«
»

金融政策の先行きを読め

鈴木 淑夫

19年以降に景気後退も FRBの小刻み利上げに学べ

鈴木政経フォーラム代表 経済学博士 鈴木 淑夫

 世界経済が順調に拡大している。米国では、既に5回政策金利を引き上げたが、今年の3月に6回目の引き上げを実施し、さらに本年中にあと2~3回引き上げるのではないかと見られている。このため短期金利の先高期待が強まり、2月に入って雇用統計の予想を上回る好転をきっかけに長期金利が上昇し、昨秋から年明けにかけて高騰してきた株価が急反落した。つれて日本を含む世界の株価も大幅に下落したが、日米の株価は基本的には企業業績の好転に支えられているので、早過ぎた上昇の反動が一巡すれば混乱は次第に収まり、実体経済への影響は少ないと見られる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。