«
»

「笛吹けど踊らず」の印象強い18年10~12月期GDP日経、読売社説

◆昨年と同様の見出し

 今年10月には税率8%から10%への消費税増税を迎えるというのに、実に頼りない数字である。

 14日に公表された2018年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0・3%増、年率換算では1・4%増だった。2四半期ぶりのプラス成長となったが、昨年夏の自然災害で落ち込んだことの反動が出たとすれば、とてもいい数字とは言えない。

 国会では統計不正問題に絡み、野党議員から“アベノミクス偽装”の追及がかまびすしいが、GDPなどの実績からみれば、仮に偽装があったとしても、この程度であり、どれほどの意義があるのか頭を傾(かし)げたくなる。

 さて、このGDP統計に、社説で論評を掲載したのは、日経、読売、本紙の保守系3紙のみ。米中貿易摩擦が長期化し、世界経済が減速あるいは変調の兆しを見せている時期での重要な統計と思うのだが、少々寂しい限りである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。