■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【配達ロボット】フェデックスも実験!ラストワンマイルにロボットを導入する黎明期?

    ■物流サービス大手のフェデックスは27日、自動走行の配達ロボット「セイムデーボット(SameDay Bot)」を発表した。配達ロボットを開発しているスタートアップ企業やアマゾンなどと同様、「物流のラストマイル」へ実用化に向けたテストを開始する。

    電動立ち乗り二輪車のセグウェイを開発したデカ・リサーチ&デベロップメント(DEKA Reserach & Development)と共同で開発されたセイムデーボットは、電動車いすの「アイボット(iBOT)」に似ており、4つの車輪に二つの補助輪を付けた可動部を持つ。

    これによりフラットな歩道から急な傾斜、さらには段差のある場所や階段など、人が行ける場所なら基本的にどこでも移動できるようにデザインされている。

    車輪の上には前面と背面にディスプレイを設置した縦型のボックスがあり、トップには周囲の環境を把握できるように、光を用いたリモートセンシング技術のライダー(LiDAR)と複数のカメラを搭載している。

    セイムデーボットは人工知能(AI)アルゴリズムを利用し、障害物を検知して回避したり、目的地への安全な経路を判断したりすることができるという。

    最大100ポンド(約45キログラム)の荷物を運び、最大時速10マイル(時速16キロメートル)で移動することが可能となる。

    なお配達物の受け取りには人がいることが前提となっており、置き配は不可となっている。

    フェデックスでは提携する大手チェーンストアの顧客の6割が店から3マイル(約5キロメートル)内の場所に住んでいることから、セイムデーボットはローカルの配達に特化して活躍することができるとみている。

    パートナーシップを締結したチェーンにはウォルマートやターゲット、ウォルグリーンの他、ピザハットなどの外食チェーンも含まれている。

    セイムデーボットはフェデックス本社のあるテネシー州メンフィスで今夏からテストを開始する予定。

     配達ロボットはアマゾンがシアトル郊外でテストを行っている「アマゾン・スカウト(Amazon Scout)」やスタートアップ企業が大学のキャンパス内で実証試験を行っている。

    ロボット開発のスタートアップのスターシップテクノロジー(Starship Technologies)の宅配ロボットはヴァージニア州ジョージ・メイソン大学のキャンパス内でピザやコーヒーを配達。

    カリフォルニア州ストックトンのパシフィック大学キャンパスでは、ペプシコの菓子や飲み物を移動して販売するロボット「スナックボット(snackbot)」のサービスを行っている。

    カリフォルニア大学バークレー校でも昨年からキャンパス内でスタートアップ企業のキウイ(Kiwi)が開発した小型デリバリーロボットを稼働させている。

     大手チェーンストアによるラストワンマイルで自動走行車を使った事例では、ストップ&ショップの自動運転の無人・移動コンビニカー「ロボマート(Robomart)」やクローガーの自動運転車「R1」を使った当日宅配サービス、ウォルマートの自動運転車による配達サービスがある。

     年初からラストワンマイルにロボットのテストを行うというニュースが相次いでいる。どうやら今年は「ロボット配達元年」となりそうだ。

    トップ動画:物流サービス大手のフェデックスの配達ロボット「セイムデーボット(SameDay Bot)」のPR動画。4つの車輪に二つの補助輪を付けた可動部で段差のある場所や階段も進むことも可能だ。
    ⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。以前、「アメリカ小売業から学ぶべきものがなくなった」と言っていたチェーンストア経営者がいました。某大手家電量販店のトップが「アメリカ流通視察で何を学ぶのか?」と疑問を呈することを間接的に聞いたこともあります。当時から後藤は彼らが表面的にしかアメリカ小売業を見ていないと指摘していました。アメリカのチェーンストアを表面的だけ見ると、お客のことをお構いなしにおしゃべりに夢中になるスタッフやガムをかみながら接客するスタッフ、挨拶もろくにできないスタッフ等を目撃することがあります。売り場では欠品も多いし、店によっては整理整頓がろくにできてない上にかなり荒れていたりします。見るべき視点が幼いから、日本より劣ったところばかりが目に入ってくるわけです。そういえば当社コンサルティングで「日本の流通業はアメリカの5年~10年遅れている」と後藤が言ったことで、参加していた役員をひどく怒らせたこともありました。

    ⇒コンサルティング初日は、実情をよく分かっていないこともあり年配の役員などは「まぁ、見てやろうか」と上から目線だったりします。なかには初対面にも関わらず「(馴れ馴れしい口調で)後藤せんせぇ~、アメリカ流通業の進んでいるところを見せてくださいねぇ」と私を試すような口ぶりの方もいました。こういった若干高圧的だったり、微妙に見下すような参加者で共通するのは、以前に他の視察研修に参加して「アメリカ小売業は大したものではなかった」と感想を持っていることです。ただ、そういった「ちょい不遜な態度」は最初だけ。コンサルティングを進めていくと、彼らは腕を組み考え込んでいくのですね。見るべき視点を変えて学んでもらうので、最後には感激して感動するのです。アマゾンゴーのオープン以来、最近はこういった人も少なくなりました。今では「アメリカ小売業から学ぶべきものがなくなった」と言う人はいませんし、相次ぐロボット配達のテスト等、「アメリカ流通視察で何を学ぶのか?」という人はいなくなるでしょう。
     ここ数年間の「ストアアプリ胎動期」に「アプリ決済応用期」に「モバイルオーダー形成期」から、今年はラストワンマイルに自動走行車を導入する「ロボット配達黎明期」になりそうですね。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。