«
»

韓国禁輸でWTO日本逆転敗訴に怒り心頭の産経、冷静過ぎる朝日

◆「釈然としない」判断

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、韓国が福島など8県産の水産物輸入を禁止している問題で、世界貿易機関(WTO)の最終審に当たる上級委員会は、禁輸を「不当」と見なした紛争処理小委員会(パネル、一審に相当)の判断を取り消し、日本の逆転敗訴とした。

 この判断に対して、各紙は17日までに在京7紙全てが社説を掲載した。その論調は「残念」「予想外」「すっきりしない」など、ほぼ共通した内容が多かったが、それでも違いが少なくなかった。

 13日付社説見出しで「何のためのWTOなのか」と怒り心頭なのが産経で、冒頭でも「到底、納得できない乱暴な判断である」と断じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。