■連載一覧
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 2019/1/23
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【クローガー】スーパー最大手のトップがテクノロジーとデジタルは店舗経営で必須!?

    800

    ■スーパーマーケットチェーン最大手クローガーのCEOロドニー・マクマレン氏が13日、全米小売業協会(NRF)のイベントで小売りの未来についてシェアした。ニューヨークで開催された「NRF2019ビッグショー(NRF2019 RETAIL’S BIG SHOW)」に登壇したマクマレン氏はリアル店舗は無くならないもののデジタル(Eコマース)とフィジカル(リアル店舗)が共存していることを話し「テクノロジーとデジタルは現在の小売りでは、既になくてはならないものになっている」と説明。

    15日に発表された同社のプレスリリースによると顧客はEコマース対リアル店舗と深く考えず、自分のショッピングニーズに合うよう両者を使い分けると解説した。マクマレン氏はまたリアル店舗や宅配、ピックアップ・サービスなど買い物の仕方が変化する顧客に向けてエコシステムを導入していることを強調した。

    さらに小売りは顧客に販売するばかりではなく、ごみを出さない等、ミッションをベースにコミュニティから地球規模で問題解決を持つ必要性も唱えた。

     顧客の買い物の変化でクローガーはIT投資を加速している。

    マイクロソフトと提携してデジタル・シェルフ・テクノロジーのテストでは顧客がスピーディに買い物しやすいようにアップデートしている。商品棚のプライスカードを付けるレールがデジタル・スクリーンになっていることで商品価格の変更から、商品情報や栄養価の表示、販促にも使えるようになっているのだ。

    また顧客が買い物リストを作成しておくことで、買い物リストにある商品に近づくとデジタル・ディプレイのプライスカードがあらかじめ指定しておいた絵文字に変わり、迷うことなく目当ての商品をスキャンできることで素早い買い物を可能にする。

    買い物をしながら商品をそのままエコバッグに詰め込み、商品の合計金額の確認も常に可能だ。スキャニング端末だけでなく、クローガー・アプリ「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」でもスマートフォンにダウンロードして使用できるようになっている。

     クローガーはスタートアップ企業「ニューロ(Nuro)」と提携して自動運転車による当日宅配サービスの実証テストを行っている。

    クローガー傘下のスーパーマーケット、フライズフードで始まったテスト運用では2台の完全無人運転車「R1」を使用し、店内でピッカーがピッキングした注文品をR1に詰め込んで利用者宅まで自動で運ぶのだ。

    利用者宅の近くに到着すると通知が行き、利用者はコード番号を入力してドアを開け、注文品を受け取ることになる。

    クローガーは昨年5月、イギリスのネット専業スーパー最大手のオカド・グループと提携した。オカドのロボット物流システムをクローガーのロジスティクスに導入し、ネットスーパーの効率化を図る。クローガーはオカドの「オカド・スマート・プラットフォーム」の一部を導入すると見られている。

    同技術はオンライン注文や決済、ピッキングからシッピングなどの配送管理などを含んでいる。オカドとの提携によりクローガーはロボットを導入したフルフィルメントセンター(ネット注文対応の物流倉庫)をオハイオ州モンローに建設するほか、今後3年でアメリカ国内に店内(もしくはスーパーの近く)に20ヵ所まで増やす計画だ。

     またクローガーは本社のあるオハイオ州シンシナティにITを専門にした部所「デジタルヘッドクォーター(Digital Headquarter)」を設立。シンシナティ・ダウンタウンにある本社から徒歩で15分の距離にあるデジタル部門には本社のIT専門家600人を異動、さらに採用を増やし向こう3年で1,000人態勢を築くという。

     クローガーでは変化を受け入れるだけでなく、ITに投資することで成長モデルに変化させているのだ。

    トップ画像:クローガー傘下QFCのスキャン、バッグ、ゴーの端末。
    ⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤は先日、コンサルタントにコンサルティングを行う機会がありました。コンサルタントからITを受け入れられない(危機感がなく、現状維持で満足する食品スーパー等の小売り)クライアントについての話を聞きました。なんとか自分たちのクライアントを変えたいとの切実な悩みでした。冷たく聞こえますが、英語のことわざ「馬を水際まで連れて行くことは出来るが、水を飲ませることは出来ない(You can lead a horse to water,but you can’t make him drink.)」にある通りで「チャンスを与えることはできますが、それを生かすのは本人次第」と回答しました。変化を望まない人を他人がたきつけても意味はありません。これは私の経験則です。これまで口先だけのリーダーたちを本当に多く見てきましたから。人は居心地のいい場所にいるのが好きなのです。残念ながらオムニチャネル、AI、IoT、ITなど古い人ほど新しいものには否定的で臆病です。

    ⇒ディスっているわけではなく、これにはチャンスがあるということなんですね。時代を制する人は必ず時代を先に読んでいます。例えば日本から食品スーパーの視察でやってくる人たちの大半は売り場しかみません。クローガーや地域のスーパーの陳列やディスプレイを見て「素晴らしい!」とやっているわけです。見たいようにしか見ないと、そこにあるものも見えてきません。アメリカ小売業がすさまじく投資して開発しているストアアプリも完全にスルーです。居心地の良いゾーンにいると成長しませんし、過去の成功体験で思い込みが蔓延し情報不足に陥っているとは思えないのです。クローガーCEOのロドニー・マクマレン氏が語った「テクノロジーとデジタルは現在の小売りでは、既になくてはならないものになっている」の言葉も響きません。これが業界の9割。寝た子は起こさない。だからトップ1割を切る中に入っている当社のクライアントは儲けられるのです。みんな、暖かい布団からは出たくはありません。この「みんな」が怖い。
     かのコンサルタントには自分のクライアントに「IT&オムニチャネル・ワークショップで学んだこと、感動したこと、ショックだったことを話してあげて下さい」とアドバイスしました。これで動こうとしなければ何をやっても無駄です。彼らが動くのは「みんな」が動きだしてからです。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。