«
»

景気判断の下方修正が必至の状況で大型の経済対策に批判・注文の各紙

◆「規模ありき」と毎日

 「効果のある事業に絞り込め」(読売)、「規模ありきのつけは重い」(毎日)、「必要性と効果の精査を」(朝日)、「効果を吟味し具体化図れ」(産経)、「『賢い支出』なのかをしっかり監視したい」(日経)――

 政府が5日に閣議決定した、事業規模26兆円(国・地方の支出や財政投融資を合わせた財政措置は13・2兆円)の大型経済対策に対する各紙社説(6日付または7日付)の見出しである。見ての通り、各紙とも厳しい論調の内容となった。

 最も批判的なのは毎日で、「疑問の多い内容だ。最大の問題は危機的な財政にもかかわらず、規模ありきで策定された」とし、しかも、政府は米中貿易摩擦など海外リスクを強調するものの、日本経済は消費増税後も「緩やかに回復している」との認識を変えていないにもかかわらず、「規模を優先し、ばらまきになりかねない事業も詰め込んだ」とした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。