■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【アマゾン】目覚まし時計型エコースポットが日本でも発売!ある意味、トロイの木馬?

    600

    ■アマゾンジャパンは6月20日、スマートスピーカー「アマゾンエコー(Amazon Echo)」シリーズの最新機種「アマゾン・エコースポット(Amazon Echo Spot)」を、日本国内で販売すると発表した。価格は1万4,980円。すでに先行予約を受け付けており、7月26日に出荷を開始する。

    アメリカで昨年12月20日に発売されたエコースポットは、ディスプレイを搭載し、目覚まし時計のような形状となっているスマートスピーカーだ。2.5インチ(直径6cm)の丸形のスクリーンに時計(アナログもしくはデジタルなど様々な種類がある)や天気、注文通知、ニュースなどがスライド形式で表示されるようになっている。

    他のエコーと同様に、話しかけることで音楽再生やニュース、タイマーやアラームのセット、スケジュールの読み上げなどを行うことができる。また、スクリーン上にはフロントカメラを搭載しており、動体検知(モーションディテクション)機能に使用できるほか、カメラを生かしたビデオ通話などのコミュニケーション機能も提供するとしている。

     エコースポットはスマートスピーカーにスクリーンが搭載されたことでさまざまなコンテンツを視覚的に利用が可能となった。例えばアレクサに今日の天気を訊ねると、従来の音声情報にスクリーン上でも天気予報を表示する。また、ToDoリストや検索結果の表示も可能だ。商品検索をすれば、そのまま注文することもできるし、キャンセルも可能だ。

     アメリカのエコースポットの場合、商品検索すれば検索結果に商品が表示され、商品名も読み上げられる。また自動的に次の商品も表示して同じように商品名を読み上げていく仕組みとなっている。1度に読み上げられるのは3品となっており、さらに商品を表示させるには「アレクサ、もっと(Alexa, more!)」との音声コマンドが必要となる。

    商品の詳細は「アクレサ、詳細(Alexa, detail)」と指示することで見れるが、ここでも商品情報は読み上げられるのだ。音声注文は「注文して(Order this)」ですぐに注文となる。注文が確定するとエコースポットではチェックマークの画面となる。注文履歴は閲覧ができない仕様となっている。

     エコースポットはディスプレイがあることで他のエコーよりも商品注文はしやすい。アレクサがスキルをあげていけばより正確に且つ簡単に音声注文が可能となるだろう。

    トップ画像:エコースポットに「アレクサ、ラーメンを検索!」で、チャルメラが表示された。三河屋サブちゃんに注文するように「いつものアレをお願い」でラーメンやお酒、ビール、醤油などが簡単に注文できる時代となる。

    ⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。目覚まし時計型のスマートスピーカーのエコースポットは日本で売れます。必ずヒットします。後藤もエコースポットは特に気に入っていて出張でも持参しています。仕事ではオムニチャネル・ワークショップ(商品注文のデモンストレーション)に使っていますし、コンサルティングに集中しすぎないようタイマーもセットしています。個人的には深夜の音楽再生に重宝しています。ジャズやポップスなど、昔よく聞いていた音楽をアマゾン・ミュージックのプレイリストにしておき、深夜に目が覚めたときにかけるのです。神経が張り詰めた出張中は深夜に考え事で眠れなくなることがあります。慣れないホテル生活でもビリージョエルなど馴染みの曲をかけて聞いているとスッと眠りに落ちるのです。残念な点は音楽に達郎、詠一、陽水、拓郎など日本のアーティストがないところ。自分が所有している音楽をエコーで聞けるようになれば、もっと使い勝手が向上します。

    600

    シアトル郊外にあるアマゾンのスマートホーム。ベッドルームにはエコースポットが置かれ、「アレクサ、おはよう(Alexa, good morning)」と言えば、シェード(カーテン)が上がり、照明が点灯、プライム・ミュージックでBGMが流れる中、今日の天気を知らせ、現在の交通状況から通勤時間をアップデートしてくれる。「アレクサ、おやすみ(Alexa, good night)」と音声で指示すれば、消灯してBGMが消え玄関のドアに鍵がかかるのだ。寝る前に「アレクサ、ビールお願い」と銘柄を指定しなくても再注文が可能だ。冷蔵庫のビールが切れかけても、翌日にはビールが届く。

    ⇒もう一つの改善点は容易に時間を変えられないところです。ロサンゼルスとニューヨークには時差があります。スマートフォンのように使っている場所の時間に、エコーが自動に合わせてくれれば、ニューヨークなどの東部出張でも使いやすくなります。日本国内では時差がないのでその点はいいのでしょうが...ところでエコースポットのホーム画面では、時計のデザインをスッキリしたものを選んでいます。様々な時計のデザインが用意されていて自由に選択できるので、インテリアとして違和感がありません。おしゃれな置き時計として使えるからこそ日本でも売れるのです。音声で動かすスマートスピーカーはスマートフォンのような「ガッツリ使用」ではなく「ながら使用」です。寝ながら、仕事しながら、料理しながら、テレビ見ながら使えるからこそ便利なんですね。しかも年々、スキルを上げていくことができます。文章を全部言わなくても片言でも指示できるようになる点も見逃せません。

    600

    アメリカのエコースポットの場合、注文が確定するとチェックマークの画面となる。これもかわいい仕様だ。日本の「アマゾン・エコースポット(Amazon Echo Spot)」の商品ページにある動画を見ると、商品注文に全く言及していない。エコーの普及が皆が進み使いこなせるようになったとき、醤油や酒などの商品注文をさせるのだ。アマゾンによるトロイの木馬戦略となる。

    ⇒当ブログではエコー経由の注文をサザエさんに登場するキャラクター、三河屋サブちゃんに喩えています。サザエさんでは「チワー、三河屋です!」と磯野家の勝手口から入り、「ちょうど良かった。お醤油が切れかけているのよ」などとサザエさんやフネからの注文を受けます。エコーがサブちゃんの役割を担うのです。ディスプレイを搭載したエコースポットは、お醤油の注文でも「注文履歴からこれですね」と商品画像を表示して確認も簡単になります。ビールやお酒の注文でも銘柄を指定する必要がありません。スキルを上げていくので、いずれ「いつものアレをお願い」で注文できるかもしれません。三河屋やサブちゃんに限らず、小売店経営にとって恐ろしい時代です。エコーがトロイの木馬のようになるのです。エコースポットがキッチンに置かれる時、時計やタイマーとして使われ、音楽を鳴らし、ニュースやレシピ動画を見せ、(2台以上あれば)子供部屋にいる子供に夕飯ができたことを呼びかけることもできる上、簡単に商品注文もできるのです。

     小売業界に携わる方はエコースポットをまずは買って使ってみてください。消費者の買い物の仕方が変わる「地殻変動」は、体験しないことには理解できません。


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。