■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 山崎洋介 rss

    ライター一覧

    ワシントン特派員

    革新勢力振るわず、民主党は路線対立の表面化も

     今回の米中間選挙で注目を集めていたのが、今年夏以降に社会主義的政策を訴え民主党予備選で台頭した革新勢力だ。

     6月にはニューヨーク州の下院予備選で、28歳の新人女性候補、オカシオコルテス氏が民主党の重鎮を破る番狂わせで一躍注目を集めた。前回の大統領選で旋風を起こしたバーニー・サンダース上院議員と同じく「民主社会主義者」を自称するオカシオコルテス氏の勝利は、革新勢力台頭の象徴とされた。

    1
    続き

    トランプ再選へ課題、穏健派・無党派へ支持拡大必要

     トランプ米大統領の「信任投票」とされる米中間選挙では、下院は野党民主党が多数派を奪回した一方、上院では与党共和党が過半数を確保し、議席を上積みした。2020年の大統領選に向け与野党が動きだす中、その意味と、今後の米政治の行方を探る。(ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    米大統領会見 「超党派が望ましい」

     トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者会見し、前日の中間選挙で野党・民主党が過半数を獲得したことを受け、「超党派的な取り組みや結束を望む」と強調。同党との協力を模索する考えを示した。

    0
    続き

    中国のミサイル増強に対抗、米政権がINF全廃条約離脱の意向

     トランプ米大統領は先月20日、1987年に当時のソ連との間で結ばれた中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱する意向を表明した。ロシアが条約の違反を続けていたことが大きな理由だが、条約に加盟せず大量の中距離ミサイルを保有する中国に対抗する上で利点が大きいと専門家は指摘している。(ワシントン・山崎洋介)

    2
    続き

    米中間選挙、民主が下院で多数派奪還

     米中間選挙は6日、全米各地で投開票が行われ、野党・民主党が下院で議席を増やし、8年ぶりに多数派を奪還した。上院では、共和党が過半数を維持した。上院と下院で多数派が異なる「ねじれ」状態となり、トランプ米大統領は、厳しい政権運営を強いられることになる。

    3
    続き

    米大統領、「ねじれ」で厳しい政権運営に

    解説

     トランプ米大統領にとって初の「信任投票」でもあった中間選挙で、与党共和党が下院で多数派の座を民主党に譲った一方、上院では過半数の維持を確実にし上積みもうかがう展開となった。

     トランプ氏は、選挙戦で、無党派層や穏健派に支持基盤を拡大させることを目指すよりも、2016年の大統領選で自身を勝利に導いた支持層固めに集中してきた。

    2
    続き

    米中間選挙、投票始まる

     上下両院議員や州知事などを選ぶ米中間選挙は、東部時間の6日午前6時から投票が始まった。与党共和党が連邦議会で多数派を維持できるかが焦点。即日開票され、6日深夜(日本時間7日昼すぎ)にも大勢が判明する見通しだ。

     トランプ米大統領は選挙戦の最終盤で、1日複数箇所のペースで演説をこなすなど、精力的に全国を遊説。上院で接戦となっている保守色の強い州を中心に回り、支持者固めに力を入れた。

    1
    続き

    トランプ大統領、移民対策や経済を強調

     トランプ米政権の2年間に審判を下す中間選挙が6日、投開票が行われる。歴史的に1期目の大統領側の与党は中間選挙で議席を失う傾向が見られる中、不法移民対策や経済実績を訴える与党・共和党が議会の上下院で過半数を維持できるかが焦点となる。

    0
    続き

    米中間選挙、民主が下院過半数へ優勢

     トランプ米大統領の約2年間の政権運営に対する初の審判となる中間選挙は6日、投開票が行われる。下院では、終盤にきて与党共和党が追い上げを見せつつも、野党民主党が依然、過半数奪還に向け優勢とみられる。一方、上院は、共和党が多数派を維持するとの見方が強まっている。

    2
    続き

    INF全廃条約離脱の意向

     トランプ米大統領は20日、冷戦時代に旧ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱する意向を示した。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が22~23日にモスクワを訪問し、ロシアのラブロフ外相らに離脱の方針を伝える見通し。

    0
    続き

    冬季五輪北京開催の変更を

     中国の人権問題などを調査している米連邦議会議員らの超党派委員会は10日、年次報告を公表し、2013年に習近平国家主席が就任して以来、中国の人権状況があらゆる側面で悪化を続け、「切迫した状況にある」と警鐘を鳴らした。

    10
    続き

    米最高裁判事にカバノー氏就任

     米連邦最高裁判事に指名された保守派のブレット・カバノー氏が6日、上院で承認され、就任した。承認に向けた手続きの終盤で性的暴行疑惑が浮上するなど波乱を経ながらも、共和党は結束して承認にこぎ着けたことで、支持層は活気づく。一方、承認阻止を目指すも敗北した民主党は反対運動の勢いを中間選挙に向けようとしている。 (ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    ヘイリー米国連大使辞任へ

     トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスで、ニッキー・ヘイリー国連大使が年末で退任すると発表した。後任には、今年2月まで大統領副補佐官(国家安全保障担当)を務めていたディナ・パウエル氏らが候補に挙がっていると述べた。

    2
    続き

    米最高裁、保守派カバノー氏が判事就任

     トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名した保守派のブレット・カバノー氏が6日、上院の採決で賛成50、反対48の賛成多数で承認され、宣誓式を経て正式に就任した。

     上院の採決では、反対を表明していた共和党のマコウスキー議員は棄権し、同党のデインズ議員は私用で本会議での採決に参加しなかった。一方で、保守地盤であるウェストバージニア州選出の民主党議員が賛成に回った。

    0
    続き

    共和党幹部「疑惑の証拠なし」

     米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏の性的暴行疑惑をめぐり、共和党幹部は4日、連邦捜査局(FBI)による追加の調査結果について、疑惑の証拠はなかったと主張。6日午後にも本会議での採決を行う意向を示した。

    1
    続き

    米国務長官、7日訪朝

     米国務省は2日、ポンぺオ長官が7日に北朝鮮を訪問し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談すると発表した。非核化問題について協議し、2度目の米朝首脳会談に向けた調整を行う。ポンぺオ氏は、日本や韓国、中国も訪問する。

     ポンぺオ氏の訪朝は、中央情報局(CIA)長官時代を含め4回目となる。トランプ大統領は8月、非核化への進展が見られないとしてポンぺオ氏の訪朝を中止していた。

    0
    続き

    米上院公聴会で最高裁判事候補が「無実」主張

     米連邦最高裁判事候補のブレット・カバノー氏は27日、上院司法委員会の公聴会で証言し、自身の性的暴行疑惑について「無実だ」と主張。同氏から性的暴行を受けたと訴えた大学教授のクリスティーン・フォード氏の証言と真っ向から対立した。

    0
    続き

    安倍外交、問われる真価

     安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、トランプ米大統領とニューヨークで会談する。対日貿易赤字の削減を求めるトランプ氏が圧力を強める中、米国が主張する自動車への追加関税を回避できるかが焦点。牛肉など農業分野の市場開放も議題になるとみられる。

     両首脳の会談は8回目で、初の米朝首脳会談を控えた6月にワシントンで開催して以来。今回は、通商問題をめぐって厳しい交渉も予想される。

    1
    続き

    米朝外相会談を提案―米国務長官

     ポンぺオ米国務長官は19日、南北首脳会談の成果を歓迎する声明を発表し、来週ニューヨークで開かれる国連総会に合わせ、北朝鮮の李容浩外相との会談を提案したことを明らかにした。トランプ大統領の1期目の任期末となる2021年1月までの非核化を目指す方針も改めて表明。停滞していた米朝間の非核化協議が再開される見通しとなった。

     声明では、北朝鮮が「米国や国際原子力機関(IAEA)の検査官の立ち合いの下、寧辺の核施設を恒久的に廃棄する」と指摘。東倉里のミサイル関連施設の廃棄についても、「最終的で完全に検証された非核化への第一歩」だと評価した。

    0
    続き

    南北会談の合意内容を評価「非常に興奮する!」―米大統領

     トランプ米大統領は19日、南北両首脳による「平壌共同宣言」が発表された直後にツイッターに「非常に興奮する!」と投稿し、合意内容について前向きな反応を示した。

    2
    続き

    ロシア疑惑、元選対議長が司法取引

     2016年の米大統領選でトランプ陣営の選対本部議長を務めたポール・マナフォート被告が14日、司法取引に応じ、一部の罪状について有罪を認めた。モラー特別捜査官によるロシア疑惑へを含む捜査にも協力することに同意した。

    0
    続き

    米司法省、北朝鮮ハッカー訴追

     米司法省は6日、米映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)などへのサイバー攻撃に関与したとして北朝鮮のハッカー、パク・ジンヒョク容疑者を訴追したことを明らかにした。それに伴って、同省が発表した告訴状には、ハッカーの手口が詳述されており、専門家はサイバー攻撃の犯人を特定する米国の捜査能力が大幅に向上したと指摘している。(ワシントン・山崎洋介)

    0
    続き

    米朝首脳再会談、金正恩氏が要請

     米ホワイトハウスのサンダース報道官は10日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から、2回目の首脳会談を要請する書簡を受け取ったと発表し、これにトランプ氏が応じる意向を示していることを明らかにした。開催に向け両国間での調整がすでに始まっているとしており、年内にも開かれる可能性がある。正恩氏が再会談を提案した背景には、朝鮮戦争の終戦宣言の採択に向けて、直接説得しようとの思惑があるとみられる。

    3
    続き