«
»

【新学期商戦】キティちゃんのランドセルが44マグナムの銃弾を防ぐ防弾仕様なら!?

600

■銃乱射事件が後を経たないアメリカで急に売れ始めたものがある。

大手チェーンストアでは9月からの新学期に向けてバック・ツー・スクール・セールが盛況になっているが、オフィスマックスやオフィスデポ、ウォルマートなどは銃弾の貫通を防ぐ防弾仕様のリュックサック(バックパック)が人気となっているのだ。

防弾バックパック(Bulletproof Backpack)は、防弾チョッキや防弾ベストで使用されている素材をバックパックにしている。

装備調達基準としてNIJ規格(NIJ Standards)があるが、防弾パックパックにはライフル対応のレベル3Aが採用されている。

通常のバックパックの価格は10~60ドルだが、防弾バックパックは120~200ドルで、高いものには500ドルにも上っている。

防弾バックパックは通常より1ポンド(約450グラム)重くなるもの、テストで44マグナムを5回撃ち込んでも貫通しなかったという。

防弾バックパックが売れ出したのは先週末に起こったテキサス州エルパソやオハイオ州デイトンの銃乱射事件が要因だ。

サバイバルをテーマにしたオンラインショップのレディ・ツー・ゴー・サバイバル・コム(ReadyToGoSurvival.com)では、1ヵ月に300個ほど売れていた防弾バックパックがここ数日で300個も売れたという。

防弾バックパックを扱うチェーンストアでも一部にソールドアウトになった店もあると報告されている。

子供の安全を守るという意味では必要なのだが、文房具やノートなど学校用品に混じって防弾バックパックが並んでいるは複雑な気持ちになる。

新学期商戦で防弾バックパックが販売されていることに「これは普通ではない(This shouldn’t be normal)」と非難する女性議員もいる。

バックパックなどにキャラクター・ライセンス・ビジネスを行う企業にとっても問題だ。

通常のバックパックへのライセンシングだと思っていたら、キャラクターが防弾バックパックに使用されていたならイメージを棄損することになる。

仮にスヌーピーやセサミストリートのエルモ、ハローキティのピンクのバックパック、可愛らしいアンパンマンのバックパックが防弾仕様であれば消費者にゆがんだイメージを与えかねない。

 銃乱射事件が起こるたびに防弾バックパックを子供に持たせるかどうかは親にとっては悩ましい課題となる。

トップ画像:防弾バックパックのArmorMeのイメージ画像。考えたくもないが、頻繁に起こる銃乱射事件に親も考えなければならない?
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ハローキティのランドセルが44マグナムの銃弾を防ぐ防弾仕様なら、ヤクザの組長もキティちゃんを持つでしょう。キティちゃんがお守りとなり、反社にはハローキティのピンク刺青が流行ります。背中一面に「キティちゃん」、んなことにはなりませんが、今日のブログは銃社会のアメリカならではの残念な話題を拾ってみました。銃による暴力アーカイブ(the Gun Violence Archive)によると、2019年は今日までに253件の銃乱射事件が起こっています。極めて悲惨なコトが日常的に起こっているのです。子を持つ親としては防弾仕様のバックパック、リュックサック、ランドセルなど考えたくもないでしょうが、これだけ頻繁に起こる銃乱射事件を前に実際問題として購入を検討しなければならないでしょう。誰だって銃社会を認めたくはありませんが「どうせ買うなら」ということで防弾バックパックは徐々に認知されていくかもしれません。防弾バックパックはビジネスマンが先にもつかも。
 安全な日本では防弾バックパックはお土産にして、話のネタにするのが一番かと.


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。