«
»

【非常事態宣言】店内感染で4人の食品スーパー従業員が亡くなる!4人の共通項とは?

800

 

■米国では現在までに40州以上の州で外出禁止令が発動されている。米国の住民の95%となる3億人が不要不急ではない外出を禁止されているのだ。

出かけられる場所は病院、銀行そして薬を購入するドラッグストアや食料品を調達するための食品スーパーなど。

特に家族分の食料やトイレットペーパー、ハンドサニタイザーなどスーパーマーケットに買い物行く人が急増することになる。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、ウォルマートは3月の4週間、既存店・売上高前年同期比で20%近くも売上を伸ばした。

スーパーセンターやネイバーフッドマーケットなど4,700店以上を展開するウォルマートではアプリ等を介したネットスーパーの売上も過去8週間で30%も上昇したのだ。

ウォルマートだけでなく、国内に1,868店を展開する競合のターゲットでは既存店ベースが3月25日までの4週間で前年同期比20%以上の増加となった。

35州に2,800店近くを展開するスーパーマーケット最大手チェーンのクローガーでも3月の既存店・売上高前年同月比で30%の増加と驚異的に売上を伸ばした。

ストップ&ショップやジャイアント・フードなど2,000店のスーパーを展開するアホールド・デレーズUSAでも3月の既存店・売上高前年同月比は34%増となったのだ。

コストコでもアメリカ国内の3月の既存店・売上高前年同月比は10.7%の増加で、Eコマース売上は同48.3%増と爆発的な売上となったのだ。

 外出禁止令の拡大により明らかにスーパーマーケット業界は潤っている。しかし新型コロナウイルス感染拡大による、しわ寄せも起こっているのだ。

従業員が店内で感染し確認できるだけで4人が亡くなっている。

ウォルマートではシカゴ市内にある店舗で働く47歳の男性と51歳の女性が新型肺炎に感染し死亡した。

メリーランド州ラーゴ地区にあるジャイアントフードでも先週、27歳の女性スタッフが感染し亡くなったのだ。

そして今週初めニューヨーク州スカーズデールにあるトレーダージョーズの従業員が新型コロナウイルスに感染して死亡したという。

トレーダージョーズではニューヨーク・マンハッタンにあるチェルシー店(675 6th)やソーホー店(233 Spring)、アッパーウエストサイド店(2073 Broadway)、ユニオンスクエア店(142 14th.と138 14thのワインストア含む)で従業員に感染者が判明し、店内の消毒作業で一時休業となった。

10日までに確認できただけでもトレーダージョーズでは28店で従業員感染が判明し臨時休業を行っている。

トレーダージョーズでは人気店にあることに加え、店舗面積が300坪と通常のスーパーの3分の1~4分の1と狭く、さらにネットスーパーを禁止していることで実店舗に客が殺到していることで従業員への感染リスクが高くなっているのだ。

 食品スーパーはこれまで時短営業や入店制限・購入制限、従業員のマスクや手袋の着用、レジでの仕切り板の設置、レジ待ち行列での6フィート(1.8メートル)間隔のソーシャル・デイスタンシング導入、(一部のスーパーは自治体では)レジ袋禁止、店内ワンウェイコントロールのテスト、食品など必需品のみの販売等、様々な施策で店内感染を防ぐ努力を行っている。

従業員のマスク装着を義務付けたロサンゼルス市(10日から)の事例もある。

 日本の緊急事態宣言も首都圏や関西、福岡県、愛知県のスーパーやドラッグストアは原則として通常通りに営業を行う。

いい意味でも悪い意味でも先行事例となるアメリカの食品スーパーに倣い、店内で感染を防ぐ施策を積極的にすすめてもらいたい。

トップ画像:近所のウォルマートに行くと入場制限(入店に10分程度待った)にレジ待ち行列用のソーシャル・ディスタンシング・マーク、レジには仕切板、レジ係は手袋を着用し顔全面を覆う医療用のフェイスシールドを装着していた!
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ニューヨーク州スカーズデールにあるトレーダージョーズで亡くなったスタッフにシカゴにあるウォルマート・エバーグリーンパーク店で働いていた二人、メリーランド州のジャイアントフード・ラーゴ店のグリーター1人の共通項は全員、糖尿病など慢性的な基礎疾患を抱えていたということです。トレーダージョーズは亡くなったスタッフの性別や人種等の詳細は明らかにしていません。ウォルマートとジャイアントフードに勤めていた3人は全員アフリカ系アメリカ人(つまり黒人)で画像で確認すると肥満に見えます。一部報道ではアフリカ系アメリカ人の心臓病や肺病、糖尿病、喫煙から生じる病気を含む慢性病の発生率が歴史的に高く、これらの疾患に関連して死亡する割合も高いと言われています。日本でも新型コロナウイルスに感染する人がふえているようです。食品スーパーやドラッグストアの売り場で働くスタッフのみなさん、慢性疾患を抱えていなくても喫煙者や太っている方はくれぐれも気をつけてください。
 志村けんさんの例もあるので、できればこの際、タバコは止めましょう!これを機会に本部スタッフもご家族のためにも禁煙してください。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。