«
»

気仙川・広田湾の「森川海と人」

小松 正之

植林で漁業資源回復へ 米チェサピーク湾から学ぶ

東京財団上席研究員 小松 正之

 岩手県の最南端の広田湾と米国東海岸にあるチェサピーク湾を比較するとその大きさと広さは歴然と異なる。チェサピーク湾が大きい。広田湾は北緯38度58分、東経141度39分であり、チェサピーク湾は39度33分、西経75度57分に位置する。緯度的にはほぼ同位置に所在する。

 前者の面積は約30平方キロメートルで、後者は1万1603平方キロメートルであり、約400倍もある。その面積が2万3200平方キロメートルの瀬戸内海の半分もある巨大な湾である。しかし広田湾が唯一勝るのが深さで平均約50~60メートル、後者は6・4メートルである。また、塩分濃度が広田湾では海水と同じ34パーミル(1000分の1)で、チェサピーク湾は淡水と同じ濃度の所もある一方、湾口近くは30パーミルと海水とほぼ同じである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。