■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    小名木 善行 rss (文化)

    ライター一覧
    小名木 善行

    昭和31年1月生まれ。東京目黒の生まれで、静岡県浜松市出身。現在千葉県在住。国史研究家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。平成12(2000)年まで上場会社管理職。バブル崩壊後独立。インターネットでブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。著書に『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻。『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がある。なお同書は、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

    外国人がやってきた

    国が荒れ、食べ物がなくて責任を伴わない権力だけが残るとどうなるか。 そこはまさに地獄絵図に描かれた地獄になります。 武器と権力と持つ者が、持たない者を食べるからです。 日本が、古代から中世にかけての半島にならないために、私たちはいま重大な岐路に立たされているのかもしれません。

    古代の朝鮮半島の様子をものすごく簡単にまとめると、次のようになります。

    19
    続き

    古代の人が築こうとした日本

     記紀は、相対的な個人的幸福感よりも、大多数の人々の喜びを次の世代につなげていくことを重視した国をつくろうという明確な国家統治の理念を確固たるものにしていくためのツールとして存在しています。 そのような史書を持っている国に生まれたことは、とっても幸せなことです。

    20
    続き

    Chinaと満洲の歴史と日本

    満洲が乱れれば、それはそのまま日本の危機となります。 当時にあっては、それが日本の現実であり危機であったのです。 能書きの問題ではないのです。

    18
    続き

    十和田湖のヒメマスと和井内貞行

    いまどきの日本では、いまこの瞬間のお金だけが「豊かさ」の象徴のように言われます。 けれど経済的豊かさだけが「豊か」であることにはなりません。 「蔵の宝より身の宝 身の宝より心の宝」というのは、武士の生き方そのものであったのです。

    ヒメマスの稚魚

    樋口一葉といえば「たけくらべ」で有名な明治の女流作家です。 以前は五千円札にも顔が載りました。

    17
    続き

    反日運動はケモノの論理

    米国在住の日系人で矢野 祥(やの しょう)という医学者がいます。 なんと9歳で大学に入り、13歳で医学部の大学院に入ったという秀才です。 IQは200もあるのだそうです。 妹もいて、やはり11歳で大学に入り、13歳で全過程を終了して卒業してしまいました。 両親は父が日系人、母が韓国系です。 何をいいたいのかというと、Koreanだから馬鹿にしてはいけないということです。

    16
    続き

    身分を返上した武士や貴族たち

    世界中どこでも、革命を成功させると、その成功させた側が、以後の政治の中心、つまり権力者になります。 しかし我が国にはこの歴史があてはまりません。 明治維新では、維新の立役者となった藩主も武士たちも維新成功後に進んで身分を返上しています。 さらに「四民平等」を実現し、「版籍奉還、廃藩置県」まで行っています。

    7
    続き

    建国宣言とその内容を教えないという哀れな国とは

    いま、戦後教育を受けてきた日本人で、日本建国の詔(みことのり)を学校で教わったご記憶を持つ方は、いるのでしょうか。

    5
    続き

    お能と面のお話

    「能面」が、ひとたび舞台の上に立つと、実に豊富極まりない表情を持ちます。 増女でいえば、うつむいて手が涙を拭くように動けば、まさに面が泣いているように見えるし、逆にすこし上向き加減になれば、晴れ晴れとした喜びの表情が浮かび上がります。 これほど自由自在に、かつ微妙に心の陰影を表すことができる面は、まさに世界で能面だけが達した世界です。

    4
    続き

    天皇陛下新年の御製

     もったいないことですが、今年もまた元日御発表の天皇陛下の新年の御製の解説をしたいと思います。本来であれば識者の方々がメディアを通じて臣民にしっかりと御製の示す意味を解説すべきことです。  残念ながら、そうしたものがまったくありません。不肖私ごときが行うようなことではないのですが、ご不敬を承知で、解説させていただこうと思います。

    3
    続き

    当用漢字は日本文化破壊工作の一環としてつくられたというお話

     皆様学校で、何の疑問も持たずに「当用漢字」を習ったことと思います。 実はその「当用漢字」は戦後に誕生し、GHQによる日本破壊工作の一環として生まれたものであると申し上げたら、どのように感じられるでしょうか。

     「当用漢字」は、GHQの指導に基づき、昭和21年11月5日に国語審議会が答申し、同年11月16日に内閣が告示しました。 要するに戦後の占領政策の一環として誕生しました。 もともとは、日本占領時に、日本精神弱化のために日本の公用語を英語にしてしまおうという動きもあったのですが、日本には1億からの人がいるし、日本人が英語が堪能になって逆に文化侵略をしてくるのも恐ろしい(笑)ということから、日本語そのものに手を加えようとして実行されました。

    3
    続き

    天皇朝鮮半島渡来説を斬る

     ある方から、「天皇が朝鮮半島から渡来したという説があるけれど、ねずさんはどう思いますか?」というご質問をいただきました。 いまだにそのような戯言にもならないくだらないことを、公然と主張してはばからない馬鹿者がいることは驚きですが、せっかくですので以下にその答えを述べます。  7つの理由から、この説は「あたらない。とんでもない説」であると断じます。

    1 朝鮮半島はかつて無人だった

    3
    続き

    今日は真珠湾攻撃があった日

     今日は真珠湾攻撃が行われた日です。 このことについて、私たちは歴史の教訓をしっかりと学ぶ必要があると思います。

     76年前の今日、真珠湾攻撃が行われました。 戦後書かれた日米の戦争に関する記述は、内外を問わず、ほとんどが真珠湾事件から始まっています。

    3
    続き

    おどろくべき日本の最先端技術とこれからの課題

    エクボ株式会社という会社があります。 この会社の存在は、日本弥栄の会の月刊『玉響(たまゆら)』12月号の対談記事で知りました。 まさに世界の最先端の技術開発に取り組んでいる会社です。

    以前にもご紹介しましたが『玉響』は、いろいろな雑誌の定期購読をしていますけれど、正直な話、到着同日に毎号全部読み終えてしまうのは、この『玉響』だけです。 非常に内容の濃い雑誌です。  ▼冊子玉響▼http://www.nihoniyasaka.com/book/

    14
    続き

    北のミサイルにはサリンが搭載されている

     万一有事となれば、日本全国で北朝鮮の工作員たち「都市型テロ」が決行され、サリンやVXガス、炭疽菌がばらまかれます。他にも弾道ミサイルによって、直接それらのガスや菌が日本の都市部に降り注ぐことになります。

     当然日本の原発も狙われます。  いま国会で審議すべきは何でしょうか。  メディアが取り上げるべきは何でしょうか。  それは、もりかけそばや、すもうでしょうか。

    12
    続き

    国家の原点

     実は習キンピラ氏がChineseから見て堯舜である限り、彼はChineseたちからの支持を受け続けるし、Chinaに革命や改革は起こりようがないといえます。

     革命や改革は、その国や民族の原点に還ることによって達成されます。 これはどこの国のどの民族も同じです。

    9
    続き

    国際金融資本

     株式市場は、大きな段ボール箱に例えることができます。 その段ボール箱に、ドル札が山のように積み上がっていく状態が、株価が上昇している状態です。

     一方、その積み上がったドル札が、箱から次々と出されて、箱の底が見えるようになる状態が、株価が急落している状態です。 ではこのとき、箱から出されたドル札は、いったいどこに消えたのでしょうか。

     よく、「日本を取り戻す」という言葉が使われます。

     当然です。

    9
    続き

    日本人として自覚を取り戻す

     独りの人間の生涯など、長生きしてもたかが100年前後です。ところが我が国の神話や文化の伝承は、少なく見積もっても二万年以上続いてきたものなのです。世代数にしてみたら、およそ千世代です。  父から子へ、子から孫へという伝承が、千世代続いてきた、そのエッセンスなのです。当然、長い歳月の経過の中で、不要なものは捨てられます。そして、大切なものだけが生き残る。そして生き残ったエッセンスは、一見すると単純そうで、実は奥深い。

    8
    続き

    日本人の「還るべき原点」とは

     還るべき原点を持つこと。  それがアイデンティティの源です。  私たち日本人は、神話を取り戻すことによって、瞬く間に日本人としてのアイデンティティを取り戻すことができる民族です。

     これは新しい歴史教科書をつくる会の歴史教科書だけが、明確に主張していることですが、日本の歴史は、7世紀と19世紀の2回、極めて大きな歴史のターニングポイントを迎えています。

    7
    続き

    駆逐艦「雪風」物語

    世の中に「運が良い人」っているものです。 持って生まれた強運とは、うらやましい限りです。 不思議なもので、軍艦にも「運」があることを感じさせてくれるのが、戦時中に活躍した駆逐艦・雪風です。

    7
    続き

    これからの2年で日本は変わる

     情況が良くないときには満面の笑顔で。  情況が良いときには沈鬱な表情で。  リーダーの基本です。

    6
    続き

    地球環境の長期的変化と仮説

     地球環境が、いまの地球環境に限定して古代を考えることは、私は間違っていると思います。  地球環境は、たとえば海面の高さはいまより140メートルも低かった時代もあれば、10メートル以上も高かった時代もあったのです。

    0
    続き

    倭(やまと)の神と呼ばれた男

     最初に問題提起をして、その答えを徐々に明らかにしていくというのが、古事記の記述の特徴です。  古事記の中つ巻の場合、「天下の政」という言葉が冒頭に出てきます。  そして「政」とはいかなるものかが、中巻全体を通じて明らかにされていくわけです。

     古事記は、ほんとうに面白いです。

    0
    続き

    巨人ネフィリム

     まだまだ超古代というのは、わからないことだらけです。  頭ごなしにウソと決めつけるのではなく、いろいろな可能性を保留しておいても良いのではないかと私は思います。

    1
    続き