«
»

経済学上の常識無視する米中

鈴木 淑夫

保護主義が世界に悪影響 日銀は金利体系の修正を急げ

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 第2次大戦後70余年間、世界経済発展の指導理念であった自由貿易主義と、米国のトランプ大統領が打ち出した自国最優先の保護貿易主義が衝突している。米国は環太平洋連携協定(TPP)を離脱し、各国と個別に貿易協定を結ぼうとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。