«
»

リクナビ問題でいち早く個人データ活用の課題指摘した日経に一日の長

◆学生の信頼を裏切る

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が、学生の「内定辞退率」の予測データを企業に販売していた問題。販売サービスは4日付で廃止されたが、同社には学生の信頼を裏切ったとの批判が、購入した38社には疑念の目が向けられ、企業名が徐々に明らかになっている。

 この問題に新聞各紙は8日付の日経を皮切りに毎日、朝日など5紙が社説で取り上げ、いずれも厳しい論評を掲載した。各紙見出しは次の通り。日経「リクナビ問題が映すデータ活用の課題」、毎日(10日付)「就活生への重大な背信だ」、朝日(12日付)「個人情報 危うい『活用』」、読売(14日付)「個人情報の扱いが粗雑すぎる」、東京(19日付)「若者の未来への背信だ」――。

 掲載の早さといい、問題の的を射た内容といい、さすが経済紙の日経である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。