«
»

予想される「軽減税率の迷路」

大藏 雄之助

EUなど矛盾した例も

評論家 大藏 雄之助

 いよいよ来年4月から消費税が8%に上がることになった。この3%の増税に反対している政党もあるが、それは今や論外であり、焦点はさらに1年半後に10%に引き上げられる際の食料品などの生活必需品の軽減税率である。

 安倍総理は公明党が強く要望しているところから、自民党税調にも政府の関係部署にも、できるだけ配慮するように指示しているようだが、そう簡単ではない。

 日本の消費税に相当するアメリカの売上税は州によって税率が違うが、逆進性を考慮する軽減措置はない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。