■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 荒川 英紀
    荒川 英紀
    学習塾経営
    松原 広幸
    松原 広幸
    ITコーディネータ
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    三石 江里子
    三石 江里子
    マイアミの風
    宮崎 林司
    宮崎 林司
    植林NPO理事
    内藤 俊輔
    内藤 俊輔
    元青年海外協力隊
    外舘 孝則
    外舘 孝則
    NPO法人理事長
    吉本 秀一
    吉本 秀一
    日本けん玉協会理事

    高橋 富代 rss (社会貢献活動)

    ライター一覧
    高橋 富代

    1963年11月13日生まれ。下田小・中学校、静岡県立下田南高等学校卒業の下田生まれ下田育ち。下田市議会議員を3期目務めた後、東京に移り住み、現在専業主婦のかたわら、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員をしております。時々、講師もしたりします。

    これが共産党だ!自衛隊に嫌がらせ。

    自衛他のイベントは全国どこでも評判がよく、 チケットもなかなか取れないものもあります。 子供たちにも大人気ですよね。 それが「市民の声」という名の共産党の横やりで、中止に追い込まれたのだそうです。 酷いな!

     >残念ながらこのイベントは中止になりました。

    0
    続き

    小池都知事と政府に聞きたい。酷暑と五輪と大地震が重なったらどうする?

    今朝、私のふるさと・伊豆下田が強雨に雷・停電だと、フェイスブックで流れてきました。 早速母に電話をしてみたら、やはり停電で、当然エアコンも扇風機も動かず、「団扇でしのいでるわよ!」との返事です。 元気な母ですがそれなりの年齢なので、熱中症にならないよう水浴びしたりしてねと言って電話を切りました。

    西日本豪雨災害では避難所にいち早く冷房を設置したと報道がありましたが、電気が通じていなければできない話なので、広範囲による災害でインフラが完全にマヒした時は自主電源を備えていたとしても、いったいどのような手当てができるのだろうかと不安になりました。

    1
    続き

    サマータイムより早朝開催。いや、10月開催でしょ!

    政界を引退された方に、振り回されている政権も如何なものかとも思います。

    そもそも論として、なぜ森喜朗という人が大役を務めることになったのか、 そこには一般国民には知らされない深い闇や大きな力学があるのかもしれませんが、 私たちが目にする情報で判断するなら、単なる老害と言ってよいのではないでしょうか。

    安倍晋三首相、自民党にサマータイム導入検討を指示

    1
    続き

    追悼の日に太鼓叩いて安倍辞めろ!人として恥ずかしくないか?

    広島原爆の日に際し、原爆で命を落とされた方々に、 謹んで哀悼の意を表します。

    8月6日という日は、2時間で10万人の死者を出した東京大空襲の3月10日、長崎原爆の日の8月9日、 終戦の日の8月15日と並び、やはり日本国全体で心静かに祈りをささげる日でありたいと思っています。

    2
    続き

    東京五輪の危険性について、国会議員が話題にしない不思議。

    ネット上では酷暑での東京五輪開催を危ぶむ声が広がっていますし、 街で話を聞くとご年配の方ほど心配をし、また怒りの声もお聞きします。 「前のオリンピックは10月だったのに!こんな暑い時期にやるなんて馬鹿じゃないの?!」と。 私もまったく同感です。

    一時テレビでも、酷暑の五輪は大丈夫なのかと取り上げましたが、 今は「こんな対策をしています」との報道ばかりです。 道路に温度の上昇を抑える舗装をする、巨大扇風機を置く、打ち水にミストシャワー… 「もうやめてっ!」というような対策しか出てきません。

    2
    続き

    保守層から大不評。それでも「候補者男女均等法」は必要だ。

    第196回通常国会が7月22日に終わりました。

    野党は『もりかけ』問題の追及に終始し、マスコミもそれに盲従するかのように思考停止の報道を繰り返す。

    国民が気づかぬ間に、重要な法律が次々と成立していきました。

    保守層からは評判の悪かった『候補者男女均等法(政治分野における男女共同参画の推進に関する法律)』もその一つですが、同法案は与野党の垣根を超え、不偏不党の法案として全会一致にて可決されました。

    0
    続き

    集団浅慮に、断固反対。東京五輪の10月開催を強く望む

    日本各地で命に関わる危険な暑さが続いています。 連日天気予報では「用事がない限りは外出を控えてください」とアナウンスをしていますが、消防庁の発表によると、7月9日~7月15日までの全国の熱中症で救急搬送された人は、9956人だったそうです。

    またつい先日は愛知県の小学生が、校外学習中に熱中症で亡くなるという痛ましい事故もありました。

    2
    続き

    歴史から学ぶ、命を守る政策

    平成最後の年に最悪の被害をもたらした西日本豪雨、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

    蔡英文台湾総統が温かいメッセージを寄せてくださいましたが、早速台湾の外交部は、日本円にして2000万円の義援金を寄付することを表明されました。 「自然災害が起きるたびに支え合ってきた日本が深刻な被害を受けたことを案じている」「被災地が一刻も早く再建され日常の生活が戻るよう願っている」と発表しています。 東日本大震災の時も、熊本地震の時も、いつも日本に心をよせてくださって、台湾の皆さん、本当にありがとうございます。

    1
    続き

    安倍総理ほど海保の重要性を知っている政治家はいない!

    安倍総理になってから沿岸警備予算が上積みされたことは、あまり知られていないのではないかと思います。 海上保安庁の平成30年度の予算総額は2,106億円ですが、 とあるOBに伺ったところによると「2,000億円を超えることは絶対にないと思っていた」そうです。 それだけ沿岸警備に関しては目が行っていなかったということでしょう。

    安倍総理は「海上保安庁なかりせば、今の海の安全、ひいては、日本の繁栄はなかった。」と、海上保安制度創設70周年で挨拶されました。 (産経ニュースに全文記載されておりますが、下段に全文引用させて頂きましたので、ぜひお読みいただければと思います。) 昨年度の当初予算要求に対して、100億円増やすという異例ともいえる措置をしたことも、沿岸警備に関して非常に関心を持っていることの現れです。

    2
    続き

    目黒虐待死事件。役をしない政治が情けない!

    目黒虐待死事件の報道が続いています。 有名無名匿名の多くの人が、SNSで無念の想いを綴っているように、 新しい情報が出るたびに、益々心が重くなっていきます。

    <目黒虐待死>結愛ちゃんの「叫び」に反響 いたたまれず

    (毎日新聞 6/9(土) 10:50配信 記事一部引用)

    3
    続き

    防衛については現実的に考えましょう。ね?枝野さん!

    一度は政権の座にいた方で、ましてや内閣官房長官経験者ですよね? 「海外出張の多い内閣総理大臣の代わりに危機管理を担当する」役職を経験したわけですから、 常に現実を見て行動していたはずですよね? そんなアナタが、まさかの発言。びっくらこきましたわ~♪

    枝野立憲代表、護衛艦「空母化」を批判

    7
    続き

    玉木代表、拉致問題解決のために安倍政権支持を!

    久しぶりの党首討論が行われましたが、相変わらずモリカケなんだろうなあ。 でげんなりdownと思っていました。 予算委員会でもずっとモリカケだったのに、党首討論もモリカケに全力投球ってなんなん?って。 ところが世論の批判を気にしてか、国民民主党の玉木雄一郎代表がモリカケを捨てたと話題になっています。 当たり前のことをして、話題になるのもなんなんですが…

    質問内容は、産経新聞が詳しく出しています。(記事一部引用)https://www.sankei.com/politics/news/180530/plt1805300030-n1.html 日米貿易と日露交渉について、ポイントを絞り込んだ質問内容になっています。 党首討論後には安倍総理が歩み寄り、握手を求めたということで、安倍マンセーの方々の発信も玉木を見直したというものが多くなっています。

    3
    続き

    竹下さん、内閣が吹っ飛んだら困ります!外交どうするの?

    一見ね、すごく正論なんです。

    竹下氏、財政再建「国家のためなら内閣吹っ飛んでも」

    (朝日新聞DIGITAL 2018年5月28日10時45分 記事一部引用)

    https://www.asahi.com/articles/ASL5W5HGTL5WUTFK010.html

    2
    続き

    恥ずかしい野党、情けない国会。外交に影響出ますよ!

    日本国民の大半は、今の国会の状況を良しとはしていないでしょう。 野党を支持している人たちも、審議拒否に呆れ、復帰後も『カケ』ばかりで、ガッカリしているのではないでしょうか?

    野党の支持母体である労働組合の方も、今国会の目玉法案と言われている『働き方改革関連法案』に対する、建設的で詳細な質疑をしてほしいと思っているのではないでしょうか? 普通に企業が儲かるだけの法律に見えますもの。 働き方改革という名の残業代カットは、既に始まっているのではありませんかね?

    5
    続き

    野党の出る幕無し状態。日中首脳会談の共同記者発表。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011432251000.html (NHK NEWS WEB 記事一部引用)

    会談で、両首脳は史上初の米朝首脳会談に向けた北朝鮮対応のほか、2国間の関係改善に向けた取り組みなどについて意見を交わしているものと見られます。 また、首脳会談にあわせて、両政府は海上や空での偶発的な衝突を避けるため、緊急時に連絡を取り合う「連絡メカニズム」の運用開始や、第三国での民間経済協力を推進するため、新たに官民合同の委員会を設置することなどについて、覚書などを交わすことにしています。

    1
    続き

    生徒の9割が中国人!中国日本自治区へ着々と。

    こういう話題こそ、国会で取り上げてほしいのですよね。 地方自治体が中国人留学生を率先して受け入れる現状を、国家として良しとするのでしょうか?

    救世主は留学生?(NHK NEWS WEB 4月25日 17時19分 記事一部引用)

    11
    続き

    私に野党をやらせてくれ!国会で議論したいのはこういうことだ!

    今国会で野党がおさぼりを続けておりましたが、おさぼり前も『モリカケ日報』ばかりで、ほぼ空転でした。 公文書改竄はとんでもない話なのできちんと追及をすべきですが、予算委員会でやる必要はなく、むしろ特別委員会を作り徹底的にやった方がよいと思っています。

    国会議員はどんな法律違反も認めないという強い態度を示すことも重要で、そういう緊張感から公僕という言葉を忘れた上級官僚が襟を正すかもしれないからです。 少なくとも理不尽ではなく、うるさい人は必要なのです。 国会議員同士でも同じことが言えます。 本来の意味でうるさい人が居なくなったことが、国会の劣化を招いているように思います。

    0
    続き

    ラストチャンス!今度こそ拉致被害者を連れ戻せ!

    昨日の22日、拉致被害者家族や「救う会」が開催した国民大集会で、 「南北、米朝首脳会談の際にも拉致問題が前進するよう、私が司令塔となって全力で取り組む」と発言したようです。

    0
    続き

    麻生さんG20出席を、なぜかNHKが批判してる件

    日本政府、英断です。 というか、普通の人が普通に考えれば、 セクハラ・文書改竄より、G20に出席すべきという結論が出ます。 ところが、NHKは麻生財務大臣がG20に出席することを、快く思っていないようです。

    ((富)はわたくし)

    麻生財務相のG20出席を決定 政府 財務省異常事態の中

    5
    続き

    河野外務大臣の声こそ日本強み!

    河野太郎衆議院議員が外務大臣に就任してから、ずっと感じていたことなのですが、声が強い、とても強いのです。

    私は声の出し方が与える影響など専門的なことはわかりませんが、河野外務大臣の一言一言の強さが『ヘタレ日本』外交から、『対等外交』へベクトルを変えているように感じます。

    1
    続き

    スリーパーセル、浅草にもいますか?

    買い物やら何やらで、週に3日は雷門前あたりをウロウロしています。

    この1年くらい日を追うごとに外国人観光客が増えているような気がします。 朝鮮語を話している観光客もたくさんいます。 周辺でお勤めしていると思しき、飲食店制服を着て朝鮮語を話している人も多いです。

    2
    続き

    日報問題、軍事の専門家を参考人招致せよ!

    「戦闘」という文字に過剰反応し、真実を見ようとしない国会に辟易としています。

    未だ「自衛隊の活動しているところは非闘地域」という言葉の亡霊が、国会内を支配しているんでしょうか?

    35
    続き

    みんな嘘つき!政治家も専門家も、そして防衛省官僚も…

    政治は嘘もつかねばならぬこともある。 でも、イラクや南スーダンへの自衛隊海外派遣部隊の、日報問題は異常です。

    日報が「無い訳は無い」ではないか! 行政が、特に軍隊がですよ、 日報が無いというのはあり得ません。

    軍人がどう生きたか、どう死んでいくのか、命のやり取りをしている現場を記さないわけがないんです。

    32
    続き