«
»

訪日外国人への「おもてなし」

浅野 和生

安全安心こそ最大の価値 歩きタバコへの対応も必須

平成国際大学教授 浅野 和生

 2020年の東京オリンピックには、世界中の人々が日本に集うことになる。東京オリンピック招致のため13年9月に国際オリンピック委員会(IOC)総会のプレゼンテーションで、滝川クリステルさんが「お・も・て・な・し」とやってから5年、いよいよ本番が近づいてきた。

 外国人の日本訪問数を飛躍的に増やそうという「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が開始されたのは小泉内閣の03年。この年の訪日外国人数は521万人。訪日外国人は順調に増加したが、リーマン・ショックがあり、10年までに1000万人という目標は達成されなかった。

 その後、11年に東日本大震災が起きると、訪日外国人数は前年比大幅減の622万人となった。しかし、2年後の13年に、初めて1000万人の大台に乗せると、昨年、18年には3119万人に達した。5年で3倍増である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。