«
»

【Amazon Go】サンフランシスコ市内に3店舗目オープン!現金払いもカミングスーン?

800

■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーの新店が16日、サンフランシスコ市内にオープンした。11店舗目となるアマゾンゴーはサンフランシスコ市内では3ヶ所目となる。

アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、レジ待ち時間を無くすなど来店客の利便性を高める。

アマゾンゴー最新店はサンフランシスコの目抜き通りのマーケットストリート沿いで、バート(BART:Bay Area Rapid Transit:ベイエリア高速鉄道)のモンゴメリー駅近くにある40階建てのビルの1階(575 Market St, San Francisco, CA 94105)。隣にはドラッグストアチェーンのCVSがある。

約50坪となるアマゾンゴーは、ユニオンスクエア近くに昨年12月にオープンしたサンフランシスコ2号店(98 Post St, San Francisco, CA 94104)から徒歩で5分程度の距離だ。昨年10月にオープンしたサンフランシスコ1号店(300 California St, San Francisco, CA 94104)からも徒歩10分以内となっている。

報道によると営業は週6日。品揃えは「朝食、ランチ、ディナー、スナック(Breakfast, Lunch, Dinner, Snacks)」となる。今のところアマゾンゴー最新店はキャッシュレスだ。

 キャッシャーフリーとも呼ばれるアマゾンゴーはスマートフォンにダウンロードした専用アプリのQRコードで入店する。チェックインするとゲートが開いて入店できるのだ。あとは購入したい商品を手に取り店を出ていくだけの「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」となっている。

入店と同時に天井に設置されたカメラやセンサーによって利用者の行動が追跡される。棚にも重量センサーが装備され、商品を手に取る行動もトラッキングするようにもなっている。

店から持ち出した商品はアマゾン・アカウントにあるクレジットカードに自動的に課金される。カメラやセンサーで得たデータから商品の動きを把握し、人工知能(AI)のディープラーニングを駆使して正確に決済するのだ。

アマゾンゴーは無人ストアではない。日本のコンビニエンスストアよりも、むしろスタッフの多さが際立っている。ゲート前にはキャッシャーフリーに慣れないお客のためにスタッフが配置し、アルコール売り場には買い物客のIDをチェックするスタッフが常駐している。

1号店ではサンドウィッチやブリトーなどを調理するスタッフが10人以上もいるのだ。なお最短で数秒で買い物が終わるためピーク時には商品補充が追い付かないほどになっている。そのためレジなしコンビニエンスストアはキャッシャー用スタッフが不要の代わりに補充スタッフが余計に必要となるのだ。

 キャッシュレスのアマゾンゴーは現金決済を開始する。CNBCが報じたところによると、アマゾンの社内会議で役員がアマゾンゴーに支払い装置を導入する計画があることを語った。ペンシルベニア州フィラデルフィアなど、キャッシュレス型店舗を規制する都市への対処として明かにしたのだ。

CNBCがアマゾンの広報担当者に確認したところ、詳細は避けたものの現金決済可能な何らかの装置の導入を認めている。広報担当は追加する決済プロセスを「チェックアウト後にキャッシュ払いでお釣りを得る(you’ll check out, pay with cash, and then get your change)」と述べている。

 2か月近くにわたって「カミングスーン(Coming Soon)」となっていたアマゾンゴー11店舗目がオープンしたことで、現金払いシステムの導入も間近となる。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。クライアントと一緒に何度もアマゾンゴーに行って買い物をしていることで、後藤はレジなしコンビニにすっかり慣れてしまっていました。いまやアマゾンゴーは生活の一部になり、最初に感じた違和感や感動も薄れています。ただ、初めてアマゾンゴーに行く人たちにとっては、かなりのインパクトがあります。日本のメディアでもさんざん取り上げられていてアマゾンゴーを知らない流通関係者はいないと思います。が、それでも実際に買い物体験するとQRコードをかざして入店する以外は基本的に万引きと同じ行動になるので結構な衝撃を受けます。先日のシアトルでもクライアントに感想を求めると「アマゾンゴーでの買い物に最も感銘をうけた」と語っている方もいました。今後の課題はキャッシュ払いをどう受け付けるのかです。アマゾンキャッシュのように現金先払いとなるプリペイド方式か、通常の店のように商品をもった後に支払う方式なのか、どちらでしょうかね。
 でもプリペイドだと金額以上の商品をもって出たらどうなるのかが疑問です。後払いではセルフチェックアウトになるのでしょうかね。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。