«
»

中小企業こそインターンを

ロバート・D・エルドリッヂ

人材確保の最良の方法 後継者不足による倒産回避へ

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 近年、日本でインターンシップが増え、その内容や機会が拡大している。リクルート社がまとめた「就職白書2018」によると、2017年度中、日本の会社の68・1%がインターンシップを実施した。前年度比で8・7ポイント増えた。さらに18年度は、73・7%に上昇することが見込まれる。

参加学生の5割が入社

 企業の25・6%は、将来の従業員の候補者を選定する方法としてインターンシップを使用した。47・5%は「インターンシップに特にはっきりとした目的はなかったが、最終的には一部の参加者が採用された」と述べている。また、企業の73・6%が、自社主催のインターンシップに参加した卒業生を採用したという。インターンシップは企業にとって優秀な人材を確保する素晴らしい方法であることを示唆している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。