ワシントン・タイムズ・ジャパン
井上 政典
井上 政典
歴史ナビゲーター
河添 恵子
河添 恵子
ノンフィクション作家
中村 仁
中村 仁
元全国紙経済記者
中岡 弘
中岡 弘
著述家
新宿会計士
新宿会計士
政治経済評論家
孫向文
孫向文
中国情勢
高橋 富代
高橋 富代
元・下田市議会議員

長谷川 良 rss (コラムニスト フリージャーナリスト)

ライター一覧
長谷川 良

ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

「神は離婚していた」という話

 ビックリするようなニュースや腰を抜かすような情報はめったにないが、時には耳に入ってくる。今回聞いた話はそれを上回るショッキングな話だ。あの天地創造の神が女性神と離婚していたというのだ。酔っ払いや無神論者が神を信じる人間を驚かそうとして考え出した話だったら、「ああ、そうですか」と軽く聞き流すことができるが、ソースは著名なユダヤ教文化史専門家、クラウス・ダビッドビィツ教授でがウィーン大学の講義の中で語った内容だから、「ああ、そうですか」と済ますわけにもいかない。

8
続き

日韓首脳は“癒し”のペンパル?

 韓国聯合ニュース日本語版を読んでいると、一つの記事が目に飛び込んできた。安倍晋三首相が30日、ソウルの長嶺安政駐韓大使を通じて母親を失った文在寅大統領に弔電を送った、という記事だ。文大統領の母、姜漢玉(カン・ハノク)さんは29日に南部・釜山市内の病院で死去した。

5
続き

ちょっと不可解な事務局長選結果

 ウィーンに本部を置く国際原子力機関(IAEA)の特別理事会(35カ国)は29日、7月に急死した天野之弥事務局長の後任事務局長選出を継続し、在ウィーン国際機関アルゼンチン代表部のグロッシ大使を次期事務局長に選出した。IAEA広報部によると、グロッシ氏(58)は24票を獲得、対抗候補者のフェルータIAEA事務局長代行(ルーマニア)は10票に留まった。その結果、グロッシ大使は当選に必要な有効投票の3分の2を超え、第6代事務局長に選ばれた。新事務局長はIAEA総会(加盟国171カ国)の承認を受け、遅くとも来年1月1日から4年間の任期を始める予定だ。 

1
続き

独州議会選で「極左」と「極右」が躍進

 ドイツの政界図が大きく変わろうとしている。「キリスト教民主同盟」(CDU)と社会民主党(SPD)の2大政党が政界をリードしてきた時代は確実に終わろうとしている。旧東独テュ―リンゲン州議会選(定数90)の投票結果は改めてそのことを実証した。以下、同州議会選の結果を少し検証してみる。

1
続き

トランプ氏が北に送ったメッセージ

 トランプ米大統領は27日午前、ホワイトハウスで記者会見し、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダーディ容疑者がシリア北西部で米軍特殊部隊の軍事作戦で殺害されたと発表した。米国側の説明によると、米軍特殊部隊は26日夜、8機のヘリコプターでシリア・イドリブ県のバグダーディ容疑者が潜む拠点を襲撃。バグダーディ容疑者は家族と共に逃げたが、最後は自爆したという。ワシントンからの情報では、死体は現場で即DNA鑑定され、同容疑者であることが確認されたという。

4
続き

公会議「既婚男性の聖職叙階」を提言

 ローマ・カトリック教会総本山、バチカンで3週間、開催されてきたアマゾン公会議は26日夜(現地時間)、最終文書〈30頁)を公表した。賛成128票、反対41票で採択された最終文書は5章から構成され、牧会、文化、生態的回心などのテーマごとにまとめられている。

0
続き

学生が銃をもって講堂に現れた!

 ドイツの情報機関、独連邦憲法擁護庁(BfV)のハンス・ゲオルグ・マーセン前長官は11日、ドイツ日刊紙ヴェルトのオンライン・インタビューで、旧東独ザクセン=アンハルト州のハレで9日起きたユダヤ教シナゴーク襲撃事件について、「治安当局はデモや集会で活動する極右過激派は監視できるが、子供部屋や両親の家に住み、一日中、チャットし、反ユダヤ主義、外国人排斥、女性蔑視に過激化していく極右派を取り締まることはできない。彼らはインターネットを通じて他の過激派と接触するが、事件が起きるまで彼らのアイデンティティーを掌握できない」と述べ、彼らを“オタク・テロリスト”と呼んで話題を呼んだが、欧州最古の総合大学、ウィーン大学で16日、マーセン氏が呼んだ“オタク・テロリスト”に当てはまる学生が武器を携帯して講堂(Saal)に出席していたことが判明し、大学関係者ばかりか、国民にも大きな懸念を呼び起こしている。

0
続き

難航するIAEA事務局長選

 ウィーンに本部を置く国際原子力機関(IAEA)では、今年7月に急死された天野之弥事務局長の後任選出が進められているが、難航している。21日には特別理事会(理事国35カ国)が開催され、第1回投票が行われたばかりだ。28日午後には第3回目の投票が行われる予定だ。

0
続き

オーストリアと韓国は相性がいい!

 潘基文前国連事務総長(任期2007~2016年)は退官後も頻繁にウィーンを訪問する。そのたびに同氏は、「オーストリアは私の第2の故郷です」という。これは外交官時代に身についたリップサービスではない。本当にオーストリアが好きなのだ。理由はちゃんとある。同氏の外交官としての輝かしいキャリアはウィーンから始まったのだ。駐オーストリア大使を皮切りに、ソウルに帰った後、2004年から06年まで外相(外交通商部長官)を務め、その後は国連事務総長として出世街道を邁進していった。

2
続き

スイスで「高齢者の犯罪」が増加

 スイスといえば、日本人が1度は訪問したい欧州の国のひとつだろう。アルプスの小国は景色が美しく、治安が安定し、国民経済も豊かというイメージがある。実際、スイスは他の国と比較した場合、それは当たっている。卑近な例だが、同じアルプスの小国オーストリアと比べてみても、国民1人当たりの所得はスイスが高い。だから、スイスで稼いでオーストリアに住めばいいが、逆の場合、生活は少し厳しくなる、といった具合だ。

3
続き

韓国はオーストリアに倣え!

 「韓国は『ドイツに倣え』というが…」というコラムを掲載したが、読者から「韓国はオーストリアに倣え」というコメントを頂いた。このコメントは非常に正鵠を射ている。韓国の戦後の対応は非常にオーストリアのそれと酷似しているからだ。ただし、オーストリアは戦後問題の課題を克服できたが、韓国は依然、苦慮している、という違いはある。以下、少し説明する。

7
続き

「考える葦」の語る内容が問われる

 このコラム欄で「人は『運命』に操られているのか」というタイトルの記事を書いた。年をとったせいか、人間の力ではどうしょうもない運命に強い関心がある。その時、オーストリアの最大手日刊紙「クローネ」日曜版(10月20日)に医者で神学者のベストセラー作家、ヨハネス・フーバー氏(73)が「運命の解剖学」(Die Anatomie des Schicksals)という新書を出したという記事を読んだ。著者は「人に影響を与える運命がどのようにして生まれてくるか」を説明している。

2
続き

韓国は「ドイツに倣え」と言うが…

 ギリシャ政府はドイツに対し、第2次大戦時の損害賠償を要求、同国議会の委員会の計算によれば、その額は2900億ユーロになるという。欧州の経済大国ドイツにとってもそれは巨額であり、到底支払いできない。ドイツ通信(DPA)によれば、ドイツ外務省は今月18日、「大戦中の損害賠償問題は解決済みだ。ギリシャ政府と戦時の賠償問題で交渉する考えはない」と支払い交渉を拒否したばかりだ。

4
続き

人は「運命」に操られているのか

 コラムのタイトルは少々大袈裟な感じがするが、人の生死が「運命」によって左右されているのを感じる話を聞いたからだ。以下、説明する。

2
続き

日韓の「国際社会への貢献度」の比較

 安倍晋三首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納した件で、韓国外務省は17日、「侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に、日本政府と議会の指導者が再び(真榊を)奉納し、参拝を強行した」と批判し、「深い遺憾の意」を表明した。

7
続き

南北サッカー試合が示した「現実」

 2022年サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選H組の韓国と北朝鮮の試合が15日に北朝鮮・平壌の金日成競技場(5万人収容)で行われ、試合は0-0で引き分けに終わった。だが、競技場には観客はなく中継もない試合だったことから、大韓サッカー協会ばかりか、南北サッカー試合を推進し、平昌冬季五輪大会のように南北の融和ムードが高まることを期待していた韓国大統領府の関係者も失望を隠せない状況だ。

4
続き

“オタク・テロリスト”に要注意

 ドイツの情報機関、独連邦憲法擁護庁(BfV)のハンス・ゲオルグ・マーセン前長官は11日、ドイツ日刊紙ヴェルトのオンライン・インタビューで、旧東独ザクセン=アンハルト州のハレで9日起きたユダヤ教シナゴーク襲撃事件について、「我々は新しいトレンドに直面している。治安当局はデモや集会で活動する極右過激派は監視できるが、子供部屋や両親の家に住み、一日中、チャットし、反ユダヤ主義、外国人排斥、女性蔑視に過激化していく極右派を取り締まることはできない。彼らはインターネットを通じて他の過激派と接触するが、治安当局は事件が起きるまで彼らのアイデンティティを掌握できない。事件発生数時間前に彼らのアイデンティティを掴み、事件を犯す前に拘束できるかが大きな課題だ」と述べ、彼らを“オタク・テロリスト”と呼んだ。

1
続き

トランプ氏とアブラハムの「交渉術」

 ドナルド・トランプ氏は第45代米国大統領だ。不動産王を誇り、“交渉の名手”を自負するトランプ大統領は現在、来年の再選を勝利するために奮闘中だが、 ウクライナでのバイデン前副大統領の家族の不法ビジネス問題に頭を突っ込み、米民主党から大統領弾劾調査を求める声が高まり、応戦に追われている。

2
続き

人は死んだとしても生きている

 オーストリアのチロル州キッツビュールで今月に入り、5人の家族が全員殺されるという悲惨な殺人事件が起き、オーストリア全土に大きな衝撃を投じた。日本では川崎殺傷事件と元農水事務次官息子殺人事件を巡り、ネット世界でいろいろな意見や批判が聞かれたことがあった。「犯人は死にたければ、1人で死ぬべきだった」というコメントが大きな反響を呼んだとも聞く。1人で死ぬべきか否かの議論は虚しい。人は殺すことも、殺されることもできない存在だということが忘れられているからだ。

5
続き

極右過激派に漂う焦燥と「終末感」

 旧東独ザクセン=アンハルト州のハレ(Halle)で9日正午ごろ、27歳のドイツ人、シュテファン・Bが機関銃や爆弾で武装し、ユダヤ教のシナゴーク(会堂)を襲撃したが、シナゴークの戸を壊すことが出来ず、会堂内に侵入できなかったために、シナゴーク内の銃乱射事件は未然に防げた。ただし、犯行計画を遂行できなかったBは怒りから路上を歩いていた女性とインビス店で食事中の男性を殺害した。

2
続き

旧東独でシナゴーグ襲撃事件

 旧東独ザクセン=アンハルト州の都市ハレ(Halle)で9日正午ごろ、27歳のドイツ人、シュテファン・Bがユダヤ教のシナゴーク(会堂)を襲撃する事件が発生し、たまたま犯行現場にいた女性と近くの店にいた男性が射殺された。

2
続き


29 / 81|«2930 »|