«
»

原発ゼロの夏を前に「乗り切れる」過信に警鐘をならした産経と日経

◆原発早期稼働を訴え

 日中の気温が20度を超え、汗ばむ陽気が続くようになっってきた。冷房が恋しくなる季節が近づいている。

 そこで気になるのが、夏場の電力需要である。昨年は関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の2基が稼働していたが、現在は全原発が停止中で、原子力規制委員会による17基原発の安全審査の終了時期が不透明ということもあり、東京電力福島第一原発事故後初めて「原発ゼロの夏」を迎える可能性が高い。

 経済産業省が4月17日にまとめた今夏の電力需給見通しによると、沖縄電力を除く大手9社で、需要に対する供給余力を示す予備率は全国平均で4・6%と、安定供給に最低限必要とされる3%以上は確保した。

 ただ、個別にみると、原発依存度が高い関電や九州電力は、電気の周波数が異なる東電から計58万㌔㍗の融通を受けて3%ちょうどと余裕は乏しい。融通がないと、関電は1・8%、九州電も1・3%とお寒い状況である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。