«
»

憂うべき人口減時代の到来

尾関 通允

国内経済の停滞に直結

経済ジャーナリスト 尾関 通允

 小児科や産科のある病院数が減り始めているとのニュースを、しばらく前に聞いた。また、それより少し前には、学習塾の数がかつてほどには多くなくなりつつあるとのマスコミ報道も耳にした。いずれもが、この国すなわち日本がいよいよ人口減少時代に徐々とながら移行し始めていることを、厳然たる事実として、われわれ国民全体に突き付けている。人口減――大変な事態にどう対応するのか、効果的な具体策の策定とその着実な推進を急がねばならない。

 ここでは、対象領域を経済の分野に限って検証を試みることにしたい。もっとも、最近は内外情勢が極めて流動性に富み、「いつ」「どこで」厄介な変動要因が突発するか予測できず、場合によっては対処困難で、日本の経済予測にも不測の狂いを生じる場面が少なからずあり得ることをお断りしておく。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。