■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    小名木 善行 rss (文化)

    ライター一覧
    小名木 善行

    昭和31年1月生まれ。東京目黒の生まれで、静岡県浜松市出身。現在千葉県在住。国史研究家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。平成12(2000)年まで上場会社管理職。バブル崩壊後独立。インターネットでブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。著書に『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻。『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がある。なお同書は、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

    めぐり逢ひて 見しやそれとも 分かぬ間に 雲隠れにし 夜半の月影 紫式部

    めぐり逢ひて 見しやそれとも 分かぬ間に 雲隠れにし 夜半の月影 (めくりあひてみしやそれともわかぬまに くもかくれにしよはのつきかけ)

    (現代語訳) 久しぶりにめぐりあったけれど、見たかどうかもわからないうちに、月影のように雲に隠れてしまいましたわ。

    0
    続き

    人の上下と師道を谷時中に学ぶ

    谷 時中(たに じちゅう、1598-1650)は、土佐出身の、戦国から江戸初期を生きた儒学者です。 戦国時代、我が国の価値観が混乱し、人を殺したり怪我をさせてもとにかく強ければ良い、強ければ赦されるという、不可思議な道徳観が蔓延しました。 人々の欲望が刺激され、人は己の欲得のために生きるものという気風が高まり、周辺国からやってきた人々が国内でありえないような犯罪を犯して逃げていくことが日常となった時代でもありました。

    ちなみにお伊勢様の式年遷宮は、太古の昔より国費をもって営まれてきました。 ところが国費で行われない時代が、我が国の長い歴史において、二回だけあります。 一度目が応仁の乱に始まる戦国時代の100年です。 二度目が大東亜の敗戦後の74年です。 つまり戦国期は、戦後の日本によく似ているということです。

    1
    続き

    昭和天皇行幸

    昭和20年8月の終戦後のことです。 日本は未曾有の食料危機となりました。 物価も高騰しました。 食料の配給制度は人々の生活を賄うに足りませんでした。 不衛生で暴力が支配する闇市があちこちに立ち並びました。

    それまで、東亜の平和を願い皇国不滅を信じていた人々は、価値観を根底から否定され、いかに生きるべきか、どう生きるべきかという規範さえも失い、呆然とし頽廃と恐怖と飢えが人々を支配していました。 その日本人が、ある事件をきっかけに、国土復旧のために元気になって立ち上がりました。 きっかけとなったのが「昭和天皇の全国行幸」です。

    0
    続き

    七五調で読む古事記

    古事記の読み方は、それぞれの本の著者の先生によってまちまちです。 拙著の『ねずさんと学ぶ古事記』では、岩波書店の『日本古典文学大系』の読みを利用させていただきましたが、もともと神話は、もちろん神代文字によって文字化されていたとはいえ、相当古い時代からの口誦によってもたらされていたものと考えられます。

    そして口誦によるものは、日本語の場合、和歌と同じで概ね「七五調(しちごちょう)」で語られるといって良いと思われます。 その意味で、古事記の読み方も、おそらくは七五調であったものと思われ、そこであらためて七五調で古事記を呼んでみたらどうかという提案が、この稿の目的です。

    0
    続き

    当用漢字と筆順が日本人をアホにする

    ▼必ずの筆順

    漢字の筆順といえば、上から書くとか左側から書くといったルールに基づいていると教わったご記憶があろうかと思います。 筆順は結構テストに出る問題ですから、意外と厳しく教えられるものです。 ところがそのように教えられることによって、実は戦後生まれの私たちは、漢字の持つ象形性を無理やり見えなく(わからなく)させられています。 たとえば「必」という字があります。現代の筆順は・・・みなさん手で書いてみてください。

    1
    続き

    常在戦場と米百俵 小林虎三郎

    米百俵(こめひゃっぴょう)といえば2001年の流行語として覚えておいでの方も多いのではと思います。 当時、小泉内閣発足時の総理の国会所信表明演説で、この言葉を引用して有名になりましたが、もともとは幕末から明治初期にかけて活躍した越後・長岡藩(いまの新潟県長岡市東部)で大参事を務めた小林虎三(1828〜1877)にまつわる故事から引用された言葉です。

    越後・長岡藩藩主の牧野氏は、三河国でもともとは今川家の家臣でしたが、今川家が滅び、後に徳川家康の家臣となり、以後、豪勇を持って知られた徳川十七将に数えられた名門です。 この牧野氏が最初に知行(ちぎょう)していた牛久保は、戦国時、常に今川、武田、織田、松平からの脅威に晒されていたところで、ここから家訓として「常在戦場」の四字が生まれています。 「常に戦場にあるの心を持って生きる」という意味です。 ちなみに山本五十六大将も、この「常在戦場」を座右の銘としていました。

    1
    続き

    仁徳天皇 民のかまどと古墳のお話

    仁徳天皇(にんとくてんのう)といえば、「民のかまど」の物語で有名です。 仁徳天皇の四年、天皇が難波高津宮から遠くをご覧になられたときのことです。 「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、  貧しくて炊くものがないのではないか。  都がこうだから地方はなおひどいことであろう」 と、天皇は向こう三年の租税の免除を求められました。

    ここまではよく知られたお話です。 ところがこのお話には続きがあります。

    1
    続き

    赤穂浪士外伝「紅扇に乗せた梅の花」矢頭右衛門七

    せんだって、赤穂浪士討入の理由について、このブログに書かせていただきました。 要約すると、江戸時代の日本では権力を行使する者は、同時にそれに等しい責任を必ず負担していた。 浪士の討ち入りについていえば、その責任者は将軍となり、その将軍への責任を回避するために知恵者の柳沢吉保が知恵を絞って行ったのが、討ち入りを義挙とすることであった、というものです。

    ちなみにこのとき、コメント欄で「(将軍と勅使の席次が変更になったのは)十四代将軍家茂の将軍の時代であった」というコメントをいただきました。 要するに赤穂浪士討ち入りから200年近く経ってから制度が改められたわけで、その意味ではご指摘の通り赤穂浪士討ち入りとは、直接の因果関係はないともいえます。

    0
    続き

    考古学的発見によって変わる古代史

    2005年の夏休みのことです。 国立科学博物館で「縄文対弥生ガチンコ対決」という催しものが開催されました。

    上にあるのは、そのときのポスターの写真です。 実は、この写真、縄文人、弥生人に現代人が扮しているのですが、服装や装飾品、髪型に加えて、モデルの顔立ち体型などまで、しっかりとした時代考証に基づいて、写真に収まっているとされました。

    3
    続き

    徳のある人とは

    「仁」は、五常における最高の徳目で、人と人との間に通う親しみやいつくしみ、あるいは思いやりの心です。 そして訓読みが「ひとし」です。つまり人と人が対等な関係にあることが、日本的儒教における仁です。

    「義」は、羊に我と書きます。 古代において羊は神への捧げ物で、羊の代わりに我が身を捧げることが義です。 訓読みは「ことわり」です。 誰かのために身を犠牲にして働くことこそが、人に課せられた「ことわり=条理」であるということが、日本的儒教の特徴です。

    1
    続き

    赤穂浪士の討ち入りの理由

    テレビや映画のなかった江戸時代、江戸の民衆を虜にしたもののひとつが歌舞伎です。 歌舞伎はマス席と呼ばれる席を買って鑑賞するのですが、演劇を観ながら、お弁当を食べる。 そのお弁当がとても美味しいわけです。

    その歌舞伎の演目の中で、たとえば赤穂浪士はたいへんな人気を博しました。 そんな赤穂浪士の歌舞伎を観た帰り道、蕎麦屋に入って、お蕎麦をすすりながら、お爺ちゃんから、 「実はな、赤穂浪士ってえのは・・」 と、演劇では語られなかった真実を教えてもらうと、これがまたたいへんにおもしろい。

    2
    続き

    日本における武人の生き様としての素性法師を考える

    百人一首の21番に、素性法師(そせいほうし)の歌があります。

     今来むといひしばかりに  長月の有明の月を  待ち出でつるかな

    この歌は、「つるかな」と女言葉で詠まれた歌です。 歌を現代語訳したら、 「あの人は、  すぐに帰って来るよと言って出ていった。  もう秋となり  明け方の月がかかる季節になったけれど  あの人はまだ帰って来ませんわ」 といった意味になります。

    3
    続き

    桜餅のお話

    新しくて甘くて、ちょっぴり塩辛くて、とてもおいしくて、世界中誰からも愛される、それこそ桜餅のような、息の長い、美味しい新しい文化を世界に発信してしていくことが、いまの私たち日本人に課せられた使命なのかもしれません。

    桜餅(さくらもち)には、上方風と江戸風の二種類があります。

    2
    続き

    日本の会社、欧米の会社

    よく言われる「お金持ちになる方法」というものがあります。 他人に儲けさせて、その儲けを横取りするというのが、最高の金儲け法なのだそうです。 その意味では、私のように、自分で書き物をしたり講演したりしているような者は、金儲けからは程遠いところにいることになるのですが(笑)、世の中には様々なビジネスを考え出す人たちがいるわけで、そうした人たちに稼いでもらって、そのアガリを巧妙に奪えば、遊んでいてもお金が増えていく。 実はそのことを世の中の仕組みとして定着させているのが西洋生まれの会社の形です。

    「会社というのは、商法上は株主の持ち物であって、その会社で働く社長以下従業員のものではなく、株式会社の商法上の建前は、会社の社員というのは、その会社で働く人ではなくて株主のことだ」などと聞くと、何やらどうしても違和感を感じてしまう人が多いのではないかと思います。 日本では、会社の社長が会社のオーナーだし、その会社で働く人が社員だと、ほとんど誰もが思っているからです。

    0
    続き

    和菓子のお話

    和菓子は、日本の伝統的製造法で作られるお菓子です。もともとは、単に「菓子」と言っていましたが、明治時代以降に西欧から新しく入ってきたお菓子が「洋菓子」と呼ばれたため、対応して「和菓子」と呼ばれるようになったのだそうです。 実はこの和菓子、とんでもなく古い歴史を持っています。

    クッキーといえば洋菓子と思っている方が多いと思いますが、実は一万年以上前から、日本人はクッキーを焼いて食べていたのです。長野県の曽利遺跡で、炭化したクッキーが発見されて以来、東日本の縄文遺跡から多数出土しています。

    1
    続き

    大塩平八郎に学ぶ戦いの心

    江戸時代の天保8(1837)年に起きたのが「大塩平八郎の乱」です。 この事件は、旗本が出兵しましたが、それは島原の乱以来、なんと200年ぶりのことでした。

    大塩平八郎の乱は、それだけの大事件だったのです。 事件が起きた年というのは、よく江戸の時代劇の人情ものなどで描かれる文化文政時代のすこし後の時代です。 ペリーが浦賀にやってくるのが、16年後。 明治維新が31年後です。

    0
    続き

    天皇を頂点とする我が日本の興隆は天地に終わりなし

    吉田松陰は、日本が滅ぶ、日本が亡くなってしまうのではないかと心配する水戸藩の郷士、堀江克之助に、次の書を与えました。 「天照の神勅に、  『日嗣之隆興 天壞無窮』と有之候所、  神勅相違なければ日本は未だ亡びず、  日本未だ亡びざれば、  正気重て発生の時は必ずある也、  只今の時勢に頓着するは  神勅を疑の罪軽からざる也」

    上にある言葉をねず式で現代語すると次のようになります。 「天照大神の御神勅には、  『天皇を頂点とする我が日本の興隆は天地に終わりなし』とあります。  実際、日本はいまだ滅びていません。  ならば、  日本国が正気になるときは必ずやってきます。  ただいまの時勢に翻弄されるのは  天壌無窮の神勅を疑うことです。  それは決して軽くない罪です。」

    3
    続き

    歴史とは何か

    歴史というのは、書かれたものが歴史です。 過去にあった事実(事件や事故、あるいは人の功績)のこと自体は、「過去の事実」であって、それ自体のことは歴史とはいいません。

    「たとえば湯川秀樹さんがノーベル賞を取った」というのは「過去に起きた事実」であって、「歴史」ではないのです。 そうではなくて、なぜ湯川秀樹博士がその研究をするようになり、どのような苦労や経緯のもとにノーベル賞を取るに至ったかについて、合理的に筋道を立てて説明して書き記したものが「歴史」になります。

    0
    続き

    ザビエルの言葉とこれからの日本

    フランシスコ・ザビエルの日本に関して述べた有名な言葉があります。

    「この国の人々は  今までに発見された  国民の中で最高であり、  日本人より優れている人々は  異教徒の間では見つけられない。

     彼らは親しみやすく、  一般に善良で、  悪意がない。

     驚くほど名誉心の強い人々で、  他の何ものよりも名誉を重んじる。

    1
    続き

    黒船来航のお話

    日本は古代から現代にいたるまで、ずっと天皇を中心としてきた国柄を持ちます。 ですから、鎌倉幕府も足利幕府も織豊時代も徳川時代も、それらは天皇という国家最高権威の下で政務を司る、いわば政権交替にすぎません。

    江戸時代、諸藩のことは「国」と呼ばれていましたが、国という字は、いまでこそ国家を意味する用語となっていますが、もともと日本語の「クニ」は、そういう意味の語句ではありません。 日本語の伝統は、古くは1万年以上も昔の縄文時代にまでさかのぼりますが、自分や自分の家族が住むのが「イエ」です。

    1
    続き

    人の名誉を大切にする

    いまでいう小学校4年生向けに発刊されていた戦前の『尋常小学修身書巻四』に「人の名誉を重んぜよ」という抄があります。ご紹介します。 文章はそのままに、文語表現を現代文にあらためています。

    ******尋常小学修身書巻四 人の名誉を重んぜよ

    2
    続き

    薙刀(なぎなた)と娘子隊

    すこし前に「あさひなぐ」という女子高生の薙刀(なぎなた)を扱った映画が公開されました。 いまはレンタルのDVDでも観ることができますが、とても素晴らしい映画で、大感動して二度も観てしまいました。

    いま高校で薙刀部のある学校は、限られたごくわずかしかありませんが、江戸の昔は武家の娘なら、薙刀は常識で、誰もが学ばなければならないとされたものでしたし、娘たちは進んで薙刀を習いました。 なぜかというと、薙刀といえば静御前、静御前といえば、薙刀の名手として名高かったからです。 そして実は、薙刀と刀では、薙刀のほうが武器として圧倒的に強い。 薙刀の女子と、剣術の男子が試合をする場合、最低でも男性の側が二段以上上でないと、勝負にならないとまでされたものです。 実はそれほどまでに薙刀は強い武器で、その、いわば最強の武具である薙刀を、武士たちは女性に持たせていたわけです。

    1
    続き

    国連という幻想と未来

    国連の英語名が「United Nations」で、この名称がかつての大東亜戦争の際に我が国が戦った戦争当事国の相手方の諸国の名称と同じ名前であることは、このブログでも何度もお伝えしていることですし、みなさまよくご存知のとおりです。

    ではその国連(United Nations)がいつ出来たのかというと、発足は昭和20年10月24日で、そこから10月24日が「国連デー」というのが、多くの日本人の常識として認識されていることです。 けれど、何でもそうですが、こうした国際機関が、ある日、こつぜんと出来上がるということは、絶対にありません。 こうした国際機関は、それ以前から入念な準備があって、はじめて発足できるものです。

    3
    続き