«
»

【AMAZON GO】和室6畳4部屋分の超小型店!JR駅のKIOSKにオフィスグリコも消える?

800

■レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーは12日、シアトル市内に超小型の8店舗目をオープンした。3,000店展開や空港ターミナル内への出店が現実を帯びてきた。

アマゾンゴーは、人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品などを買うことができる革新的な店舗。レジなしで決済できることでレジがなく、キャッシャーフリーとも呼ばれている。

これまでで最小となる450平方フィート(13坪)のアマゾンゴーはアマゾンゴー1号店に近いメイシーズが入ったビルの6階(300 Pine St, 6th floor, Seattle, WA 98101)にある。6畳の和室4部屋分の広さとなるアマゾンゴーは、同ビル内で働く人など関係者のみのアクセスとなっている。

営業時間もこれまでで最短となる平日の午前7時~午後6時までの11時間のみ。土日は休みとなっている。扱い商品も朝食・昼食用のサンドウィッチなどのプリペアドフードにスナック類、飲み物と極めて限定されているのだ。

アマゾンゴーのバイスプレジデントのジャナ・ブリーニはロイターからのインタビューで超小型となるアマゾンゴーはオフィスや病院など人が多く集まるところへの出店を示唆している。

 アマゾンゴーはスマートフォンにダウンロードした専用アプリのQRコードで入店する。チェックインするとゲートが開いて入店できる。あとは購入したい商品を手に取り店を出ていくだけの「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」なのだ。

店から持ち出した商品はアマゾン・アカウントにあるクレジットカードに自動的に課金される。カメラやセンサーで人と商品の動きを把握し、人工知能(AI)も駆使して正確に決済する。

一方、アマゾンゴーは無人ストアではない。日本のコンビニエンスストアよりも、むしろスタッフの多さが際立っている。ゲート前にはキャッシャーフリーに慣れないお客のためにスタッフが配置し、アルコール売り場には買い物客のIDをチェックするスタッフが常駐している。1号店ではサンドウィッチやブリトーなどを調理するスタッフが10人以上もいるのだ。

最短で数秒で買い物が終わるためピーク時には商品補充が追い付かないほどになっている。そのためレジなしコンビニエンスストアはキャッシャー用スタッフが不要の代わりに補充スタッフが余計に必要となるのだ。

 ニュースサイトのブルームバーグは9月、アマゾンゴーが数年で3,000店舗展開になると報じた。内部の情報筋からの話として、アマゾンは今年末までにアマゾンゴーを10ヵ所オープンし、2019年末に大都市圏を中心に50ヵ所を展開、2021年までには3,000店舗の展開を計画しているのだ。

最近ではウォール・ストリート・ジャーナル紙が情報筋の話として、アマゾンゴーが大型店をテストすることを報じている。一方、ロイターは先週、公文書や関係筋の話として空港ターミナルにオープンする可能性があることを伝えた。

 10坪前後の店舗なら空港内や駅ターミナル内の他、オフィスビルや病院、大学キャンパス等に数年で3桁出店は可能だろう。日本でも同様な出店がされればJR駅構内のKioskにとってかわることになるかもしれない。

トップ画像:シアトル市内のメイシーズのあるビルの6階にオープンしたアマゾンゴー。同ビル内で働く人など関係者のみのアクセスに限定されている。これまでで最小となる450平方フィート(13坪)のアマゾンゴーは入り口用と出口用のゲートが1つづつしかない。扱い商品も朝食・昼食用のサンドウィッチなどのプリペアドフード(ミールキットも手前に見える)にスナック類、飲み物と極めて限定されている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。昨夜遅くフィールドリサーチから戻ってきました。今回はダラスとオースティン。サムズクラブ・ナウにウォルマートのオートメーション化されたグローサリーピックアップ、さらにセブンイレブンやHEBのモバイルチェックアウトまで流通ITを調査してきました。世界最先端のITに興奮気味も、リサーチ以外はずっと運転するため疲労困憊。時間ぎりぎりまで調査してレンタカーを戻し、空港内でのもぐもぐタイムでした。ダラス・フォートワース国際空港のターミナルは広く(できるだけ歩きたくない!)、搭乗まで時間がないので夕食も限られるのですよ。空港ターミナルに「そこいらじゅうにアマゾンゴーがあればなぁ」と思いましたね。で、エントリー記事にある今朝のニュースで、アマゾンゴー空港ターミナル出店はそんなに遠くないなと。アマゾンゴーの数年で3,000店展開は懐疑的ですが、6畳の和室4部屋分なら3桁程度の多店舗出店は可能です。

 オフィスビル出店でオフィス向け置き菓子「オフィスグリコ」もなくなるかもしれませんね。IT店の拡大でKioskと熟練おばちゃんが消えるのは寂しいなぁ~。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。