«
»

3年半ぶりのECB緩和で「出口」はいつ、と日銀・首相を批判する毎日

◆焦点は独の財政出動

 欧州中央銀行(ECB)が、3年半ぶりの金融緩和を決めた。欧州最大の経済国ドイツが、中国向け輸出の落ち込みなどで、4~6月期の経済成長率が3四半期ぶりにマイナスに陥るなど、欧州経済の不透明感が増しているからだ。

 社説で論評を掲載した読売(14日付)は「狙いは理解できる」と評価。また、「金融政策が為替相場に与える影響も見逃せない」とした。

 というのも、米中貿易摩擦の激化などから米連邦準備制度理事会(FRB)が7月末に約10年半ぶりの利下げを決め、今週にも再利下げが見込まれる中、ECBが今回動かなければ、ドル安・ユーロ高の流れになり、欧州の輸出企業に打撃を与える恐れがあるからで、「そうなる前に手を打った面はあるのだろう」(読売)というわけである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。