«
»

黒田日銀総裁再任で2期目5年間の課題・責任に言及した各紙社説

◆産経など続投を評価

 読売「日銀緩和に問われる柔軟姿勢」、朝日「『次の5年」国会で語れ」、毎日「代えられない政府の事情」、産経「路線継続の成果問われる」、日経「再任後の黒田日銀総裁が背負う重い課題」、東京「問題を先送りするだけだ」――。

 4月8日に任期切れとなる日銀の黒田東彦総裁について、政府が再任の人事案を国会に提出したのを受けての各紙17日付社説の見出しである。

 列挙した通り、黒田氏再任に明確に反対したのは東京だけ。他は産経が「景気回復を成果としたい政権にとって無難な判断」とし、日経が「異例の金融緩和を始めた黒田氏にその仕上げと出口も託すという意味では妥当な選択」とした以外は、読売も朝日、毎日も評価の判断はなかった。

 毎日は「現状維持の人事」とみて、評価というより「代えられない政府の事情」を分析し、読売と日経は、日経社説見出しの通り、再任後の黒田総裁が抱える課題について語るものとなっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。