«
»
チャールズ・クラウトハマー
チャールズ・...
米コラムニスト
デービッド・イグナチウス
デービッド・...
米コラムニスト
E・J・ディオンヌ
E・J・ディ...
米コラムニスト
堂本かおる
堂本かおる
ニューヨーク在住フリーランスライター
ロバート・D・エルドリッヂ
ロバート・D...
エルドリッヂ研究所
ジョージ・ウィル
ジョージ・ウ...
米コラムニスト
後藤 文俊
後藤 文俊
流通コンサルタント
高永喆
高永喆
拓殖大学客員研究員
ペマ・ギャルポ
ペマ・ギャル...
チベット・中国問題
ロバート・サミュエルソン
ロバート・サ...
米コラムニスト
宋大晟
宋大晟
元世宗研究所所長
マーク・ティーセン
マーク・ティ...
米コラムニスト
呂 永茂
呂 永茂
南北戦略研究所所長
高橋 克明
高橋 克明
「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
ファリード・ザカリア
ファリード・...
米コラムニスト

孫向文 rss (海外ライター)

ライター一覧
孫向文

1983年に中国浙江省杭州市生まれ。 20代前半に中国で漫画家デビュー、その後は日本の週刊少年漫画雑誌で受賞。 2013年夏に中国のヤバ い裏事情を暴く『中国のヤバい正体』(大洋図書)が日本で発売、日本デビュー。 4刷の大好評 につき、週刊文春、週刊新潮、週間SPA!などさまざまな週刊誌に取材される。
以降に日本に移住し、第二弾『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書)『中国が絶対に日本に勝てない理由』(扶桑 社)、『中国人が見たここが変だよ日本人』(青林堂)が発売。現在は月刊漫画 誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)にて「国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話」 の漫画連載中。2020年2月、新刊文化論『中国人の僕が日本のアニメに救われた!』(ワック出版)
新刊コミックス『国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話』(竹書房)が好評発売中です。

楽天、米陸軍士官学校が中国に乗っ取られる

 こんにちは、元中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 最近話題になっている事件があります。去る3月31日、日本の楽天グループが、中国IT大手テンセントの子会社から出資の払い込み完了を確認したと発表しました。出資額は657億円で、出資比率は3.65%。中国資本が、巨大な日本人の顧客の個人情報を持つ「楽天」を乗っ取る第一歩が完成したと言っても過言ではありません。

1
続き

「新型コロナは超限生物兵器(super-limited biological weapon)」を証明する論文

 こんにちは、元中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 昨年、新型コロナを中心に「超限戦事変」(青林堂)を書きました。この本は、中国共産党が人工編集ウイルスの生物兵器で世界各国にバイオテロを行い、それが他国の経済と社会、人口を破壊するための工作だったことを暴露した一冊です。

18
続き

世の中に潜む中国共産党のIT「超限戦」VS保守の新しい交流のSNS

 こんにちは、元中国人・現日本人の漫画家の孫向文です。令和3年2月に、日本に帰化しました。今後は日本人として日本を中国共産党から護るように真実の情報発信活動をし続けていきます。

 昨年出版した著書『超限戦事変』(生物兵器で世界各国にバイオテロを引き起こし、他国の経済と社会、人口を破壊する工作を暴露した一冊)があります。「超限戦」とは「あらゆるの手段と戦法で相手を倒す」という意味で、兵器以外、ウイルス、細菌などの微生物、有害外来種、世論への浸透、金銭的誘惑、ハニートラップ、なりすまし、テロ、IT技術等々…。今回は「IT技術」に特化して、最近の中共がどのような「超限戦」を行っているのかというニュースに関してお伝えします。

9
続き

ビル・ゲイツ、ファウチ、山田忠孝と中国共産党が結託で世界の人口減少計画!?

 こんにちは、元中国人、現・日本人の漫画家の孫向文です。

 皆様にご報告があります。

3
続き

ミャンマー軍事勢力によるクーデターの黒幕は中国共産党なのか?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 2月に入り世界中に最も衝撃を与えたのは、ミャンマーの軍事勢力によるクーデター事件です。実は中国共産党が背後で画策してた、ということを今回はさまざまな証拠、証言をもとにまとめてみます。クーデター発生から今日まで、「中国の影」は実に隅々まで潜んでいるのは明らかです。

16
続き

ツイッターが児童ポルノに加担するダブルスタンダード

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカの大統領選挙が終わりました。これまで、バイデン民主党の大量の選挙不正行為を公開してきました。不正投票は明確な犯罪にもかかわらず、腐った司法機関はこれを無視して、破廉恥なマスメディアも「陰謀論」とレッテルを貼って抹消しようとしました。

17
続き

中国共産党、米主要メディアを完全に乗っ取り済み

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカの大統領選挙が終え、今回のような惨めな状況になってしまったことで、もっとも罪が重いのはマスメディアです。アメリカの99%のメディアは国家反逆罪に該当すると言っても過言ではありません。

92
続き

世界最大規模の児童人身売買組織犯罪をスルーしたペンス氏

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカ大統領選挙は「バイデン当確」という法律的ステップが完了したようですが、ディープステートがアメリカの三権の隅々まで浸透して、トランプ大統領に罠を仕掛けて落選させた格好です。不正選挙で当選しても、それを認めたら、もう2度と公正な選挙はできない、「民主主義制度の欠陥」を示しましたことになります。

86
続き

史上最大規模の中国スパイの巣を発覚

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカの大統領選挙はまだ結果が出ないうちに、中国のスパイが大量に発見されました。今回は前代未聞のレベルです。主に上海在籍の中国共産党員195万人の個人情報が流出しました。中には名前、民族(大半は漢族)、年齢、性別、勤務先まで詳細に記載されています。

53
続き

1兆1400億ドルで台湾を中国に売るバイデン民主党

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカ大統領選挙はまだ決まっていないうちに、自称当選のバイデン「次期大統領」がすでに政権の陣容を組み立て始めています。トランプ陣営が彼らの“政権ごっこ”に何も文句を言わないのは「戦略」だからと言われています。なぜなら、バイデン陣営が誰を任命して長官に据えるかは、「ディープステート」を炙り出す最高の“釣り”だからです。さすがトランプ大統領は策士です。早速バイデン陣営が「自爆」しました。

44
続き

バイデンの娘が「性・薬物依存」を告白、当選自称の滑稽さ

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 11月8日、アメリカの主要メディアを後追いして日本の全ての主要メディアが一斉に「バイデン大統領が当選」と流しました。これは日本史上最大規模の“詐欺報道”です。また、菅義偉首相はバイデンに電話をかけ、「バイデン次期大統領」と連呼して、一億総ミスリードしました。なぜなら、そもそも「バイデン氏当選」という事実は存在しません。

170
続き

バイデンが当選したら日本は悪夢!米民主党の地獄の犯罪証拠を暴く

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 アメリカ大統領選挙の開票作業はなかなか最終結果を出さず、日本の主要メディアはすでに「バイデン当選」とフェイクニュースを垂れ流しており、中国共産党と米民主党の極左に浸透されてることを再度証明しました。

123
続き

大統領候補者バイデン親子の重犯罪

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 10月15日、アメリカの保守系主要紙ニューヨーク・ポストがバイデン大統領立候補者の衝撃な犯罪事実を暴露しました。日本の主要メディアはいまだに報道せず、地上波テレビの報道も確認していません。日本のメディアは中国共産党とアメリカ民主党に都合の悪いことは報道しないという姿勢が明白です。

106
続き

緊急勧告!ADEで死亡・障害が発生!

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 9月30日、日本政府は国内外で開発が進む新型コロナウイルスワクチンに関し、接種では自己負担を求めず、全国民を無料とする方針を固めました。さらに来年前半までの確保を目指し、費用は全額国費で負担。国民の税金で予備費6700億円超が投入されます。

 これについて多くの日本国民が安全性と無償化の合理性に懸念を示しています。  

62
続き

米共和党全国大会、魂を奮い立たせる証言が次々と

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 今回のコラムでも、前回に続き、8月26~29日に開かれたアメリカの共和党全国大会での最も感動する話を紹介します。

19
続き

トランプ氏が再選するこれだけの理由

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 8月26~29日、米共和党全国大会が開催されました。日本のマスメディアは冷たい視線で偏向報道していましたが、実は米各州で、共和党支持を表明する割合が急増してます。今回はそれを裏付ける“証拠”をご紹介します。

41
続き

まだまだあります閻麗夢博士の内部告発<続編>

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 前回コラムの続編をお届けします。現在アメリカに亡命中の香港P3ウイルス研究所の閻麗夢(えんれいむ)博士証言を紹介します。    閻博士は7月28日に、スティーブン・バノンさんたちと一緒にワシントンDCのスタジオで記者会見を行いました。出席したのは、アメリカのマスメディア、ウイルス専門家たち、インタビュー後に分かったことですが、ホワイトハウスの要人でもあるピーター・ナヴァロ国家通商会議ディレクターも出席したようです。  

40
続き

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 最近の中国情報は、日本のメディアで報道されない情報が多く、驚いています。どこの誰を“忖度”してるか? 例えば、日本経済新聞が7月19日に英語版で報道した「87件の日本企業は脱中国、日本政府から700億円の支援金」という報道は未だに日本語版で見たことがありません。

65
続き

習近平が作った地球を取り締まる極悪法『香港版国家安全維持法』

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 6月30日、中国共産党政府習近平指導部は、急遽24時間以内に「香港版国家安全維持法」を通過させました。午前に全人代常務委員162人が集まって賛成票162 反対票0、棄権0、そして当日の夜23時ころに習近平主席が正式署名して正式通過させてました。

16
続き

北京は今や混乱状態!変異コロナのパンデミックからクーデーターまで!?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 日本のメディアは、今中国が危険な事態になっていることをろくに報道もしません。どういうことかと言えば、三峡ダム決壊寸前、長江流域大洪水、武漢水没、北京感染拡大、そしてクーデーター発生…等々、今や中国は明らかに大変な事態に瀕しています。

36
続き

中国共産党が敵国のマスメディアを侵略支配する惨状

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 日本のマスメディアは、特にNHK、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、沖縄タイムス、琉球新報などが、反日、親中の悪態報道をしているのは、日本人にとって周知の事実のようです。しかし、これらの主要メディアが、裏で中国共産党からの工作資金を受け取ってる証拠は、中々把握できていません。

●米紙に「原稿料」を請求せず「広告費」を支払って記事を掲載

39
続き

米発、世界に起こす「黒人の命を守る」デモの激ヤバ裏事情

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 5月にアメリカのミネソタ州で起きた、白人警察による黒人過失致死事件は、その後、世界各国でのデモ抗議活動として拡散し続けています。これは単に人種差別問題に抗議する「平和なデモ」にとどまらず、放火、商店の略奪、破壊活動にまで発展してしまいました。その中には「アンチファ」という自称反ファシストのテロ組織が混乱に乗じて騒ぎを引き起こしている、とトランプ大統領が認定しました。

72
続き

仏ノーベル賞学者「新型コロナからAIDSウイルスの配列を発見」と 言明

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスを罹患した人々が、ただの「武漢肺炎」ではなく、以下のような様々な症状が報告されています。

 以上のように、ありとあらゆる全身への症状が、世界各国から相次いで報告されてます。果たして、このウイルスの正体はいったい何なのか・・・??

37
続き