■連載一覧
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 2019/1/23
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    高橋 富代 rss (社会貢献活動)

    ライター一覧
    高橋 富代

    1963年11月13日生まれ。下田小・中学校、静岡県立下田南高等学校卒業の下田生まれ下田育ち。下田市議会議員を3期目務めた後、東京に移り住み、現在専業主婦のかたわら、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員をしております。時々、講師もしたりします。

    極めて深刻なのは、これまでの日本政府の対応。

    菅義偉官房長官が今日(14日)の記者会見で、この事態を「極めて深刻だ」と非難したのですが、 韓国の原告が新日鉄住金の資産を現金化に踏み切った場合、 日本政府はどういう対応を取るつもりなのでしょうか?

    差し押さえ資産の現金化警告=徴用工訴訟で原告側 (JIJI.COM 2/14(木) 14:43配信 記事一部引用)

    7
    続き

    春闘賃上げなし?安倍総理、消費増税本当にするの?

    今日第198回通常国会が招集され、 安倍総理が衆参両院で施政方針演説を行います。 12時から衆議院のネット中継が、NHKでは14時から中継が行われます。

    今国会への提出法案は、夏の参議院選挙を控え会期の延長をさけるため58に絞り込んだようです。 10月の消費税率引き上げに伴う景気対策として税制改正関連法案(自動車税の減税、住宅ローン減税の拡充など)や、 幼児教育・高等教育の無償化の法案などが主なものと報道されています。 私の調べ方が悪いのかもしれませんが、 衆参両院のホームページには今国会に提出予定法案の記載がまだありません。 国民に対し情報公開をしていくという姿勢が見えませんね。 私は国会議員に示すのと同時に、せめてネットで公開していくようにすべきだと思いますが… いずれにしても建設的な国会論戦を期待します。 野党の先生方、まともな質疑をするよう頑張ってください。

    1
    続き

    岩屋防衛大臣、ガツンと言ってくれないと!(小野寺防衛大臣待望)

    岩屋防衛大臣は自民党安全保障調査会長までやっているんですから、 もう少ししっかりした発言をしてくれないと困ります。 「大局的には未来志向の日韓関係が大事だ」と繰り返した結果が、 韓国の無礼な態度を助長させたようにも見えます。

    韓国軍「日本が再び低空で威嚇」 防衛省「事実ない」 (NHK NEWS WEB 2019年1月23日 17時14分 記事一部引用)https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788301000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    1
    続き

    海保ボートに放火をする平和活動家って?

    東京ではインフルエンザが流行しているようです。雨が降らず空気も乾燥しているので、私の周りでも風邪ひきさんも多いです。私もインフルエンザの予防接種はしましたが、何となく風邪っぽくて葛根湯など飲んでいます。読者の皆様もどうぞお気をつけて。

    さて、沖縄では防衛関連施設への嫌がらせ事件が頻発しています。 昨年末には那覇市の自衛隊沖縄地方協力本部の窓ガラスが割られ、窓際のベッドが燃えたりしました。 今度は海保のボートが燃えました。

    2
    続き

    えっ?細野豪志議員が自民二階派?

    モリカケ追及の時もそうだったのですが、

    何か大きな問題に国民の目が向いているときに、シレーっととんでもないことを決めていくものです。

    自民党ってそういうところが、ある意味凄いのですわ…むかっむかっむかっ

    「足もでかいが夢もでかい」のキャッチフレーズで初当選したのが28歳。 爽やかな青年でした。 時の流れとともに、実に残念な政治家になってしまいました…

    1
    続き

    韓国レーダー照射偽動画を世界へ公開。日本はどうする?

    韓国国防部、頭、大丈夫か? 愛国無罪というより反日無罪という思想が、国民の骨の髄までしみ込んでいるのでしょうね。 ちょっと動画編集に詳しい人が見ればわかってしまうような、 雑なコラージュ動画ですが、8カ国語で世界に向けてばら撒くのだそうです。

    レーダー問題「国際世論戦」の様相 韓国が8カ国語で映像制作へhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000017-yonh-kr&fbclid=IwAR3z3g8xFXRo-avQXinSuTz0p0EHX7KVRM3_xzGW4PcjG7rulJl0DIbDEXc

    7
    続き

    今度こそ!サヨナラ韓国。

    韓国国防省が哨戒機レーダー照射問題について、日本の哨戒機が低空飛行したと謝罪を要求してきたのだそうです。

    佐藤正久外務副大臣のツイッターによれば、「P-1哨戒機は韓国駆逐艦から水平に約500m離隔し高度も150mは維持しておりICAOも航空法にも合致し危険行為ではない。フライトレコーダーもある」のだそうです。

    10
    続き

    外国人受け入れの前に、なぜ日本の人材を使わないの?

    外国人労働者受け入れの拡大方針を、正式に閣議決定したそうです。 受け入れ先は当面の間9か国なのだとか。

    自民党支持者の中で、この政策に賛成している人ってどれだけいるんでしょうか? 少なくとも私の周りには賛成している人はおりません。 皆一様に口にするのは、なぜ日本人の雇用をしないのかということです。 活用できる日本人はまだまだいるでしょう?と口をそろえます。

    1
    続き

    脱退以前に日本の捕鯨文化を発信しなくては!

    北海道の網走沖でのミンククジラ調査捕鯨=2018年8月23日(北海道新聞) 日本、IWC脱退方針 対立状態の打開困難 商業捕鯨再開目指す

    (12/20(木) 10:42 北海道新聞)https://news.yahoo.co.jp/pickup/6307374#socialComments

    2
    続き

    外国人材受け入れ拡大。与党のいい加減さより野党の劣化が目立つ情けなさよ。

    出入国管理法の改正案、衆院本会議を通過しましたね。 外国人材受け入れ拡大については、多くの国民が反対もしくは不安に思っているので、野党がしっかりしてほしいのですが残念ながら「おまいう」で終わってしまうのですよね。 そして委員会で暴れる。ほんまに情けない。

    与党も本来ならもっと時間を尽くして国民に説明をすべきなのですが(といっても、無駄に時間をかけろというわけではありません)、安定多数を取るとやはり悪しき自民党が顔を出すのか説明を省きます。 どんな法案を出しても通るんですからね。そうなりますか… したがって野党が委員長を取り囲んでどれだけ騒ごうが暴れようが、全く意味をなさず、国民もそれを分かっているので白けてしまいます。

    1
    続き

    メガソーラーで自然を破壊。国会議員の責任だよ!

    今年の7月に閣議決定されたエネルギー基本計画で、再生エネルギーの主力電源化が明記されました。

    http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180703001/20180703001.htmlhttp://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180703001/20180703001-1.pdf

    2
    続き

    100年かかったとしても、領土を取り返す気概が日本人の心の中にあるか?

    北方領土は日本国有の領土と小声で言い続けたところで、返ってくるはずはありません。 実質ロシアの領土と化している北方領土です。 高齢になった元島民が簡単に墓参できれば、先ずは御の字ではないでしょうか。

    ソ連崩壊時にその混乱に乗じて取り戻すチャンスは、残念ながら逃がしていしまいました。 そんなチャンスはおいそれと来るものではありません。

    0
    続き

    “おまいう蓮舫”だけど、参院予算委質疑は正しいです。

    ■外国人材受け入れ拡大法案 成立には会期延長の声も (2018年11月7日 4時35分NHKNEWS WEB 記事一部引用)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181107/k10011700841000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

    3
    続き

    安倍内閣支持率アップは、河野外務大臣のおかげかも!

    共同通信の世論調査で、内閣支持率が前回の調査からプラス0.8で47%になったと報じられました。

    片山さつき地方創生大臣の口利き賄賂疑惑、続いて吉川貴盛農林水産も口利き疑惑が持ち上がりましたが、その程度の事では国民もおどろかなくなってしまいましたし、「お前らもだろ!」という追及側の野党に対する、国民の不信感が内閣支持率アップを後押ししているのでしょうか。

    6
    続き

    拉致問題解決へ一歩前進であってほしい

    安倍総理ほど積極的に外交を行っている総理大臣はかつてありませんでした。

    今日はインドのモディ首相を別荘に招待し夕食を共にしているようですし。 26日に行われた習近平国家主席との会談で、拉致問題解決へ協力をするところまでもっていった手腕は、モリカケや日報問題をきちんと解決できなくても、支持率が落ちない理由なのだと思います。

    習近平主席「拉致問題解決促進の役割果たす」 対北制裁も「継続」を明言

    0
    続き

    築地から豊洲へ。今後は財政問題を注視。

    民主主義は 「時間もコストもかかる。 そして責任は民が負う。」これが原則です。 イギリスではEU離脱を争点に選挙が行われ、その後国民投票まで行っておきながら、指導者のメイ首相に大きな批判が集まっています。

    この様子を見て改めて考えるのは、緑のおばさん旋風が吹き荒れた、2016年に行われた東京都知事選挙です。 築地市場の豊洲移転に待ったをかけ、自民党都連の不透明さをあぶりだす、小泉純一郎元首相を思い起させる劇場型小池マジックに多くの都民が1票を投じました。 私もその一人です。 過去のブログ記事を見ると恥ずかしいほどの小池上げであります。

    0
    続き

    メガソーラーのために森林伐採、地球温暖化促進になるんじゃない?

    「国連の組織」というだけで眉に唾をつけたくなるのですが、世界の平均気温が上昇することによって、豪雨災害が増えるという報告書を出したようです。

    世界の平均気温 2030年にも1.5度上昇か 国連報告書 (2018年10月8日 NHK NEWS WEB 記事一部引用)

    3
    続き

    平民の消費税率上げず、財務省職員の税率を10%にすればいいんじゃない?

    だんだん冬の寒さより夏の暑さが堪えるようになりました。 子供の頃は1年中夏だったらいいのにと思っていましたが、夏の暑さよりエネルギーがあったということなのかもしれませんね。 もっとも私の子供の頃の下田は、30度を超える日なんてそうあるわけではなく、元気よく毎日歩いて海水浴に出かけたものでした。 1日20円~30円ももらえば駄菓子やアイスも買えたのですから、今は昔の話です…⤵⤵⤵

    今は20円のチロルチョコをコンビニで買えば8%の消費税が付くので21円支払わなくてはいけません。 しかし来年の10月からはコンビニ内のイートインでチロルチョコを食べると22円になるってことでしょうか? 20円のチロルチョコを10個買って1個をイートインで食べて9個を持ち帰るとどうなるんでしょうか?

    2
    続き

    本庶佑(ほんじょ たすく)・京都大特別教授、ノーベル生理学医学賞おめでとうございます

    2人に1人が一生のうちにがんと診断される時代になっても、やはりがんと診断されれば衝撃は大きいですし、一方では収入や生活はどうしたらよいだろうかと現実的な問題にも直面します。

    本庶先生の研究が、今までの抗がん剤の弱点を克服する画期的な薬との評価が高い、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につながったということは、がん患者にどれだけ希望を与えたことでしょうか。

    0
    続き

    あらら、自民党さん!実質的な移民受け入れなのかしら?

    こうなるとは思っていたけれど、いとも簡単に実質的な移民受け入れですねぇ。 安倍さんがその昔「そこまで言って委員会」で移民は受け入れないと言っていましたが、結果を見ればこの通りなのでなんとも情けない思いです。

    外国人新在留資格、外食など十数業種が受け入れ意向=菅官房長官 (9/26(水) 16:57配信 ロイター 記事全部引用)

    1
    続き

    日本人に不利な判決?外国人が日本の司法に続々と。

    数日前、SNSで流れてきたニュースです。 日本の司法試験に、朝鮮大学卒業生が合格したのだそうです。

    2018年度の司法試験合格者が11日、16時に発表された。 (http://chosonsinbo.com/jp/2018/09/13-9/ 記事一部引用)

    7
    続き

    自民党総裁選、安倍さんがぶっちぎりでは面白くない。

    さて、自民党総裁選挙が20日に行われます。

    実質的に日本の総理大臣を決めるわけなので、

    投票権のない私でも結構真面目に考えていますが、

    安倍さんが優勢であることは変わりないようですね。

    安倍さんが総理大臣になってから、特に外交はうまくいっているので、

    何も「今」総理大臣を代える必要はありません。

    いくつかの政策では安倍さんより石破さんを支持していますが、

    特に地方の問題や日米地位協定見直しなどは、

    0
    続き

    五輪ボラに有給使え?ふざけたこと抜かしてんじゃねえよっ!

    ボランティアはね、自発的なものでなくてはなりません。

    他からの強制的な空気で促すなんぞ以ての外です。

    Wikipediaによると、ボランティアとは?

    2
    続き