ワシントン・タイムズ・ジャパン

訪日2400万人超を論じる中で異彩放つ日経「旅館を成長産業に」

◆観光立国への通過点

 昨年の訪日外国人旅行者数が2000万人寸前だった前年より22%増え、2403万人となった。政府が「ビジット・ジャパン・キャンペーン」をスタートした15年前は500万人強。1036万人と初めて1000万人の大台を超えた2013年から、わずか3年で倍増超の急増である。

 当初、政府が掲げていた年間の訪日外国人数の目標は2020年までに2000万人超だった。これを4年も早くプラス400万人して達成したわけだが、すでに事実上は一昨年、ほぼ目標に届いていた。このため、昨年3月に東京五輪開催の年とも重なる20年までの目標を一挙に4000万人にまで引き上げ、観光立国、観光大国を目指している。今や訪日外国人2000万人超えは、その通過点だとも言えよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。