«
»

【コロナ禍】フロリダやテキサスで感染者が記録的増加!地場スーパーは再び購入制限?

 ■ジョンズ・ホプキンス大学の集計データによると世界で確認された新型コロナウイルス感染者は累計1,000万人を突破し、死者は50万人に迫っている。

 米国では新規感染者の大幅増加が続いており、累計の感染者は250万人を超えた。26日には全米の新規感染者が4万4,000人を超え、最多記録も大きく更新した。

テキサス州の地場スーパーのHEBでは記録的な感染者数で食料品やペーパータオル、ティッシュ、ハンドサニタイザーなどを再び購入制限にした。同時にカーブサイド・ピックアップや宅配サービスのネットスーパーの需要が急増し、サービス遅延も生じている。

テキサス州の地場スーパーのHEBでは記録的な感染者数で食料品やペーパータオル、ティッシュ、ハンドサニタイザーなどを再び購入制限にした。同時にカーブサイド・ピックアップや宅配サービスのネットスーパーの需要が急増し、サービス遅延も生じている。

 フロリダ州やテキサス州など南部や西部で6月以降、感染が急拡大しているのだ。フロリダ州では感染者数が右肩上がりになっており26日、9,000人近くが感染し翌日には9,500人以上が新たな感染者となった。

 テキサス州では23日以降、毎日5,000人以上が陽性と判定されているのだ。カリフォルニア州でも23日、これまでで最大となる7,149人がポジティブとなったのだ。

 感染者が急拡大している州の地場スーパーでも多くの従業員が感染している。フロリダ州では南部だけでもパンデミック以降、パブリクスやアルディ、トレーダージョーズ、ホールフーズなど40店以上で一人もしくは複数の従業員が感染者となっているのだ。

 フロリダ州を含む8州に1,252店を展開するパブリクスでは全体の6割以上となる813店をフロリダ州で展開している。1日の感染者数が1万人に近づくフロリダ州では、同州内のパブリクスで毎日にように従業員の感染者が発生しているのだ。

 経済活動制限へと踏み切ったテキサス州の地場スーパー、HEBも本社のあるサンアントニオ地区だけでも従業員70人近くが感染した。テキサス州の人口は米国で2番目に多く1日のコロナ感染者は毎日5,000人を超えるなど増加が目立っている。

 州のコロナ検査での陽性率は10%に上昇、2桁の陽性率が見られる州の一つとなっているのだ。あまりにも多くの従業員が感染するため、HEBではスタッフ賃金も記録的に上げざる得なくなっているほどだ。

 州内に300店以上を展開するHEBでは食料品やペーパータオル、ティッシュ、ハンドサニタイザーなどを再び購入制限にした。同時にカーブサイド・ピックアップや宅配サービスのネットスーパーの需要が急増し、サービス遅延も生じている。

 ネットスーパー急伸で既存スーパーのダークストア化も拡大している。

 ダークストアとは店の中で買い物ができるインストア・ショッピングはなく倉庫に専用の駐車スペースがついた宅配サービスやカーブサイド・ピックアップに特化したネットスーパー専用拠点だ。

 ダークストアはアマゾンが2年前にシアトル市内に2ヶ所オープンした「アマゾンフレッシュ・ピックアップ(Amazon Fresh Pickup)」がよく知られている。

 これまでホールフーズやクローガー、ジャイアント・イーグルなど東部や中西部のスーパーでダークストア化が見られた。

 最近はカリフォルニアでも感染者が急増していることで、北カリフォルニアにある食品スーパーのレイリーズでもダークストア戦略を開始した。

 州都サクラメント近郊にあるレイリーズを先週から売り場を倉庫化し、ネットスーパー専用物流センターにしたのだ。

 新型コロナウイルス感染の再燃となる第2波なのかは現段階でわからないが長期化することで消費者動向も大きな影響をうけている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤が住むガーデナは比較的ブルーカラーが多く住む街です。特に近所はアパートが密集していることもあり、肉体労働に従事する人が多いのではと思っています。同時にヒスパニック系(中南米系)アメリカ人が多くいます。近所では週末、アパートの駐車場にテントを建てて親族・友人を招いたパーティを行っているのです。

 こんな時期でも深夜遅くまでマリアッチに三密のおしゃべりです。カリフォルニア州は経済を段階的に再開していますが、だからといってクラスター化するパーティはOKというものではありません。当然ですが、ほとんどの人は親族だからという理由でマスクをしないでしょう。しかも挨拶は濃厚接触のハグ。

 大変失礼な言い方ですが、もう馬鹿なのか?と疑いたくなるほど日本人からすると能天気な人が大勢います。自分が無症状の感染者だった場合という想定が出来ないのでしょうか?いまは万が一以上の確率で、無自覚のまま他者に迷惑をかけてしまうのです。

⇒感染で致命的になるのは身体が弱い人です。親族では年長者が致命的なリスクを背負うことになるのです。にもかかわらず若い人たちは自分たちは平気ということで、しゃれにもならない無自覚な兵器化です。

 暖かい時期にもかかわらず新型コロナウイルス感染者はフロリダやテキサス、カリフォルニアで記録的に急増しています。やはりヒスパニック系の方が比較的多く住む地域であります。特定の人たちが悪いわけではありませんが、どうも新規感染者に人種等の偏りがあるように思えてならないのです。

 感染拡大の要因として特定の人種にある習慣に紐付いていると思います。アメリカにはいまもマスク反対派がいます。地方自治体でマスク着用を義務化すると、一部にマスク着用は個人的な選択だと自分たちの権利を主張する人たちがいます。

 テキサス州ヒューストンなどの病院では感染者急増でキャパが一杯になっているにも関わらず個人の権利を主張するのもいかがなものかと思います。自分が媒介になって大切な人を巻き添えにしてしまう想像ができないのでしょうかね。

 残念ながらアメリカでは想像よりも体験しなければ理解できない頑固な人がまだまだいるようです。独立記念日の週末から1週間後はどうなりますかね?


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。