■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • チャールズ・クラウトハマー
    チャールズ・...
    米コラムニスト
    デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    後藤 文俊
    後藤 文俊
    流通コンサルタント
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    孫向文 rss (海外ライター)

    ライター一覧
    孫向文

    1983年に浙江省杭州市生まれ、2002年に中国でマンガ家デビューした後 に、日本の某少年漫画雑誌にもラブコメ作品で受賞、2013年夏に中国のヤバ い裏事情を暴く「中国のヤバい正体」(大洋図書)が日本で発売、4刷の大好評 につき、週刊文春、週刊新潮、FLASH、週刊プレイボイなどさまざまな週刊誌に取 材されました。以降に日本に移住し、第二弾「中国のもっとヤバい正体」、「中 国人による反中共論」(青林堂)「中国が絶対に日本に勝ってない理由」(扶桑 社)、「中国人が見たここが変だよ日本人」(青林堂)が発売。現在は月刊漫画 誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)にて「日本に潜む!!中国の危ない話」 と、 隔月刊「ジャパニズム」にて「大和撫子が行く」漫画連載中。その他、デイ リーニュースオンライン、日刊サイゾーにてコラム連載中、「サピオ」(小学館) や週刊SPAにて不定期にコラムが掲載します。最新単行本「日本人に帰化した い!!」(青林堂)好評発売中!数年後に日本に帰化する予定です。

    ウィグル自治区はまるで“ナチスの収容所”日本メディアが報じない中国の白色テロ

     こんにちは、マンガ家の孫向文です。

    ●中国の「白色テロ」の実態

     国家権力が行う“テロ行為”は「白色テロ」と呼ばれています。例えば、かつて毛沢東が発動した文化大革命のような大虐殺や、ナチス・ドイツが行ったユダヤ人への大虐殺(ホロコースト)がそれに当たります。

    17
    続き

    大量の中国人留学生が日本に押し寄せる裏にハイテク・カンニング技術

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

     日本の少子高齢化が止まらない中、日本国内は労働力不足で、日本政府はさらなる外国人労働者を受け入れる政策を展開しています。そうすれば、当然中国人労働者もたくさん押し寄せて来るでしょう。彼らにとって一番取りやすいビザは「留学ビザ」であり、そのまま卒業して、日本の企業、あるいは中国人投資移民が経営してる企業に入社して、そのまま日本に定住する中国人が増え続けることになります。

    29
    続き

    「台湾独立」の最初の提唱者は中国共産党!?

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

     5月16日、中国共産党を代弁する鳳凰衛視(フェニックステレビ)は、「台湾独立の戦犯の指名手配リスト」を公開しました。

     その内容は、蔡英文現総統や、李登輝元総統などを「指名手配」のようにトランプのカードに、罪のランクまで付けています。

    7
    続き

    米朝首脳面会ドタキャンのバックに中国の影?謎だらけの中朝首脳面会

    ●米韓軍事演習は北朝鮮への脅しが目的ではない

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  現在、日本のメディアでも注目されている「米朝首脳会談」(6月シンガポールで開催予定)。

     ズバリ、これはとても破天荒的な展開と言えます。

    8
    続き

    中国共産党が自国民を「人体実験」!?

    ●あらゆる職場で利用される「脳のスキャン」

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  2002年、ニューヨーク州立大学の生理・薬理学教授はラット(白いネズミ)の脳に電極を埋め込み、脳神経を刺激して遠隔操作でネズミの行為をリモートコントロールすることに成功しました。

    13
    続き

    「張子の虎!」習近平は何をビビった!?

    ●海上閲兵式を突如に中止したワケとは!?

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。

    15
    続き

    米中貿易戦争が白熱化、日本もアメリカに倣え!

    日本も中国のジャイアイズム契約に報復するタイミングがやってきた!  こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

     日本のメディアは詳細を報道していませんでしたが、今や米中の貿易戦争は、一段と白熱化しています。今はまさに、アメリカと中国における友好関係の転換期であり、それは日本も同じ状況です。

    5
    続き

    3.11改憲可決で習近平が皇帝になるのは日本への呪い?

    日本が報道しない全人代のヤバい裏話

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  3月に中国の大事件と言えば全国人民代表大会(全人代)です。僕は中国と香港、台湾、日本、アメリカの報道を見比べながら、中国の報道が“習近平礼賛一色”に、香港の報道もやや規制され気味、日本の報道はなかり限られたもの、アメリカと台湾の報道が一番ピシッと批判していた、と感じました。これは中国、香港、台湾、アメリカと日本がどれほど中国共産党の圧力をかけられているのかの実態を反映したものと言っても過言ではないでしょうか。

    17
    続き

    中国で「旭日旗所持」「日本軍服着用」なら最高5年懲役!?

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  現在、中国の全国人民代表大会(全人代)が、開催されてます(3月5日~20日)。全人代は、日本の「国会」のようなもので、憲法改正など国の一番大事な法律を作る会議となります。

     今大会で一番注目されるのは、習近平主席が国家主席の任期を撤廃すること。これは実質的に、習近平主席が北朝鮮のように「終身制」となる悪法です。全人代は、日本の国会のように議員の投票で議案を可決しますが、実際は、投票はあくまでも「民主主義ごっこ」。世界に向けて「中国は民主主義国家だ」と見せかける芝居なのです! 習近平主席の任期撤廃草案は、ほぼ100%可決は間違いありません。

    17
    続き

    中国共産党は再び教科書改ざん!その詳細は?

     こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。  日本では、数十年前から「アジア侵略歴史の改ざんは許さない!」などと、中国や韓国そして日本国内、世界中の左翼が批判しています。まだ日本に移住する前、僕は本当に「日本の右翼による教科書の改ざん」という中国共産党のプロパガンダを信じていました。しかし、日本の歴史改ざんを最もヒステリックに批判するのが中華人民共和国と韓国で、その理由はズバリ「自己投影」だということが分かってから、騙されないようになりました。

     韓国が独立後の一時期、漢字を廃止してハングル以外を使わせない国語政策をとったのには、漢字で書かれた過去の歴史資料を現在の韓国人に読ませないようにするためだと、頭脳明晰なある韓国人は説明してくれました。過去の歴史を点検できなければ、教科書をいくら改ざんしても分からない。韓国の歴史だけでなく、周辺国との関係史も政治家のおもちゃになってしまうのです。そうやって「慰安婦」や「徴用工」などのデタラメをいくらでも創作し、簡単に国民に吹き込むことができる。北朝鮮の教科書も金一族の3世代を“ファンタジー小説のヒーロー”として描くことができるわけです。  中華人民共和国の「簡体字」も巧妙な庶民に対する工作です。台湾、香港、マカオ、マレーシアなど「繁体字」を使う華人文化圏で流通している真実や情報、また繁体字で書かれた世界の歴史資料を、大陸の中国人が読解できないようにした発明なのです。

    137
    続き

    中国への情報ダダ漏れをトランプが断つ!

    米5Gネットワーク国有化の動機とは?

    中国政府が反米テロ組織に資金援助  こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。  2018年に入り中国共産党の触手は更なる全世界のインターネットに伸ばしています。

    27
    続き

    中共は日本の海底を侵略中!日本メディアが報じない日中の海底地形命名戦争の実態

    日本政府は中国の『洗脳』に惑わされず、積極的発言を  読者の皆様、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

     今回は尖閣諸島の事情についてお話しします。僕は2013年夏に日本にデビュー作『中国のヤバい正体』を発売しました、作中に描いた通り、自分が2012年に日本人と交流するまでは、「尖閣諸島は中国の固有の領土」という認識がありました。さらに恥ずかしいことですが、2014年になってようやく中国で言われている「南京大虐殺」が真実ではないと、確信しました。

    32
    続き

    「家系式の移民」廃止するトランプ政権の2018年新移民制度の意味

     ドナルド・トランプ氏はアメリカ大統領に就任以来、初めての年越しを迎えました。2018年から、アメリカ政府は移民政策で重大な改革を行います。1月30日の年頭教書演説で発表する予定です。

     新政策の特筆すべき点は、今までの「家系式の移民」を完全に廃止することです。

    118
    続き

    豪州ついに中国の内部侵略に反撃!?日本も「対岸の火事」ではない!

     今秋の衆議院選挙を終え、自民党が圧勝したことに、僕は少しホッとしました。結果として「民進党」が分裂し「立憲民主党」が結党されて選挙戦に臨み、最大野党となりました。もう一方で注目を集めた「希望の党」は、ほぼ9割以上が旧民進党に“乗っ取られる”という惨状です。  ご存知の通り、民進党、立憲民主党は中国や朝鮮半島から帰化した議員が集まった“病巣”です。このような政党に日本の国政を任せることは断じてできません。もし国政を担うことになれば、日本の国体が蝕まれてしまうことは言うまでもありません。

    ●豪州の惨状は日本と瓜二つ

    95
    続き

    世界中「あなたの会話は聞かれている」―中国が音声監視技術開発に成功

     2017年12月5日、中国淅江省烏鎮で開催された第4回世界インターネット大会が閉幕しました。中国政府は「『開放的』『共有的』なインターネットを構築しよう!」というスローガンをアピールしながら、今回のテーマは「インターネット主権」と「ネット監視の強化」です。

     分かりやすいように説明してみると、

    20
    続き

    まるで民族絶滅的な大虐殺!?チベット大地震で中国共産党の非人道的な対応の裏

    中国共産党、嘘だらけの被災地報道

     2017年11月18日、チベット自治区のニンティ市(漢語表記は林芝市)でマグニチュード6.9の大地震が発生しました。日本メディアは現地で取材ができず、こればかりは「被害状況は不明」としか報道ができません。では、ここで地震が発生してからの中国メディアの報道をまとめて紹介します。

    77
    続き

    実は中国人、華僑が日本の憲法改正を強烈支持!日本メディアが絶対に報じない真実

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。  今回は、日本の憲法改正で注目されている「憲法9条」-自衛隊の存在を認める項目、さらに自衛隊を国防軍に復帰させることについて書きたいと思います。  日本の自衛隊を軍隊に再建する憲法改正に対して、日本の皆さんは一般的に、日本メディアが報道しているように、中国や韓国政府の姿勢はほぼ100%反対だ、とお思いでしょう。しかし、実際の中国国民の声はどんな感じなのでしょうか?

     実は10月14日、僕は自身のTwitterでアンケートを行いました。どういうアンケートかというと、

    198
    続き

    共産党大会直前に毛沢東の孫が習近平に蹴り出されたワケとは!?

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。世界から注目されている中国共産党第19回全国代表大会、略して「十九大」は、2017年10月18日から24日まで、北京で開催されました。十九大の直前に、習近平国家主席が、胡耀邦の婿や劉少奇の息子ら江沢民一派を全国代表委員から外されること以外に、毛沢東の直系の孫である毛新宇までもが外されることに、中国国内はもとより、海外でも大きく注目されています。

     しかし習近平はこの度、就任以来となる毛沢東崇拝のイベントを開催しました。これはまさに毛沢東の威光を借りること。すなわち中国の兵法36計「借屍還魂」(しゃくしかんこん:屍を借りて魂を還す)と呼ばれる、毛沢東の死体に自分の魂を入れ替えて大義名分を図ることを意味します。しかしその一方で、毛沢東直系の孫である毛新宇が習近平に露骨に切り捨てられてしまったのです。

    21
    続き

    台湾が核兵器配備!? その時中国はどうする!?

     こんにちは、中国人マンガ家の孫向文です。今回も日本のマスコミが報道しない情報をお伝えします。

     9月18日、北朝鮮は北海道の上空を経過して太平洋に落下するミサイルを発射しました。今回は『火星12』型と呼ばれる高高度に到達する高性能ミサイルでした。射程距離は米領グアムをもカバーすると言われます。

    22
    続き

    香港の大学で言論妨害する中国人留学生の狼藉

     はじめまして。中国人漫画家の孫向文です。日本のマスコミが自社の都合によって報道しないけれど、実は中国や世界で話題になっているニュースを中心に今後、私のコラムでお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

    香港中文大学で「地元学生」と「中国人留学生」の小競合い

     今年の9月、香港にある複数の大学で「香港独立運動」が弾圧される複数の事件が起こりました。最初の事件は香港中文大学。

    23
    続き