い方では、できちゃった結婚ですね。でき婚を英語では「ショットガン婚(Shotgun Marriageもしくはshotgun wedding)」と言われてます。妊娠させられた娘の父親が相手の男にショットガンをつきつけて結婚を強制したことからだそうです。芸能人の場合は、娘の父親よりも女優さんの事務所のほうが頭にきているかもしれません。

 若い女優さんなら、でき婚によってそれまで築き上げたイメージにそぐわず、色々と問題も出てくるからです。イメージを軌道修正して、無理やりミレニアル婚とするのはどうでしょうか。美男・美女のカップルですから、ターゲット層は若い夫婦。しかもこれから子供を迎える設定です。で、二人にやってもらいたいのはギフトレジストリーのキャンペーンです。

ギフト・レジストリーとは結婚や出産で親戚や友人などお祝いを贈ってくれる人たちに、自分たちの欲しい商品リストを送り、その中から予算内で贈りたい商品を選んでもらうシステムです。

 いわば、お祝いをもらう立場の人が作った「欲しいものリスト (wish list) 」。受け手側は、事前に商品を選択し、商品リストを作成します。贈り手側とのやりとりはすべてお店側が行います。お祝いをもらう立場の人は、自分たちの欲しいモノが得られるしギフトの重複も避けられるメリットがあります。

 贈り手側もギフト選択に悩むことはありません。贈り手も自分の予算内でギフトを選ぶことができるのです。お店側も無駄な値引きをする必要はなく、返品などを抑えるメリットがあるのです。

 つまり受け手も贈り手も販売もウィン・ウィンになる合理的なシステムです。アメリカでは普及していますが、日本ではなかなか根付きません。なぜなら貰い手が事前に欲しいものを決めておくのは厚かましいと思われているからです。

モノがない時代に生まれ育った世代は「厚かましい」と思っても仕方がないかもしれません。でも今はもう21世紀で断捨離がブームとなるモノがあふれている時代です。

 23歳の武井咲さんの両親はまだまだ現役の40代後半から50代前半であると推測します。その世代なら抵抗も少ないはず。で、彼女がウエディング・レジストリーやベビー・レジストリーを宣伝してくれたらなぁ~と思います。

 一方で男女を問わず人気を集める若いセレブが、自分たちの新婚生活に欲しいものリストを作成すれば、ものすごい価値があると思うのです。間違いなく可愛い赤ちゃんが生まれるであろう、二人のベビー・レジストリーも大注目になります。

 「TAKAHIRO&咲・ギフトレジストリー」の一部をシェアするだけでも市場は活性化します。複数の企業による協賛も可能ですから、事務所的にはウハウハなのだと思います。が、まだそこまで頭が回らないかもしれません。少なくとも違約金のネガティブな話題よりも建設的だと思うのですが。

 TAKAHIROさんと武井咲さんの息子さん(もしくは娘さん)が結婚する年齢になる頃にはギフト・レジストリーが普及していますね、きっと。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。