«
»

【セブンイレブン】NY市内でモバイル・チェックアウト!Amazon Goとコンパリゾン?

800

■コンビニエンスストア大手のセブンイレブンは、買い物客がレジに並ばなくても自分で商品をスキャンして支払いができる「モバイル・チェックアウト(Mobile Checkout)」をニューヨーク市内の店舗に拡大する。

レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーに対抗し、キャッシャーレスのサムズクラブなどのアプリを使った決済方式に追随する。

セブンイレブンは昨年11月、テキサス州ダラスにあるセブンイレブン14店舗で当時のサービス名「スキャン&ペイ(Scan & Pay)」を開始。

スキャン&ペイでは事前にセブンイレブンのアプリをダウンロードして、ロイヤルティプログラム「7リワード(7Reward)」を登録しておく。

使い方はアプリを起動後にスキャン&ペイ対象店に行くと「スタート・スキャニング(start scanning)」のポップアップ・ボタンが表示されるのでタップする。

店内で商品バーコードをスキャンし、支払いはアップルペイやグーグルペイ、クレジットカード、デビットカードで決済を行う。

決済後はアプリに表示されるQRコードをレジ近くのスキャン&ペイ・ステーションでスキャンさせる。緑色のライトが点灯することでレジ係が確認。あとは透明な買い物袋に商品を入れて店を出るだけだ。

モバイル・チェックアウトによる支払いも7リワードと紐づけられており、ポイントがたまるようになっている。

モバイル・チェックアウトで購入できない商品はホットフードや宝くじ、アルコール類、タバコとなっている。

今のところニューヨーク市内ではマンハッタンなどに展開する33店舗のセブンイレブンがモバイル・チェックアウトを行うという。

 レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーのオープン以来、スーパーマーケットから大手チェーンストアまでモバイルチェックアウトなどセルフスキャニングシステムを導入する事例が相次いでいる。

スキャン&ゴーを全店に導入したサムズクラブは、スキャン&ゴーをフューチャーした小型店「サムズクラブ・ナウ(Sam’s Club Now)」をダラス近郊に出店している。サムズクラブ・ナウでは今月末、商品バーコードだけでなく商品自体を撮影することでスキャニングできるAIテクノロジーを導入する。

スーパーマーケットチェーンで全米最大となるクローガーは「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Gag, Go:SBG)」を傘下のスーパーなど400ヶ所以上に拡大。約1.5万店を展開するダラーストアのダラーゼネラルもスキャンしながら買い物を行う「DGゴー(DG Go)」のテストを行っている。

モバイルチェックアウトでは10年前から導入しているストップ&ショップの専用アプリとスキャニング端末の「スキャン・イット(Scan It)」事例もある。テキサス州などに約400店舗のスーパーを展開するHEBはキャッシュレスのアプリ決済サービス「HEBゴー(HEB Go)」を20店舗近くでテスト展開している。

ミシガン州で140店展開するスーパーのスパルタンナッシュもアプリ決済「チェックアウト・ナウ(Check Out Now)」を2店でテスト中だ。ウェグマンズも「ウェグマンズ・スキャン(Wegmans SCAN)」のテストを開始した。

ミシガン州を中心に中西部6州にスーパーセンターなど246店を展開するマイヤーでもスキャンしながら買い物を行う「ショップ&スキャン(Shop & Scan)」を展開。マイヤーでは同サービスを2017年10月から開始し、徐々に拡大しながら現在までに7割にあたる店舗での展開となっている。

 なおニューヨーク・マンハッタンではレジなしコンビニエンスストアのアマゾン・ゴーがすでに3店舗を展開している。

ニューヨークではレジなしアマゾンゴーとレジ素通りのセブンイレブンの対決をみることができそうだ。

800

セブン・イレブンに入りながらスキャン&ペイ・アプリ(当時のサービス名)を起動しスキャン状態にする。カップを取り出してバーコードをスキャン。バーコードが少し映っただけで速攻の反応だ。

800

アマゾン・ゴーとは違い、その場で合計金額を確認できるのがモバイルチェックアウトのメリットだ。

800

チェックアウト・ボタンをタップして、アップルペイで支払う。仮決済を終えるとQRコードが表示される。

800

レジ近くにあるスキャン&ペイ・ステーションでQRコードをスキャンさせ緑色のライトが点灯しレジ係が確認。

800

これで最終的な決済の完了となる。あとは下にある透明なバッグに入れて店を後にする。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。昨年のダラスでフィールドリサーチを行った際、セブン・イレブンに行きました。モバイルチェックアウトのスキャン&ペイ(Scan & Pay)で買い物をしてみて、どれぐらいの手順がかかり、また最短となる買い物時間を調査したのです。セブン・イレブンに入りながら、アプリを起動してスキャン状態にします。コーヒーカップを取り出してスキャンしてコーヒーを注いでいる間にアップルペイで決済。決済後に表示されるバーコードを出口近くにあるスキャン&ペイ・ステーションでスキャンして決済確認で終了。撮影をしながら行ったので若干、時間がかかりましたが、普段なら1分もかからないでしょう。しかも待たされるという感覚がありません。アマゾン・ゴーは商品バーコードをスキャンする必要はありませんが、一体いくらチャージされたのかは店を出てから5分程度経たないとわかりません。モバイルチェックアウトでは合計を即座に確認できるのがメリットです。
 ということでニューヨーク視察ではセブンイレブンを日程に入れて、モバイルチェックアウトの実力を体験したいと思います。NYではアマゾンゴーとセブンイレブンのストア・コンパリゾン(キャッシャーレス・コンパリゾン?)にご期待ください。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。