ワシントン・タイムズ・ジャパン

【イケア】ネットで注文して店でピックアップに販促!消費者に業種業態の垣根はない?

800

■世界最大手の家具チェーンのイケアは現在、ネットで注文してお店でピックアップするボピスの「クリック&コレクト(Click & Collect)」サービスでキャンペーンを行っている。クリック&コレクト・サービスを利用して買い物すれば、次回の買い物で5ドル引きとなるギフトカードを進呈しているのだ。

イケアでは数年前から始めたストアピックアップサービスは手数料が5ドル。

商品ページにあるクリック&コレクトでプルダウンメニューから最寄りの店舗を選択し、ピックアップ時間を選択して決済する。ピックアップの用意ができるとメールやメッセージで通知が届く。お店では出口近くにあるピックアップ窓口のクリック&コレクトのコーナーで、メール通知の確認書と身分証明書を提示して注文品を受け取る。

ピックアップ時間から24時間以上が過ぎてもピックアップされない場合、注文はキャンセルされ手数料を含んだ金額が返金される。

イケアではネット注文による宅配サービスもある。IKEA-USA・COMネット注文宅配サービスの手数料は一律9ドル。ソファなど家具でも大型商品の宅配サービス料は倉庫からの距離によって異なり、39ドル~となっている。

ネット注文以外では、お店にある商品でトラックでの配送が必要な場合は手数料が59ドル~。お客に代わってスタッフが店にある注文品をそろえて宅配するサービスでは手数料が89ドル~となっている。

なおイケアではネットで注文して店の前で受け取るカーブサイド・ピックアップ・サービスは行っていない。

 イケアは今春にもニューヨーク・マンハッタンにオムニチャネルで最適化を図った小型フォーマットをオープンする。

広さ17,530平方フィート(490坪)となる「イケア・プランニング・スタジオ(IKEA Planning Studio)」は3番街沿いのイースト59thストリートとイースト60thストリートとなるアッパーイーストサイド(999 Third Avenue, NY, NY 10022)にオープンする。

郊外立地で8,000坪以上となるイケアの16分の1以下のサイズとなるイケア・プランニング・スタジオの詳細は明らかにされていないものの、イケアの主力ターゲットとするニューファミリー層ではなく、若い人向けに都市部でのライフスタイル・ニーズに対応した店舗となる。

重量のある家具を車で持ち帰る従来型のイケアと異なり、キャリーアウトを少なくしたデリバリー中心の店舗となる。

イケアは2017年9月、便利屋などの紹介サービスのタスクラビット(TaskRabbit)を買収しており、組み立て式家具を顧客に代わって組み立てる人を紹介するサービスも同小型店で展開する。またイケア・プランニング・スタジオは500坪弱とスケールダウンした店舗であることから、レストランなど飲食スペースは店内から省かれる。

プレスリリースではイケア・プランニング・スタジオが、ブルックリンやロングアイランド、ニュージャージー州パラマス等にあるイケアの補完店との位置づけとしている。

 イケアは昨年11月、広報や人事など事務職を中心に7,500人をリストラすることを発表。同時にニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなど主要都市に30店を新規出店し、デリバリーやITに投資しながら今後2年間で1万1,500人分の雇用を生み出す計画を明かしている。

トップ画像:イケアHPのスクリーンショット。ネットで注文してお店でピックアップするボピスの「クリック&コレクト(Click & Collect)」サービス利用で5ドル引きとなるギフトカードを進呈している。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。大型家具や白物家電などネットでは買えない商品を扱う流通業はオムニチャネル対応が遅れ気味です。「お店に来て実物を見て触って確認しないと買えないような製品を扱っているから」と胡坐をかいてオムニチャネル化を静観視しているとひどい目にあうのが今のアメリカ小売業です。アマゾン創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏は「私たちはモノを売ってもうけているのではなく、お客様の購買決定を助けることで儲けているのです」と語っています。ネットでは買えない商品を扱っていても、お客の購買決定を助けることを最大限行っていなければなりません。その一つがカスタマーレビューやハウツー(文章や画像、動画)などのコンテンツだったりします。店に来て確認してもその場で購入しない優柔不断なお客もたくさんいます。ネット注文できお店でピックアップのクリック&コレクト、店の前で受け取るカーブサイド・ピックアップにデリバリーのオプションを揃えておく必要もあるのです。
 イケアも近いうちにカーブサイド・ピックアップを始めます。業種業態を持ち出し「ウチは食品スーパーじゃないんですよ」はこれからの顧客に通用しません。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。