«
»

荻野 忠則 rss (憲法)

ライター一覧
荻野 忠則

世界連邦運動協会副会長

世界連邦運動は進む 国会決議や国連に助言

 小山常実氏の論考(世界日報2014年10月23日付)に「世界連邦構想(幻想)」「世界連邦構想の現実性はとうの昔に消えている」と書かれている。幻想ではなく、消えてもいない。国会決議成立にまで進んでいる。

 国連を改革強化して、連邦制と補完性を原則とする世界法治共同体にし、世界課題に対応する仕組みが世界連邦である。世界全国の軍と兵器を無くし、世界警察と各国警察の協力で世界の安全を保つ制度で、核兵器廃絶も完全にできる仕組みである。日本には、その「世界連邦実現への道の探究に政府は最大限の努力を」と求める国会決議があり、その国会決議に基づいて日本政府が、平和づくり外交を進めるようにと、運動が進められている。

0
続き