«
»

【Amazon Go Grocery】美人YouTuberでAIが誤認!泡立て器を手にしてオーマイガー?

800

■ネット通販最大手のアマゾンは先月25日、シアトル市内にレジなし食品スーパーの「アマゾンゴー・グローサリー(Amazon Go Grocery)」1号店をオープンした。

シアトル・キャピトルヒル地区にあるアパート一階部分(600 E. Pike St., Seattle WA 98122)にオープンしたアマゾンゴー・グローサリーは10,400平方フィート(約300坪)。

売り場は7,000平方フィート(約200坪)だ。450~2,300平方フィート(13~64坪)となるレジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーに対して、アマゾンゴー・グローサリーは4倍程度となる。

アマゾンゴー・グローサリーは通常のアマゾンゴーの商品に加えて一般的なスーパーマーケットが扱う青果や精肉、ベーカリー、乳製品、デリ、アルコール類、日用品など5,000アイテムを販売している。

プライベートブランドにはアマゾン傘下のホールフーズ・マーケットのPBの「365」やアマゾンのPB「ハッピーベリー(Happy Belly)」を揃え、地元ワシントンで人気の「ドーナツ・ファクトリー」のドーナツも用意されている。

キャッシャーフリーとも呼ばれるアマゾンゴーはスマートフォンにダウンロードした専用アプリのQRコードで入店する。チェックインするとゲートが開いて入店できるのだ。あとは購入したい商品を手に取り店を出ていくだけの「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」となっている。

 オープンしたばかりのアマゾンゴー・グローサリーにシアトルを地元にする人気ユーチューバーがレポートした。

25歳でシアトル在住のモニカ・チャーチ(Monica Church)さんはメーキャップやファッションなどのビューティ&ライフスタイル・ビデオブロガーだ。彼女のYouTubeチャンネルの登録者数は120万人を超えておりシアトルではよく知られたユーチューバーと言えるだろう。

チャーチさんがアマゾンゴー・グローサリーで買い物をしながらレポートをしたYouTube動画をアップしたのだ。初回の買い物ではアボガドやバナナ、食パンなど15品目で52ドルの買い物を行った。

しかし届いたレシートを確認すると、購入していない泡立て器がレシートに載っていたのだ。店内での撮影中に3.79ドルの泡立て器を手にしたもののすぐに棚に戻しているのだが、AIが誤ってカートに入れたと認識したのだ。

チャーチさんは早速、アマゾンゴーのカスタマーサービスに連絡しリファンドの手続きを行った。

チャーチさんは数日後、再びアマゾンゴー・グローサリーに訪れて撮影を兼ねてトイレットペーパーなどの買い物を行った。

ここでもまた泡立て器を手にしただけだが、レシートに載ってしまい「購入」と誤認識されてしまったのだ。チャーチさんはカメラに向かって「アマゾン、泡立て器(チャージしてくるのを)直して」と叫んでいた。

 なおチャーチさんはアマゾンゴー・グローサリーの価格について競合店と比べながら全般的に公平としながらもレモンペッパーの下味がついた鳥の胸肉が例外的に高額であることを指摘している。

複数のステンレスワイヤーを曲げて組み合わせ茶筅(ちゃせん)形にされた形状は光の反射等でAIが誤認識しやすいのかもしれない。人気YouTuberの動画で2度も誤認識するのは、レジなし技術を売り込もうとしているアマゾンにとっていただけないことだろう。

登録者数120万人を超える人気YouTuberのモニカ・チャーチ(Monica Church)さんによるアマゾンゴー・グローサリーのレポート(アップロードから4日間で再生数は30万回を超えている)。AIがなんと2回も誤認識したのだ。皮肉にもチャーチさんの「オーマイガー!」(9:38)の叫びが聞ける(笑)。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アマゾンは先日、レジなしシステムの「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」を他社に提供すると発表しました。課題の一つはAIの認識精度。商品の形がいびつだと誤認識しやすいのが人気YouTuberのモニカ・チャーチさんの動画で確認できます。誤認してもアマゾンゴーならアプリ上のレシートで簡単にリファンドできます。何度かリファンドしても疑われることがないと思います。ただしこれも課題になります。お客によっては20ドルもするお肉を持ち出しながら「買っていない」とリファンドを試みるスキ(乱用)を与えることになりますから。別の見方をすればアイテム数が格段に多くなる食品スーパーではジャスト・ウォークアウトの応用がまだ難しいとも言えます。利用者のほうも誤認識されていないかといちいちレシートを確認しなければなりません。つまりアマゾンゴー・グローサリーを多店舗展開するのはまだまだ先ではないかと推測できます。
 アマゾンゴー・グローサリーでは果物をジャグリングしてみる、トイレで着替えてみる、泡立て器を手に取ってみるという実習ができますね(笑)。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。