ワシントン・タイムズ・ジャパン

【イータリー】最大の広さを誇るイータリーLAオープン!ハリウッドセレブの御用達?

イータリーLAは11月3日、ウエストフィールド・センチュリーシティ・ショッピングセンターにオープンした。4日の午前中に訪れたが入店規制されており、入店までに30分程度かかった。

イータリーLAは11月3日、ウエストフィールド・センチュリーシティ・ショッピングセンターにオープンした。4日の午前中に訪れたが入店規制されており、入店までに30分程度かかった。

 ■イタリア食材を楽しめるレストランとマーケットのイータリーが3日、ロサンゼルス近郊にオープンした。西海岸では初となるイータリーLA店(Eataly LA)は、ロサンゼルス副都心センチュリーシティの「ウエストフィールド・ショッピングセンター(Westfield Shopping Center)」の2階にオープンした。全米最大となる2,000坪近くのイータリーLAは3層になっており、モールの2階にあるメインエントランスの位置にはコーヒーやエスプレッソのラバッツァカフェにジェラートやイタリアのペストリー菓子カンノーロ、揚げパン菓子のボンボローニを売るショップがある。

 同レベルには本場イタリア料理を教える料理教室の「ラ・スクオーラ(La Scuola)」もあり、予約制で11月21日からラザニアやパスタの作り方など1科目50ドル~200ドルのクラスを開催する予定となっている。螺旋階段を上がった3階がメインフロアになり、イタリアンペストリーのケーキ屋や精肉コーナー、シーフードカウンター、青果コーナー、ワイン、日用品などのマーケットにピザやパスタ等のイタリアンレストランが連なっている。
 レストランはカウンター席などのイタリアン・ストリート風のファストカジュアルから屋外のテラス席をもつフルサービス、さらにメインフロアから螺旋階段をあがった屋外レストラン「テラ(Tera)」まで4つのレストランをもつ。イータリーLA店のシーティング・キャパシティは600近くにも上っている。

 イータリーは2010年、ニューヨーク・マンハッタンのフラットアイロン地区に1号店(1,400坪)がオープン。2013年にはシカゴ市内にアメリカ2号店(1,800坪)がオープンしている。アメリカ3号店(ニューヨーク2号店)目は2016年8月、ウエストフィールド・4ワールドトレードセンターの3階に1,300坪でオープンしており、同年11月にはボストンに4号店目(1,300坪)をオープンしている。5号店目のイータリーLAに6号店目は来年末にラスベガスにオープン予定だ。
 今日は全米で最大で屋外席を持つイータリーLAの画像をシェアする。

モールの2階にあるメインエントランスの位置にはコーヒーやエスプレッソのラバッツァカフェにジェラートやイタリアのペストリー菓子カンノーロ、揚げパン菓子のボンボローニを売るショップがある。このショップの左側には料理教室がある。

モールの2階にあるメインエントランスの位置にはコーヒーやエスプレッソのラバッツァカフェにジェラートやイタリアのペストリー菓子カンノーロ、揚げパン菓子のボンボローニを売るショップがある。このショップの左側には料理教室がある。

e7607314-s

529a4dc0-s

メインフロアにある精肉コーナー、シーフードカウンター、青果コーナー、ワイン、日用品などのマーケット。生鮮食品は同SC内にあるゲルソンズと競合する。

メインフロアにある精肉コーナー、シーフードカウンター、青果コーナー、ワイン、日用品などのマーケット。生鮮食品は同SC内にあるゲルソンズと競合する。

レストランはカウンター席などのイタリアン・ストリート風のファストカジュアルから屋外のテラス席をもつフルサービス、さらにメインフロアから螺旋階段をあがったオープン予定の屋外レストラン「テラ(Tera)」まで4つのレストランをもつ。

レストランはカウンター席などのイタリアン・ストリート風のファストカジュアルから屋外のテラス席をもつフルサービス、さらにメインフロアから螺旋階段をあがったオープン予定の屋外レストラン「テラ(Tera)」まで4つのレストランをもつ。

こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。屋外席のあるイータリーLAは人気スポットになるのは確実で、メーシーズ以上に集客力のある核テナントです。が、課題は同じSC内にあるスーパーマーケットのゲルソンズとの兼ね合いでしょう。旅行者や富裕層、ハリウッドセレブなどからレストランは人気になりますが、生鮮品等を販売しているマーケットの部分はどうなるか?です。

 ここでしか買えないイタリアからの輸入食材はいいとしても、青果・精肉・シーフードの生鮮品など、ゲルソンズで購入できるものをわざわざここで買う必要があるのかというのが疑問なのです。大型のスーパーのないニューヨーク・マンハッタンと違って、センチュリーシティにはモール内のゲルソンズの他、老舗のラルフスが近所にあります。ビバリーヒルズの近くにも富裕層向けではブリストルファームもあります。
 ここで買うには、1階にある駐車場に車を駐めて歩いて上がってくるか、車で上階にあるパーキングまで登ってくる必要があります。毎日の買い物には、アクセスが良くないのです。

 ところで、ゲルソンズにイータリー、アマゾンブックスがあるセンチュリーシティSCは、近所にアマゾンのピックアップ拠点(アマゾン@ウエストウッド)や365バイホールフーズもあり、視察のメッカにもなりそうです。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。