«
»

米中貿易戦争で世界経済動揺

鈴木 淑夫

自国最優先政策が激突 1年間成長が足踏みした日本

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 このところ世界の株価が動揺している。ニューヨークのダウ平均株価は、昨年10月初めには2万7000㌦を窺(うかが)っていたが、その後徐々に値を下げ、特に12月に入ってからは急落して、年末には2万1000㌦台まで下げた。つれて10月初めには2万5000円台を窺っていた日本の平均株価も値を下げ、12月初めには2万2000円台、さらに年末には1万8000円台まで急落した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。