«
»

「ゼロ成長」とアベノミクス

鈴木 淑夫

投資・ベア抑える企業

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 アベノミクスの下で、最近2年間の日本経済はまったく成長していない。2014年第2四半期から16年第1四半期までの8四半期(2年間)の間に、実質GDPはマイナス0・9%減少した。年度ベースで見ても、本年3月に終わった15年度の実質GDP平均は、2年前の13年度平均に比してマイナス0・1%減少した。

 実質GDPの内訳を見ると、減少したのは、家計消費、住宅投資、公共投資である。

 家計消費と住宅投資の基礎となる実質雇用者報酬は、14~15年度の2年間に僅かプラス0・7%しか増加していない。家計消費と住宅投資の減少は、所得が伸びない下で、14年4月から消費税が8%となり、更に17年4月からは10%へ再引き上げされる予定(さすがにこれは最近になって19年10月まで延期)となっていたため、先行き不安から支出に慎重になったものと思われる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。