ワシントン・タイムズ・ジャパン

政権交替とアベノミクス

鈴木政経フォーラム代表 経済学博士 鈴木淑夫

効果小さかった超金融緩和 経済構造改革で生産性向上を

鈴木政経フォーラム代表、経済学博士 鈴木 淑夫

 自民党総裁選で勝利した岸田文雄氏が新しい首相に就任した。これでアベノミクスは、国の基本的経済戦略として継続することはなくなろう。

 振り返ると、2013年1月、発足直後の安倍晋三内閣と日本銀行は「共同声明」を発表し、物価安定の目標を消費者物価前年比の2%とし、これをできるだけ早期に実現するため、大胆な金融緩和を推進することとした。これは、アベノミクスの3本の矢の1本で、あと2本は②財政出動と③経済構造改革である。

リフレ派の理論が破綻


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。