«
»

アベノミクスは大丈夫か

鈴木 淑夫

生産性向上対策が大切

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 先月発足した安倍改造内閣は、アベノミクスの「新3本の矢」を揚げ、「一億総活躍」大臣を任命し、「一億総活躍」国民会議を発足させた。

 新3本の矢は、①2020年頃に名目GDP600兆円、②20年代半ばに希望出生率1・8、③20年代初期に介護離職ゼロ、の三つである。

 これは三つとも望ましい政策「目標」であって、当初の3本の矢のような政策「手段」ではない。「的」(目標)と「矢」(手段)を間違えている。16年の参議院選挙のスローガンには使えるかも知れないが、「一億」の国民が「総活躍」して実現すると言われても、その道筋は分からない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。