■連載一覧
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【移動式スーパーマーケット&コンビニ】自動運転車のロボマートが実証テストを開始!

    ■自動運転の無人・移動スーパーマーケットの「ロボマート(Robomart)」が今秋にも実証実験を始める。今年1月に開催された世界最大級の技術見本市となる「CES(Consumer Technology Association)」で披露されたロボマートはオンデマンド&セルフ・ドライビングカーだ。

    ワンボックスのような流線形を帯びた車両の側面には、食品スーパーでディスプレイされているようにプロデュース・ラックが並んでおり、野菜や果物も陳列できるように冷蔵システム(保温システム)が搭載されている。

    ロボマート6台を使って、カリフォルニア州のサンタクララ地区に野菜や果物、菓子類のテスト販売を始める。

    ロボマート創業者のアリ・アーメド氏によると、利用者はあらかじめロボマートの専用アプリをダウンロードし、支払い情報などを登録しておく。利用の仕方は、ウーバー・アプリのように、近くで走行している(もしくは停まっている)ロボマートの手配から始める。ロボマートが到着すると利用者は、アプリを操作してロボマートのドアを開け、野菜や果物をピックする。支払いはキャッシャーレスとなっており、グラブ&ゴー技術(特許出願中)により自動的に利用者に課金するとしている。

    温度管理されている陳列スペースは70立法フィート(2立方メートル)で50~100品目を置ける。電気自動車(EV)のロボマートは連続走行距離が80マイル(約130キロメートル)で最大スピードは時速25マイル(時速40キロ)となっている。

    なおテスト期間中、ロボマートは自律走行はさけ、遠隔操作で行うという。

     自動運転車ではスーパーマーケットチェーン最大手のクローガーが宅配で実験を行う。スタートアップのニューロ(Nuro)と提携した宅配サービスは、ニューロが開発した自動運転車「R1」を、クローガーのカーブサイド・ピックアップ・サービス「クリックリスト(Clicklist)」と利用した宅配となる。R1は通常の車両と比べて細くコンパクトであり、トースターに車輪をつけたような形となっている。上部にあるカメラやレーダーなど様々なセンサーが機能しており、オートパイロットで動く。

    利用の仕方はクローガー・アプリから生鮮品などを注文する。店内で専任スタッフがピッキングした注文品をR1に詰め込み、利用者宅にまで自動で運ぶのだ。R1が目的地に到着すると近くの車道で路肩に寄って停車する。到着の知らせを受けた利用者はアプリ経由でコード番号を入力するか、もしくは顔認証など生体認証といった検証システムでR1のサイドにある跳ね上げ式ドアを開け注文品を受け取ることになる。

    クローガーはR1を使ったテストを今秋にも始める予定だ。場所は明らかにされていないがカリフォルニアかアリゾナと見られている。

     ロボマートが移動式スーパーマーケット(もしくは移動式コンビニエンスストア)なら、R1はスーパーマーケットの注文品を利用者宅に運ぶ宅配車だ。

     今年3月には自動運転車による事故(事故発生時、運転席にいたスタッフが携帯電話でテレビ番組を視聴していた)が起き、自動運転車の安全性で再びクローズアップされている。遠隔操作でも決して安全とはいいがたく、実用までにはまだ時間がかかるとみられている。

    トップ動画:ロボマートのPRイメージ動画。日本でもロボマートが実現するなら、過疎地域や山間部などフードデザートに住む「買い物弱者」を救うことになるだろう。

    ⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。西日本を襲った記録的豪雨により、各地で土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、大きな被害がでています。相次ぐ避難指示や大雨特別警報の発令により、小学校や公民館などで避難生活を強いられる被災者も少なくないと聞きます。避難生活が長引いている被災者支援には、必要な物資を必要なタイミングで届けることが重要だと思います。それには自動運転もしくは遠隔操作による移動式スーパー(もしくはコンビニ)が適切だろうと思います。つまり全体をオーガナイズできる国の支援があることが前提だということ。自動運転車を使ったスーパーからの宅配や移動式スーパーは安全面が保証されても商用化に時間がかかると思います。避難生活者を含め、フードデザート化した地区や過疎化が進んだ僻地などを中心に移動式スーパーの活躍が予想できます。自動運転車による移動式スーパーなど必ずしも高い開発投資の割にリターンはそれほど多くはないのではと...

     したがって国の補助なりそういったバックアップでやらないとサステナブルにはならないと思うのですが。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。