«
»

【モバイルオーダー】外食チェーンに映画館やディズニー、さらにサッカースタジアム!

800

■スターバックスコーヒー ジャパンは6月末、東京都内の56店舗でスターバックスのアプリ経由で注文、決済までを事前に完了し、店舗で商品を受け取る「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」入を開始した。

モバイル・オーダー&ペイはレジ待ち行列を緩和し、注文の聞き取りミスや勘違いによるヒューマンエラーを回避できることでクレームが減少、顧客ロイヤリティが高まる。スタッフもより調理に集中できることで、店内オペレーションの合理化も図れるメリットがある。

5年前、オレゴン州ポートランドの一部店舗でモバイルオーダー&ペイのテストを開始したアメリカのスターバックスでは2015年9月には全米の直営店に拡大した。現在までにモバイルオーダー&ペイは注文全体の16%に達している。

モバイルオーダーはスターバックスの他、3大宅配ピザチェーン(ドミノピザ、ピザハット、パパジョンズ)やマクドナルドなどのファストフード等の外食チェーン、さらにテーマパーク内のレストランに映画館の売店、NBA(プロバスケットボールリーグ)、MLB(メジャーリーグベースボール)のアリーナやスタジアムの売店にも拡大している。

MLS(メジャーリーグサッカー)のスタジアムでもモバイルオーダーによる注文を受け付けるところもでてきた。

MLSのスポルティング・カンザスシティはサッカー専用スタジアム「チルドレンズ・マーシー・パーク (Children’s Mercy Park) 」でモバイルオーダーのローンチを発表。

利用者はスプルティングKCアプリをダウンロード後、ピザやビールなどをモバイルオーダーする。注文の用意ができると指定されたショートメッセージで告知され、指定された場所で受け取ることになる。

今のところ観客席までのデリバリー・サービスはない。なおモバイルオーダーによる初回注文では、すべての注文が25%オフとなる販促を行う。

  調査会社ビジネス・インサイダー・インテリジェンスの報告によると、モバイルオーダー市場は380億ドル(約4兆円)になると試算しており、2020年にはファストフード店の売上11%近くに成長すると見ている。

トップ画像:ホテルロビーにて後藤の指導の下、朝食をモバイルオーダーする流通視察セミナーの参加者。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。キャッシュレス化を目指す日本では省人化の意味でもモバイルオーダーは必ず普及します。ただ飲食店などではモバイルオーダーに対抗する既存勢力からの抵抗・反発があると思います。既存勢力とは食券販売機(券売機)。ラーメン屋の多くが券売機を使っていますが、少し時間がかかると思いますが、券売機からモバイルオーダーに徐々に変わっていくと思います。券売機自体が導入コストが高い上(メンテも)、故障もすることもあるし、釣り銭の準備も毎日しなければなりません。お客側からも後ろに他のお客が並ぶことで落ち着いて品定めが出来ないなどの声もあります。モバイルオーダーに比べてデメリットが多いのですね。モバイルオーダーはデータの収集にGPSを使ったマーケティング等のメリットがあります。券売機のメリットはキャッシュが使えるぐらいでしょうか。政府がキャッシュレス化を推進すればするほどモバイルオーダーに比べて券売機のメリットが薄れていきます。
 アメリカで起こっていることは日本では5年~10年後に起こると言われています。2030年にはスタジアムだけでなくラーメン屋もモバイルオーダーかな。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。