«
»

山崎洋介 rss

ライター一覧

ワシントン特派員

最高裁人事が主要争点に、ギンズバーグ判事死去

 米連邦最高裁判事で最高齢のルース・ギンズバーグ氏が18日、膵臓(すいぞう)がんのため87歳で死去した。トランプ大統領はリベラル派の代表格だったギンズバーグ氏の後任として近く保守系判事を指名する見通しで、今後、激しい与野党の攻防が予想される。11月の大統領選が迫る中、後任判事の指名が大きな争点に急浮上することになった。

1
続き

人種問題研修の中止を命令 トランプ米大統領

 トランプ米大統領は4日、政府機関職員を対象にした人種差別に関する研修を「反米プロパガンダ」だとして、中止するよう命じた。研修は「すべての白人が本質的に人種差別的」などと主張する左派イデオロギーに基づいた内容で、保守派らから懸念の声が上がっていた。(ワシントン・山崎洋介)

 「政府職員に分裂を引き起こす反米プロパガンダを信じ込ませるよう『訓練する』ため、これまで何百万㌦もの税金を費やしてきた」

4
続き

イスラエル 米仲介で署名、トランプ氏「新たな夜明け」

 イスラエルは15日、長らく敵対関係にあったアラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンのアラブ2カ国と米ホワイトハウスで国交正常化の協定に署名した。仲介役を果たしたトランプ米大統領は、「われわれは歴史の流れを変える。何十年にもわたる分断と対立を経て、中東は新しい夜明けを迎えた」と強調し、他のアラブ諸国もこれに追随するとの見方を示した。

4
続き

トランプ大統領 バーレーンも正常化合意

 トランプ米大統領は11日、イスラエルとバーレーンが米国の仲介で国交正常化に合意したと発表した。イスラエルと国交を結ぶアラブ諸国はエジプト、ヨルダンと8月に国交正常化で合意したアラブ首長国連邦(UAE)に続き、4カ国目となる。高まるイランの脅威を背景に、イスラエルとアラブ諸国の関係改善が進む一方、パレスチナの孤立が深まっている。

3
続き

郵便投票 民主主義の根幹揺るがす

 11月の大統領選に向け、新型コロナの感染防止のため、多くの州が郵便投票用紙の有権者への配布や不在者投票の要件緩和などに動いている。その結果、郵便投票が急増し、過去最高となる見込みだ。

3
続き

キャンセル文化 異論封じる風潮が蔓延

 「私は自分の身に起きた事に名前があることを知った。それは『キャンセルされた』というものだ」

 先月下旬の米共和党全国大会で、18歳のニック・サンドマンさんは、昨年1月、首都ワシントンで妊娠中絶反対デモ参加後に起きた短時間の出来事が「人生を永遠に変えた」と語った。

 当時、高校生だったサンドマンさんと、歌いながら太鼓を叩(たた)く先住民の長老がリンカーン記念堂前で、向き合う動画が話題となった。

4
続き

対中国政策 強硬策競い合うトランプ、バイデン両氏

 対中政策をめぐってトランプ米大統領が次々と強硬策を打ち出す中、民主党候補のバイデン前副大統領も張り合うように対中批判のトーンを高めている。

 「トランプ氏はダライ・ラマ法王と会ったことも、話したこともない、ここ30年で初めての米大統領であることを恥ずべきだ」

2
続き

中国、10年で核弾頭倍増へ 米国防総省、年次報告で警戒

 米国防総省は1日、中国の軍事・安全保障分野の動向に関する年次報告書を公表し、中国が保有する核弾頭の数を「200発台前半」と推計し、今後10年間で倍増すると警戒した。国防総省が中国の核弾頭数の推計を明らかにするのは初めて。

0
続き

「年内全校閉鎖を」 孔子学院めぐり米国務長官

 ポンぺオ米国務長官は1日、米FOXビジネスのインタビューで中国政府系教育機関「孔子学院」について、スパイ活動などへの懸念について言及し、「年末までにすべて閉鎖されることを期待している」と述べた。

 ポンぺオ氏は孔子学院について「誰もが学院内でスパイや協力者の獲得が行われていることを認識するようになっている」と述べ、大学などに同学院を設置することへのリスクについて理解が広がっていると指摘した。

5
続き

共和党大会 トランプ氏が指名受諾演説

 米大統領選に向けた共和党全国大会は最終日の27日、大統領候補に指名されたトランプ大統領(74)が、ホワイトハウスで指名受諾演説を行った。トランプ氏は、今回の選挙を「アメリカンドリーム」と「社会主義的政策」の選択と位置付け、左派勢力から米国の価値観を守り、「米国をこれまで以上に偉大にする」と訴えた。

1
続き

米共和党大会 ペンス氏が指名受諾演説

 11月の米大統領選に向けた共和党全国大会3日目の26日、副大統領候補に指名されたペンス副大統領(61)が指名受諾演説を行った。ペンス氏は、一部都市で人種差別への暴力的な抗議活動が広がる中、「法と秩序」を維持すると強調。

 また、民主党大統領候補のバイデン前副大統領(77)が「米国を社会主義と衰退の道に追いやる」と非難し、トランプ大統領(74)の再選に支持を呼び掛けた。

1
続き

米国防長官 中国の軍拡に包囲網構築

 エスパー米国防長官は26日、訪問先のハワイで演説し、中国が進める軍拡について、「南シナ海と東シナ海など中国政府が核心的利益と見なした地域での人民解放軍の挑発的な行動につながるのは間違いない」と警戒感を表明。インド太平洋地域について「中国との大国間の競争の震源地である」と強調し、同盟国などと連携を強化し包囲網を築いて対抗する考えを示した。

3
続き

共和党大会 米国務長官が異例の演説

 ポンぺオ米国務長官は25日、2日目の共和党大会でビデオ演説を行い、中国に対する強硬策やイスラエルとアラブ首長国連邦との国交正常化合意などトランプ大統領の政策を称賛した。中東アフリカ歴訪中のポンペオ氏は、演説をイスラエルのエルサレムで収録。トランプ氏の支持基盤で、親イスラエルのキリスト教福音派にアピールした。

7
続き

米共和党大会 「史上最も重要な選挙」正式指名のトランプ氏

 11月の米大統領選に向けた米共和党の全国大会が24日、ノースカロライナ州シャーロットで初日を迎え、トランプ大統領(74)とペンス副大統領(61)を同党の候補者として正式に指名した。トランプ氏は「わが国の歴史で最も重要な選挙だ」と述べ、再選に向け決意を示した。

4
続き

共和党大会 トランプ氏 正式指名へ

 米共和党は24日、ノースカロライナ州シャーロットで全国党大会を開き、トランプ大統領(74)を11月の大統領選の候補に正式指名する。トランプ氏は2期目の公約を発表し、「中国への依存から脱却する」と訴え、100万人の雇用を中国から取り戻すと主張した。

2
続き

バイデン氏 「国民の結束」訴え

 11月の米大統領選に向け、野党民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)は20日、地元の東部デラウェア州からオンラインで党全国大会に参加し、指名受諾演説を行った。バイデン氏は、共和党のトランプ大統領(74)が怒りや分断を招いていると批判し、「国民が結束する時が来た」と訴えた。

1
続き

民主党大会 副大統領候補にハリス氏

 米民主党大会は3日目の19日、カマラ・ハリス上院議員(55)を副大統領候補に正式に指名した。ハリス氏は父親がジャマイカ出身、母親はインド出身で、二大政党で黒人女性が副大統領候補に指名されたのは初めて。大統領候補に指名されたジョー・バイデン前副大統領(77)と共に11月の大統領選に臨む。

2
続き

中国7大学との連携に警鐘、共同研究を利用し軍近代化 米シンクタンク報告書

 米国の学者は、中国軍とつながりの深い中国の学者との共同研究を続けることで米国の国益を損ねている――。米シンクタンク、フーバー研究所は最近発表した報告書でこう警告した。米社会の開放性を利用して軍の近代化を図る中国に対する米国の警戒感は一段と高まっている。 (ワシントン・山崎洋介)

4
続き

民主党大会 バイデン氏を正式指名

 米民主党は18日(日本時間19日)、全国党大会でバイデン前副大統領(77)を正式に大統領候補に指名した。バイデン氏は、今回の大統領選に勝利すれば、史上最高齢の78歳で就任することになる。これを受け、バイデン氏は大会最終日の20日、指名受諾演説を行い、再選を目指すトランプ大統領(74)との対決に向け選挙戦を本格化させる。

1
続き

民主党大会開幕 バイデン氏正式指名へ

 米民主党の全国党大会が17日、中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーを拠点に開幕した。11月の大統領選の候補者にバイデン前副大統領(77)を正式指名する。新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの人が録画や中継で参加する異例のオンライン形式での開催となった。

0
続き

バイデン氏は「認知症」?

 米大統領選まで3カ月を切る中、民主党の候補指名を確実にしているバイデン前副大統領(77)の「認知症」疑惑に注目が高まっている。最近、同氏の失言や物忘れ、言い間違いが著しいことから、有権者の間にも懸念が広がっており、選挙戦にも影響を与える可能性がある。

 「私はテストを受けていない。一体なぜ受けなければならないのだ?」

7
続き

イスラエルとUAE国交正常化へ 米仲介で合意

 トランプ米大統領は13日、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化で合意したと発表した。トランプ氏の仲介でイスラエルのネタニヤフ首相とUAEのアブダビ首長国のムハンマド皇太子の3者が電話会談し合意した。敵対するイラン包囲網の強化を図るトランプ政権の取り組みの一環で、今後の中東の対立構図に変化をもたらす可能性がある。

1
続き

副大統領候補に黒人女性 バイデン氏発表

 米大統領選の民主党候補指名を確実にしているバイデン前副大統領(77)は11日、黒人女性のカマラ・ハリス上院議員(55)を副大統領候補に決めたと発表した。ハリス氏はジャマイカ系の父親とインド系移民の母親を持ち、主要政党で初の有色人種女性の副大統領候補となる。

1
続き