«
»

平成経済30年史をひもとくエコノミスト、日本の生存戦略を探る東洋経済

◆拭えぬ将来への不安

 2012年12月に誕生した第2次安倍政権が打ち出したアベノミクスによる景気拡大が戦後最長を記録しつつある。これまで長期にわたる景気回復は“いざなみ景気(02年2月~08年2月)”の73カ月と言われてきたが、政府が1月29日に発表した1月の月例経済報告で「12年12月から始まった景気回復がいざなみ景気を越えて戦後最長の可能性がある」と指摘した。

 一方、多くのメディアは今回の景気回復に対しては、「国民の間には実感がない」と消極的な評価を下す。ただ、旧民主党政権時代に比べれば経済成長、賃金、雇用の面で明らかに好転しており、野党が言うような「アベノミクスそのものが失敗」ということは当たらない。もっとも、日本経済の先行きを見通せば明るい未来が待っているか、と言われれば、そうとも言い切れない側面があるのも事実なのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。