■連載一覧
  • 緊急事態と憲法 私の提言
  • WHOトップ解剖 テドロス氏とは何者か
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 2020/5/01
  • 2020/4/20
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2020/1/01
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/11/04
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    蒲生健二
    蒲生健二
    アジア情報ブロガー
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    丹羽 文生
    丹羽 文生
    拓殖大学海外事情研究所准教授
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    新宿会計士
    新宿会計士
    政治経済評論家
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    佐藤 唯行 rss (国際)

    ライター一覧
    佐藤 唯行

    昭和30年(1955年)東京生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。専門は米国および英国の人種関係史、特にユダヤ人問題。著書多数。

    ロシアに急接近するイスラエル

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     ロシアとイスラエルが急接近している。過去1年間、ネタニヤフは「最も重要な同盟国、アメリカ」のオバマとは1度しか会談していないのに、ロシア大統領のプーチンと会談するために4度もモスクワを訪問しているほどだ。

     前回、2016年4月の訪露では、旧ソ連から出国したイスラエル在住のユダヤ移民数十万人に対し、ロシア政府が年金を支払う約束をネタニヤフはプーチンから取り付けている。

    2
    続き

    イギリス労働党の反ユダヤ主義

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     歴史的に英国ユダヤ人は二大政党(労働党と保守党)への重要な献金者であったため、英政界で反ユダヤ事件が起きることは滅多になかった。労働党に話を限っても歴代党首ゲイツケル、ウィルソン、ブレア、ブラウン、ミリバンドはユダヤの大義とイスラエルに対する強い同情心を表明してきたのだ。

    1
    続き

    ユダヤ系米大統領誕生せず

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     長きにわたり在米ユダヤ人の母親たちは自分の子供らにこう言い聞かせてきた。「アメリカでは何にだって望む者になれるのよ。ただ、大統領を除いてね」。この小話が言わんとするところは何か。それはアメリカでは財界、法曹界、学界等、幾多の分野でユダヤ人もトップに昇り詰めることができるのだが、政界では話が少し違うということだ。ユダヤ人が閣僚や上院議員になっても抵抗を感じぬ人々でも、大統領に就任することには抵抗を抱く者は相当多かったという過去の事情を示す小話なのだ。

    1
    続き

    米フォード政権の中東政策

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     米・イスラエル関係はフォード大統領の時代(1974年8月―77年1月)、険悪化の度合いを強めていった。その度合いは最悪の時期だったアイゼンハウアー政権期に次ぐレベルであった。何故ならフォードはイスラエルに対する軍事・経済援助を半年間も停止してしまったからだ。

    1
    続き

    ユダヤ系諜報活動の源流

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     多言語を駆使し、国際的な同族ネットワークを保持するユダヤ系はスパイとしては理想的な存在で、昔から諜報活動の分野で多くのスター・プレーヤーを輩出してきた。何しろ、同化主義的ユダヤ人の場合、素性を隠し、もうひとりの自分を演じながら世間を欺き暮らす術など、子供の頃から自然と身につけている者が多かったからである。

    2
    続き

    パラリンピック創始の哲学

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     4年後のオリンピック東京大会を控え、同時開催されるパラリンピックへの関心も俄に高まっている。この国際的催しを創始した人物こそ、ナチスの圧制を逃れて英国に亡命したユダヤ系医師、ルートヴィッヒ・グットマン(1899―1980)であった。ドイツ帝国領内で正統派ユダヤ教徒の家庭に生育した彼は名門ブレスラウ大学医学部に進学する。学位取得後、神経外科医として先駆的業績をあげ、若くして国際的名声を博したが、1933年、ヒトラー新政権が定めた公職からのユダヤ人追放により、彼は一夜にして地位と活動の場を奪われてしまうのだ。

    0
    続き

    宮廷ユダヤ人のロビー活動

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     18世紀、ボヘミア王国の都プラハには九つもの壮麗な会堂(シナゴーグ)を擁する欧州最大級のユダヤ社会が繁栄していた。けれど1744年12月、突然の苦難に見舞われる。翌年6月までに全てのユダヤ人をボヘミアから追放せよとの命令を女帝マリア・テレジアが布告したからだ。

    0
    続き

    社会主義者の米ユダヤ系議員

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     米民主党の大統領選予備選で首位に立つクリントンを一時、窮地に追い込む勢いを見せ、現在でも第2位を占めているのがバーニー・サンダース上院議員だ。サンダースは「ウォール街の貪慾」と戦い続け、国民皆保険に近い社会保障実現のために尽力してきた政治家だ。その情熱は彼が貧しい移民家庭出身者として頻繁に味わった金銭的困窮の中で培われたようだ。彼は議院内で分属を希望する委員会に入るため、いわば方便として民主党に籍をおいてきたが、自身が述べるように「社会主義者」なのだ。

    1
    続き

    米・イスラエル、最悪の時代

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     イラン核合意をめぐり対立する米・イスラエル関係。けれど過去に遡れば、両国の関係には今日より遙かに危機的な局面が幾度も発生していたことが判るはずだ。最悪の事例はアイゼンハウアー政権期(1953―61)だ。追い詰められたイスラエルの当時の姿を知れば、今回の対立など「コップの中の嵐」にすぎぬことが理解できよう。何しろオバマはイスラエルに対し愛のムチをふるう厳しいボスであるだけでなく、不良息子、イスラエルに沢山の恩恵を与え続けた寛大な父親でもあったからである。

    0
    続き

    イラン核合意に揺れる米議会

     イラン核問題の外交的解決を目指す米欧等6カ国とイランとの核協議は7月14日、最終合意に達した。眼目はイランが最長15年間、自国の核開発を大幅に制限し、厳しい査察体制を受け入れること。引き換えに欧米側は経済制裁を段階的に解除するという内容だ。

    0
    続き

    ルーズベルトとユダヤ難民

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     今年はフランクリン・ルーズベルト没後70年にあたる節目の年だ。未曾有の危機、大恐慌と第2次大戦に立ち向かい、見事、乗り切った米大統領(在任1933~45)だ。一方、ユダヤ難民問題への対処では評価はかんばしくない。「ナチス・ドイツが欧州ユダヤ人の3分の2を殺戮(さつりく)している間、彼はそれを冷淡に傍観していた」という批判もあるくらいだ。果たして真相はどうなのか。まずは33年1月に発足する政権1期目からみてみよう。

    0
    続き

    ユダヤ金融規制した大憲章

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     日本の高校生も世界史の授業で学んだことのあるマグナ・カルタ(大憲章)。今年はマグナ・カルタ発布、800周年にあたる記念の年だ。発布の地、英国東南部ラニミードではエリザベス女王やキャメロン首相も出席し、祝賀式典が盛大に催されたのである。

    0
    続き

    ケネディのイスラエル政策

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     第2次大戦勃発直後、ひとりのラビ(ユダヤ教の導師)がロンドンの米大使館を訪れていた。ナチス支配下の中欧に取り残された自分の妻子(米国籍者)の救出に助力を求めるためだった。やっとの思いで大使との面会に漕ぎつけたが、大使はラビを厄介者扱いし、冷淡な対応に終始した。憤慨したラビは、別れ際に呪いの言葉を投げつけた。「汝が我が子等に哀れみを示さなかったのと同じように、神は汝の子等に哀れみを示さぬだろう」。

    0
    続き

    6日戦争とジョンソン大統領

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     ケネディ暗殺の直後、副大統領から大統領に昇格したジョンソンのもとを、不安に満ちた表情のイスラエル外交団が訪れていた。このとき、ジョンソンは彼らに向かって「あなた方は偉大な友を失ってしまいましたね。けれど私があなた方のより良い友になりますよ」と語り励ましたという逸話が伝わっている。イスラエルを支援しながら公然たる同盟に踏み切れなかったケネディに対し、今日に至るまで続く強固な米・イスラエル間の戦略的提携関係の基礎を構築したのがジョンソンであった。次にその姿をみてみよう。

    0
    続き

    米ユダヤ系人事介入の起源

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     今年、2015年は米トルーマン政権誕生70周年にあたる年だ。ルーズベルトの急死により副大統領から昇格したトルーマンに対しては、当初その力量を危ぶむ声も聞かれた。しかし、今日では彼が下した「ソ連封じ込め政策」はまことに時宜にかなったものであったと政治学者たちから高い評価を受けている。また、彼の政権期はユダヤ史の文脈から見ても注目に値する。

    0
    続き

    「反ユダヤ不在神話」の崩壊

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     北欧の小国デンマークは欧州先進国の中でもユダヤ人に寛容で「反ユダヤ主義不在の国」と長らく信じられてきた。この評判を覆す血腥(ちなまぐさ)い悲劇が2月15日未明に発生した。首都コペンハーゲン中心部にあるユダヤ教会堂入り口付近で男が銃を乱射。警備にあたっていた同会堂の男性信徒の頭部を撃ち殺害。他に2人の警官も負傷させたテロ事件だ。当局は1月のパリでのユダヤ商店銃乱射事件を教訓に重装備の警官を普段の2倍配備していたため、堂内の祝典に参加していた80人の信徒は無事だった。けれど増派を怠っていれば大惨事になっていたはずだ。犯人は22歳の同国生まれのイスラム教徒、オマル・エルフセイン。

    0
    続き

    脅かされる在仏ユダヤ社会

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     1月9日、パリ東部バンセンヌのユダヤ食料品店で起きた凶行は世界を震撼させた。「イスラム国」に共鳴する在仏テロリスト、アメデイ・クリバリが人質を取って立籠り、4人のユダヤ人客を殺害した事件だ。ユダヤ人を狙った同様のテロは近年頻発している。2012年3月には南仏トゥールーズ市でアルカイダと連携する在仏アルジェリア系イスラム教徒がユダヤ人学校に押し入り、導師と3人の学童を殺害した一件は記憶に新しい。こうした事態を鑑みて在仏ユダヤ団体の某幹部は「我々は目下戦争状態にある」と危機感をあらわにしている。フランスは何故、欧州における反ユダヤ主義の主戦場と化してしまったのだろうか。

    0
    続き

    2015年の米ユダヤ系議員団

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     現在、米連邦議会におけるユダヤ系議員の総数は上院が10人、下院が19人。米総人口の2%弱にすぎぬユダヤ系が上院議員の10%を占めている事実は米政界における彼らの無視し難い力量を物語る証左といえよう。

    0
    続き

    ノーベル賞とユダヤの恩師

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     ノーベル賞を受賞した日本生まれの科学者は通算19人。そのうち7人までが化学賞の受賞者である。国別では米、独、英、仏に次ぐ世界第5位だ。それ故、「化学は日本の御家芸」という呼び声も聞こえてくる。化学合成によって新たな物質を生み出し、資源に乏しい日本が生き延びてゆくための原動力にしたいという日本国民の悲願の結晶といえよう。

    0
    続き

    米世論戦で勝った日露戦争

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     大国ロシアに対して乾坤一擲(けんこんいってき)の戦いを挑んだ明治政府。屈指の米国通、金子堅太郎男爵に密命を託した。米国内で友好的な対日世論を盛り上げ、ころあいをみはからって講和仲介の労を米大統領に頼めという命令だった。長期戦には耐えられぬ国力の乏しい日本。苦肉の戦略だった。託された責務の重大さに金子は「三寸の舌のあらん限り各所で演説してまわり、三尺の腕の続く限り筆をもって書きましょう」と覚悟の程を語ったそうだ。こうして開戦劈頭、1904年2月24日、アメリカへ向けて出港したのだ。以後、1年3カ月の長きにわたり米大陸を東奔西走し、米国民の日本への同情心を盛りあげるべく、広報・宣伝活動に尽力したのだ。

    0
    続き

    実例「日本の恩人、ユダヤ人」

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     近代以後、日本人とユダヤ人が出会ってから140年以上の歳月が経過した。このふたつの集団の相互関係は基本的に友好と親善が基調をなしてきたと言ってよい。その最も著名な実例は日本軍占領下の上海、満州における犬塚惟重海軍大佐、安江仙弘陸軍大佐によるユダヤ難民の救援事業。そして外交官、杉原千畝によるユダヤ難民へのビザ発給の美談といえよう。

    0
    続き

    占領改革を担ったユダヤ系

    獨協大学教授 佐藤 唯行

     連合軍の日本占領により数千人ものユダヤ系が占領軍将兵、GHQ(連合国軍最高司令部)文官として来日した。

    0
    続き