«
»

マイナス金利の影響を考える

鈴木 淑夫

総需要拡大効果は疑問

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 日本銀行は、1月29日にマイナス金利の導入を決めた。具体的には、各金融機関の日銀当座預金残高のうち、①金融機関が積み上げた既往の残高(約210兆円)には従来通りプラス0・1%の金利、②(イ)所要準備額に相当する残高、(ロ)金融機関が、貸出支援基金などにより資金供給を受けている場合は、その金額に対応する残高、(ハ)日本銀行当座預金がマクロ的に増加することを勘案して加算する金額、の三つの合計(当初は約40兆円)には0%金利、③上記の①と②を上回る残高(当初は約10兆円、以後3カ月に20兆円ずつ増加)にはマイナス0・1%の金利、を2016年2月16日から適用することとした。従来の「量的・質的金融緩和」はそのまま続けることとし、以後は「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」と称する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。