«
»
チャールズ・クラウトハマー
チャールズ・...
米コラムニスト
デービッド・イグナチウス
デービッド・...
米コラムニスト
E・J・ディオンヌ
E・J・ディ...
米コラムニスト
堂本かおる
堂本かおる
ニューヨーク在住フリーランスライター
ロバート・D・エルドリッヂ
ロバート・D...
エルドリッヂ研究所
ジョージ・ウィル
ジョージ・ウ...
米コラムニスト
後藤 文俊
後藤 文俊
流通コンサルタント
高永喆
高永喆
拓殖大学客員研究員
ペマ・ギャルポ
ペマ・ギャル...
チベット・中国問題
ロバート・サミュエルソン
ロバート・サ...
米コラムニスト
宋大晟
宋大晟
元世宗研究所所長
孫向文
孫向文
中国情勢
マーク・ティーセン
マーク・ティ...
米コラムニスト
呂 永茂
呂 永茂
南北戦略研究所所長
高橋 克明
高橋 克明
「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

ファリード・ザカリア rss (海外ライター)

ライター一覧
ファリード・ザカリア

米コラムニスト

同盟軽視のトランプ政権

米コラムニスト ファリード・ザカリア

 弾劾問題が話題をさらう中で、外交をめぐる問題が見逃されている。今後、弾劾と同様に重要な課題となる可能性がある。トランプ政権は、単独行動主義、孤立主義政策を重視している。それによって、米国の指導力が失われ、世界は不安定化している。

0
続き

銃犯罪の防止へ行動を

米コラムニスト ファリード・ザカリア

 「病的で、頭のおかしい男だ」-トランプ大統領は、米国内で起きた銃撃事件の犯人についてこう語った。このような言葉は、事件が起きるたびに聞いてきた。だが、これは責任を回避するためのごまかしだ。事実の歪曲(わいきょく)であり、必要な対応を取らないための言い訳にすぎない。

4
続き