«
»

「アベノミクス」の中間点検

鈴木 淑夫

緩和による需要拡大まだ

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 安倍政権が、「アベノミクス」(①異次元金融緩和、②財政出動、③成長戦略)の実施を宣言してから1年になろうとしている。

 この政策体系は、○超金融緩和と財政出動の組み合わせによって国内民間需要を刺激し、併せて超金融緩和による円高是正で輸出を伸ばし、日本経済の需給を改善してデフレを克服しようという短期の需要政策と、○規制緩和、構造改革、貿易・資本取引の一層の自由化(環太平洋経済連携協定〈TPP〉をはじめとする経済連携協定〈EPA〉や自由貿易協定〈FTA〉の拡大)によって潜在成長率を高め、持続的成長を図ろうという長期の供給政策から成っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。