■連載一覧
  • フィンランド100年の児童支援 「ネウボラ」の現場
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 2018/9/18
  • 2018/8/20
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    【HEB】アマゾンゴーに対抗でHEBゴー!芦田愛菜が母親になる頃の食品スーパー?

    500

    ■テキサス州などに400店舗近くスーパーを展開するHEBはアプリを通じてレジに並ばず買い物の代金を決済するサービスを試験実施している。レジなしコンビニのアマゾンゴーや同種のサービスで先行する競合スーパーのクローガーやウォルマートに追随する。「HEBゴー(HEB Go)」と名付けられたセルフ・モバイル・チェックアウト・サービスは、ウォルマートの「スキャン&ゴー(Scan & Go)」と同様、スマートフォンにダウンロードした専用アプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。決済はアプリに登録しておいたクレジットカードやデビットカードで行う。アプリと店のレジと同期することでレジでの支払い(現金等)も可能となる。HEBゴーはサンアントニオ地区にあるサウス・フローレス・マーケット店(516 S FLORES STREET SAN ANTONIO, TX 78204-1217)とディ・ザバラ店(12777 IH 10 WEST SAN ANTONIO, TX 78230-1014)の2店のみのテスト展開となっている。今のところテスト展開の拡大の予定はないという。

     レジに並ばずに決済するシステムでは外食チェーンがモバイルオーダー等でおこなっており、大手スーパーなどのチェーンストアが一部で始めている。ウォルマートは2016年11月、傘下のサムズクラブ全店でスキャン&ゴーを開始。ウォルマートはアプリのスキャン&ゴーと店内端末の「ハンドヘルド・スキャン&ゴー(Handheld Scan & Go)」をスーパーセンターなど100店舗で拡大中だ。ハンドヘルド・スキャン&ゴーでは、会計時にレジにあるバーコードを読み込み、端末とレジを同期させてキャッシュもしくはクレジットカード、ウォルマート・ペイ等で支払う。一方、全米最大手スーパーマーケットチェーンのクローガーもセルフスキャニング決済「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」を拡大している。スキャン、バッグ、ゴー(SBG)はウォルマートのハンドヘルド・スキャン&ゴーと同じく、店内にあるスキャニング端末で商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。

     レジなしコンビニのアマゾンゴーが先月、一般公開して以来、自動決済アプリ等でレジ待ちを失くす店内ITの導入が加速している。HEBのような地方のスーパーでさえ、IT導入を積極的に行わなければ競争に勝てない時代になってきているのだ。

    トップ画像:セルフ・モバイル・チェックアウトのHEBゴー。HEBゴーはスマートフォンにダウンロードした専用アプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステムだ。
    ⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤のコンサルティングについてクライアントからよく「分かりやすい」と言われます。コンサルティング・セミナーでは事例から「どうして?なぜ?(Why So?)」「だからどうなる?だから何?(So What?)」と体系的に解き明かしたうえで知見を述べ、さらに「では我々はどうすべき?(Now What?)」と提言します。極めてロジックに筋道立てて話をしているから分かりやすいのです。そして喩えを使った表現を用いていることも理解しやすくしています。例えば、これから日本で起こる変化の難しさを「阪神ファンから巨人ファンになること」(またはその逆)と喩えています。感情的なレベルではとても受け入れられないほどの変化をお店は行わなければならないのです。身内や周囲からも反対されるぐらいの難しいレベルの変化です。社内には反対勢力でできるほどの大きなパラダイムシフトになります。昨日まで一緒に飲んでいた仲間から「裏切り者」と罵られるレベルの変化です。

    ⇒後藤の話が理解しやすいもう一つの理由に、想像してもらうということがあります。お店に来ている今のお客さんでは将来が見えません。だから有名人を出して想像してもらうのです。当ブログでもよく登場するのが、にこるんとみちょぱです。後藤が個人的に彼女らに興味をもっているのではなく、次世代の消費者を想像してもらうために、ティーンのにこるんとみちょぱを使っているのです。彼女たちが母親になって子供を持つ頃です。セピア色の写真に写る「赤ちゃんを、紐で背負って、でんでん太鼓」の母親ではありません。三丁目の夕日にでてきたような主婦ではありません。サザエさんでもありません。スマホやIoTを駆使し、インスタ映えを基準にしながら生活に「カワイイ」を持ち込む女性です。一方、子供が食べる食材などの情報にはうるさい人たちです。にこるんやみちょぱが母親になる頃、彼女たちは今の主婦と同じことを行うのかを想像してもらうとトラッキーからジャビットに変えることもいとわなくなります。

     HEBゴーが全店で展開される頃、芦田愛菜さんは高校生ぐらいでしょうか。彼女が母親になる頃、日本のスーパーマーケットはどうなっていますかね?


    「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
    http://blog.livedoor.jp/usretail/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。